兵庫県立歴史博物館HPへ ひょうご歴史ステーションへ
このサイトについて Flashバージョンへ
前へ戻る

南野[みなみの]の六斉念仏
 伊丹[いたみ]市南野字[あざ]宮ノ前の了福寺[りょうふくじ]では、盂蘭盆[うらぼん]の8月16日に六斉念仏が行われる。六斉念仏は、青年会を中心に行っている。
 16日の午後、六斉念仏の人やお参りの人が寺に集まる。
 太鼓持ち6人と向きあって「手鉦打ち[てがねうち]」、「頭打ち[かしらうち]」、「地[じ]」が順に座る。長い笹竹[ささだけ]の先に願い事を書き込んだ白紙の幡[はた](人形と呼ぶ)を束ねて吊り下げた「ぼんてん」を持った「幡[はた]あげ」(念仏太鼓の指揮者に当る)が列の左端に立つ。
 施餓鬼会[せがきえ]が始まり、導師[どうし]の般若心経に合わせて、「幡[はた]あげ」の差し出す「ぼんてん」があがる。それを合図に、鉦[かね]と太鼓が叩かれる。太鼓は施餓鬼会が終るまで、何回もくり返し打ち続けられ。導師が戒名[かいみょう]を全部読み終えると念仏太鼓も終る。

念仏の平鉦と黒塗の頭打ちの太鼓 幡あげ(ぼんてん)の合図を待つ太鼓念仏の講中   リーダー役の鉦叩きと太鼓の頭打ち   太鼓持ちと一斉に太鼓を打ち出す地
太鼓の回数を告げるぼんてんを合図に差し出す 幡あげが太鼓の頭上に差し出すぼんてん