兵庫県立歴史博物館HPへ ひょうご歴史ステーションへ
このサイトについて Flashバージョンへ
前へ戻る

小野原[おのばら]住吉神社の蛙おどり(田楽)
 篠山市今田町[こんだちょう]上小野原の住吉神社では、10月の第1日曜日の前日に蛙踊り(田楽)が行われる。
 宵宮[よいみや]の夜、神社の長床で田楽が奉納される。この舞を「神舞[かみまい]」と呼び、また締[しめ]太鼓とビンザサラの両者が互の位置を入れ替える時「かえろかえろ」と掛け声をかけるところから、訛って「かえる踊り」とも呼ばれる。
 長床[ながとこ]に宮総代[みやそうだい]や長老が座に着座すると、舞が始まる。田楽はビンザサラ五人が鶴亀[つるかめ]模様の広袖素襖[ひろそですおう]をまとい、ビンザサラの両端を持って舞う。締太鼓は3人で同じ衣裳に太鼓を左脇に抱え、右手で素襖[すおう]の袖口と一緒にバチを握って打つ。

田楽舞の締太鼓と握り手の着いた拍板 先頭の拍板1人が中央で床に拍板を摺って舞が始まる 小さく足踏みして声をかけ拍板を床に摺る 太鼓と拍板が両方に分かれ太鼓を叩いて拍板を摺る
拍板を腰の前で上から上に振る 拍板を下から上にあげ肩で花を作る 「かえろ、かえろ」と声をかけ場所を入れ替わる太鼓と拍板 拍板を下から上に振り上げる
高く振り上げた拍板 列を入れ替えて太鼓が前列で拍板を振る 太鼓を叩く座頭へ一礼する舞人 屈み込んだ姿勢から体を起こす
次第に大きく背のびをする 元の位置に跳び戻る 舞い終わって保存会の役員にも挨拶する舞人