兵庫県立歴史博物館HPへ ひょうご歴史ステーションへ
このサイトについて Flashバージョンへ
前へ戻る

原野[はらの]の六斉太鼓念仏
 神戸市北区山田町原野[はらの]の成道寺[じょうどうじ]では、8月16日の施餓鬼会[せがきえ]のあと六斉太鼓念仏を行う。 
 六斉太鼓念仏は念仏講[こう]により行われていたが、現在では保存会を結成して継承している。
 8月16日は成道寺の本堂で施餓鬼会のあとに太鼓念仏をして供養をする。鉦[かね]を叩き念仏を唱える。初めに懺悔[ざんげ]文を唱え、般若心経[はんにゃしんぎょう]を唱え、念仏をする。

念仏講の時にかける阿弥陀如来の軸 念仏講の申し送りの三界万霊の軸   念仏講の平鉦と撞木、袈裟と経本   太鼓念仏の太鼓と寛政年間の講中名を書いた太鼓の箱蓋
六斉念仏の初めに心経を唱える鉦首とワキ 全員で鉦を叩いて念仏をする   太鼓に手をかけ屈んで待つ頭と音 頭が打つのを待つ
頭の太鼓の合図で踊る様にして打つ太鼓の曲打ち 左手の指で太鼓を支える様にして打つ念仏太鼓   太鼓を打つ