トップ > 名品紹介 > 三鍬形前立浅葱糸威 二方白筋兜

歴史ステーション展示室 名品紹介

三鍬形前立浅葱糸威 二方白筋兜(みつくわがたまえたてあさぎいとおどしにほうしろすじかぶと)

三鍬形前立浅葱糸威
二方白筋兜
分野   歴史
コレクション名    
時代  

戦国時代

世紀   16世紀
作者   明珍信家
作者ふりがな   みょうちんのぶいえ
年月日   鉢=大永5年
年(西暦)   1525
数量   1頭
材質  
サイズ   兜鉢高10.7 前後径22.8
指定    

解説

 

 鉢は二十八間(けん)二方白筋となっており、内側に明珍(みょうちん)信家の花押と「大永五年(1525)乙酉五月吉日」の刻銘がある。「明珍の兜」は、その鍛えの良さが取上げられ、安土・桃山時代にはかなり有名になっていた。古明珍系の作者が名だけを鐫(ほ)ることが多いなかで、明珍信家は、製作年紀なども鐫っている例が多い。金銅で枝草文を透彫りした鍬形台には三鍬形を立てるが、三鍬形の立物は南北朝時代から盛んに用いられたようである。吹返(ふきかえ)しやしころは江戸時代の後補であり、しころは復古調で行われた古式とされる典型的な形になっている。

 この兜は徳川家康が奥平信昌に贈り、その子で姫路藩主となった松平忠明が愛蔵したものと伝えられる。

(『兵庫県立歴史博物館館蔵品選集』、1992年、松井良祐執筆)