兵庫県立歴史博物館HPへ ひょうご歴史ステーションへ
このサイトについて Flashバージョンへ
前へ戻る

大歳神社[おおとしじんじゃ]の獅子舞
 神戸市垂水区名谷町[みょうだにちょう]の大歳神社[おおとしじんじゃ]では、10月9日に獅子舞が奉納される。
 宵宮の夜、神社の境内[けいだい]から神楽太鼓[かぐらだいこ]の音に送られて、子供たちが箱行灯[あんどん]を千本竹[せんぼんだけ]で支えながら、「おばばどこ行く三升樽[さんしょうたる]さげて、嫁の在所[ざいしょ]に孫抱きに」と、囃子歌[はやしうた]をうたって、お旅所[たびしょ]と本社を往復して祭りの始まりを知らせる前振れ[まえぶれ]を行う。
 獅子舞は、拝殿[はいでん]前広場に筵[むしろ]を敷いて行う。獅子は一頭二人遣いの獅子である。
 獅子舞には千馬[せんば](天狗)とお多福[たふく]が出る。太鼓台に太鼓と締[しめ]太鼓を載せ、囃[はや]す。獅子の舞は、ぢつかい・後[あと]ねぶり・背すじ・前ねぶり・だんご・大佛[だいぶつ]・首のりの7曲が伝えられている。

神前の獅子頭 千本杖で箱行灯を支え囃子歌を歌う子ども   油單の尻を高く捧げ頭を地面にはう様に餌をあさる獅子の舞 ぢづかい   前足を前に出してねぶる仕草の前ねぶり
持ち上げた後足をねぶる仕草の後ねぶり 獅子が丸くだんごの様になって座った上を飛び越す千馬だんご   前後の舞児が上を向いて寝て、頭を尻の上にのせる背すじ 継獅子になって舞い場を一周する大仏