兵庫県立歴史博物館HPへ ひょうご歴史ステーションへ
このサイトについて Flashバージョンへ
前へ戻る

性海寺[しょうかいじ]の追儺会[ついなえ]
 神戸市西区押部谷町高和[おしべだにちょうたかわ]の性海寺[しょうかいじ]では、1月の第2月曜日(成人の日)に、追儺会[ついなえ]が行われる。
 鬼は本鬼(赤色・青色)と走り(チョキ)、小鬼がでる。鬼はそれぞれ左手に松明を持ち、赤鬼は斧、青鬼は槌を右手に持つ。走りは瓢箪[ひょうたん]や柄杓[ひしゃく]・鉾[ほこ]など出る時によって持ち物は異なる。8匹の小鬼は赤熊を被[かぶ]り、棒を持つ。小鬼の大将格を「猩々[しょうじょう]」と呼ぶ。
 鬼踊りは七番行われ、内陣と外陣[げじん]の長押[なげし]にかけられた青竹に挟んだ鬼の餅を、赤鬼が斧で割る。最後に赤鬼・青鬼は右手に松明、左手に榊[さかき]の葉の付いた枝に紙の花型をつけた鬼花を持って踊る。
修正会の結願法要[けちがんほうよう]が終ると、赤鬼は斧、青鬼は槌を肩に担ぎ、小鬼とともに登場する。鬼踊りは太鼓と法螺貝[ほらがい]の音に合わせて行われる。

鬼追いの面、赤鬼、青鬼 チョケ鬼の面   鬼の採りもの   山吹の花の芯を抜いて結びつけた鬼の花
本堂で修正会の法要 板に書いた鬼の番数定   親鬼の先導で堂の縁を三周する子鬼   小刻みに歩きながら外陣を一周する清めの行法  
屈み腰で互に顔を見合す鬼 松明と採物を高く上げて火合せをする鬼   松明を合せてから屈み腰で向い合う鬼   西出端の踊りで東端で尻合せする鬼  
縁に出たチョケ鬼 松明を上下する鬼   短い棒を持って棒打ちする小鬼   外陣の長押に竹を挟んで吊り下げた鬼の餅  
松明と採りものを持つ鬼 長押の餅を切り振返った赤鬼   棒打で早打ちする小鬼   大将の小鬼を追う小鬼  
本尊の方を向いて花をあげる鬼踊り