ふるさとひょうご寄附金(長田高校)



ふるさとひょうご寄附金を利用して学校機能向上、学校の特色づくり、
部活動の応援、教育環境の充実等を図るプロジェクトです。

県立学校環境充実応援プロジェクトのページ








○ 事業内容
  学力向上の基盤となる高校生の読書量を増やすため、図書館を活用した読書活動・探究授業・進路実現に
  むけての学習等の取組を充実させる。


  (長田高校図書館独自の取組内容)


 「長田高校の100冊」
 生徒や教職員の推薦本を毎年まとめた「長田高校の100冊」を作成。その中から  1・2年生は抽選で決定した1冊を読み推薦文を書く。
 (同じ本が抽選で当たったり、文庫本になく文学全集の一遍にある場合大変重い本を借りなければならない生徒がいる。毎年すべて文庫本で揃えたい)




 「授業」
 おもに2年生の「探究」の授業を図書館で実施。
 (調べたい内容に参考になる本が少なく、県立図書館から大量に本を借りて授業を行っているが、貸出期間が短い)




 「特色・国際理解」
 本年度からスタートしたオーストラリア派遣生徒の説明会やミーティングの実施。




 「神撫教育の一環」
 野球部の図書館を利用しての学習活動の実施。考査中・長期休業中のクラブの合間に図書館にて部員全員自主学習を実施。日頃の学習時間も確保しながら甲子園出場を目指す。




 「進路実現」
 ニュートン・大学への数学・小論文のために読んでおきたい本等、2学期から受験生コーナーの設置。考査中は8時30分から開館。長期休業中は3年生の補習スケジュールにあわせて開館。各自の進路実現のサポート体制を充実させる。
 (小論文のために読んでおきたい本も毎年変わるが、かなり不足している)
 (パーティションで仕切られた学習机を設置し、学習や読書するスペースを充実させる)




 「図書委員会活動」
 図書委員会による文化祭での「長田古書堂」・読書週間後のビブリオバトル・文化発表会での展示等の特別活動以外、図書館開館時の貸出業務・図書館報発刊(年2回)・図書委員会だより「バトン」発行・新着図書案内(毎月)発行、各コーナーのレイアウトや推薦本の選書等
 (新着図書・先生の推薦図書・図書委員の推薦図書・寄付本新刊などのコーナーを充実させるための書棚が不足している




 「第35回全国高校生読書体験記コンクール学校賞受賞」  2015年度集英社文庫図書館特選セット100冊セット寄贈






○ 平成27年度事業 (受付は終了しました。)
  第88回選抜高等学校野球大会(甲子園球場)出場のための寄附を募集いたしました。
  多くの方々から約3,100万円の寄附金をいただきました。
  兵庫県立長田高等学校選抜後援会を通じて、応援経費、野球部経費、記録誌等経費
  に充てさせていただきました。ご支援ありがとうございました。