学校長挨拶                                 
 

兵庫県立小野工業高等学校のホームページを閲覧していただき、誠にありがとうございます。

 この度の人事異動で校長として着任しました。よろしくお願いします。加古の流れもうららかな、春の好季節を迎えております。日頃は、本校の教育にご支援ご協力を賜りまして誠にありがとうございます。

本校は昭和14年に兵庫県小野工業学校として発足し、昭和23年に新学制に伴い兵庫県立小野工業高等学校となり、改変や学科の名称変更を経ながら現在の形となっております。今年で78年目を迎え、平成31年には創立80年となる歴史と伝統のある工業高校です。

開校以来、「行学一如」の校訓のもと、実学を重んじ心身ともに健全な「知・徳・体・技」の調和ある「こころ豊かな人間の」育成に努めております。現在約17,700名の卒業生が全国各地で活躍しています。「工業」では、NCCADCAM等の機械加工技術や溶接技術に加え、情報技術を駆使してのロボット制御回路等の基本を学んでいます。また「生活創造科」では、衣食住の創造や健康で快適な食生活の確立、さらに、最新のコンピュータ技術の習得と福祉・看護の学習内容を取り入れ、社会のニーズに応えるべく専門技術の習得に励んでおります。本校では、“ものづくり”を通して、社会に貢献できる人材を育成しています。

私たち教職員は生徒一人一人の個性を尊重しながら、秘めたる能力を最大限に伸ばすため心を一つにして取り組みます。今後とも本校がますます発展し、生徒達が充実した学校生活を送ることができますよう皆様の一層のご支援とご協力をお願いいたしまして着任の挨拶とさせていただきます。よろしくお願いします。

平成29年4月吉日

兵庫県立小野工業高等学校長

 小 林 教 之




校訓・校章
校訓
 

 行学一如
(ぎょうがくいちにょ)


校章 校章

  現校章は、旧工業学校の校章を基礎として作成されたもので、特に左右の五翼にしたのは鳥が羽ばたいている姿で反復練習を
  意味しています。
  論語の学而編に「学而時習之、不亦説乎。」とあります。すなわち、学んだことを反復練習して精進することにより学習の喜びを
  知り、明日への大躍進を象徴しています。
沿  革
昭和14年 兵庫県小野工業学校創立
昭和23年 新学制実施に伴い兵庫県立小野工業高等学校となり、昼間定時制課程被服科を設置
昭和38年 新しく電子科を設置
昭和44年 昼間定時制課程被服科1年・2年を全日制課程に移行、後に家政科、現在の生活創造科となる
平成 9年 入学者選抜で推薦入学を導入
平成10年 工学入学者選抜でくくり募集を実施
平成21年 創立70周年記念式典
教育方針
「行学一如」の校訓のもと、実学を重んじ心身ともに健全な「知・徳・体・技」の調和のある「こころ豊かな人間」の育成に努める。
「学習指導の充実」「生徒指導の徹底」「進路指導の適正化」「将来構想の具体化」を図り、魅力ある学校づくりに努める。

校  歌