兵庫県立歴史博物館HPへ ひょうご歴史ステーションへ
このサイトについて Flashバージョンへ
前へ戻る

谷村の新発意[しんぽち]踊
 丹波市氷上[ひかみ]町新郷[しんごう]の伊尼[いに]神社では10月10日に新発意[しんぽち]踊を奉納する。
 新発意[しんぽち]踊は当日、宿で衣装を整えて伊尼神社へ行く。神事が終わり、石段下の広場で行なう。踊りは締太鼓と羯鼓[かっこ]の囃子で、音頭取りの歌で新発意が指揮して踊る。
 音頭取りの唄う道歌[みちうた]に合わせ、太鼓と羯鼓[かっこ]を打ちながら参道中央の石畳の前まで進み、新発意が大声で口上を述べる。
 新発意は足の指先に瓢[ひさご]の柄[え]をのせ、体を前に構え、ゆする様にして足を前に高くあげて肩に担ぐ。踊り子は親[おや]新発意と同じ所作で踊る。踊り方は団扇[うちわ]を右手で使い、左右に向きを変えたり、上体を前に曲げたりして踊る。歌は道歌・お屋敷踊り・具足踊り・車踊り・高田踊りの5曲が伝えられている。

羯鼓打ちのつける締太鼓と陣笠 瓢箪の杖と衣装をつける踊り子 太鼓の拍子に合せ道歌で踊りながら進む踊り子 新発意踊りの羯鼓打ち
新発意の親の指揮で同じ所作で踊る新発意踊り 菅笠を被り締太鼓を鏡に持って打つ太鼓打ち 瓢を使って踊る新発意踊 踊りの音頭をとる音頭取り
神社の庭で踊る新発意踊