兵庫県立歴史博物館HPへ ひょうご歴史ステーションへ
このサイトについて Flashバージョンへ
前へ戻る

太山寺[たいさんじ]の追儺会[ついなえ]
 神戸市西区伊川谷町前開[いかわだにちょうぜんかい]の太山寺[たいさんじ]では1月7日に鬼追いが行われる。
 鬼は太郎鬼・次郎鬼・婆々鬼・走り鬼が出る。かつては小鬼が出たが現在は出ない。
 太郎鬼(赤色)は背中に杓[しゃく](小槌[こづち])を差し、右手に斧、左手に松明を持つ。次郎鬼(赤色)は右手に先が槍のような剣を持ち、左手に松明を持つ。走り鬼(青色)は右手に木製の鉾を持ち、左手に松明を持つ。
 鬼踊りは7回行われ、鬼は太鼓の拍子に合わせて四股[しこ]を踏み、屈[かが]み腰や足踏みなどにより勇壮な姿を示す。椎[しい]の木の又木に挟[はさ]んだ餅を次郎鬼や太郎鬼が槌[つち]や斧[おの]で割る。

左から太郎、次郎 婆々鬼の面 走り鬼の面   竹筒を苧穀で巻いた先に火口のついた松明   鬼の採り、右から剣、斧、鉾、振槌(杓)
松明を立て採りを肩に南の柱に出た走り鬼 結界から外陣に出た次郎が左回転して後続の婆々鬼と顔合せ   東に向いて三ッ鬼の柱づき前の四肢を踏む   松明を左脇に抱えて柱づきに入る三ツ鬼  
三鬼の松明合せ 柱に立掛けた枝の餅を切る太郎鬼   四肢を踏む太郎鬼