兵庫県博物館ガイド− 『養父市立大庄屋記念館』 −

兵庫県博物館協会トップページ > 養父市立大庄屋記念館

養父市立大庄屋記念館


住所

養父市小城36


TEL

079-664-1628(社会教育課)


開館時間

10:00〜16:00(土・日曜日開館)


休館日

12月中旬〜3月下旬


アクセス

JR「八鹿」駅から全但バス10分 「小城」下車 徒歩15分


駐車場

有り


料金

一般200円〔団体20名以上150円〕、小中学生100円


沿革・概要

大庄屋記念館は養父市小城集落の裏山の高台にあり、江戸時代後期に出石藩の大庄屋を勤めた長島家住宅をそのまま資料館としています。昭和49年に開館した但馬でも最初の民俗資料館で、平成19年に明治大正の農村文化の美術館として展示室をリニューアルしました。敷地3700u建物900u。見学時間は1時間。


収蔵品・展示品

大正時代に建築された離れ(客殿)には、小林礫川の襖絵や茶人に愛好された織部灯篭があります。母屋の玄関を入った部屋には人形作家の内海みさ子さん制作の農民人形が展示してあり、懐かしい昔の農村の風景がよみがえります。また、但馬の偉人である池田草庵や北垣国道の解説展示もあります。


URL

http://www.fureai-net.tv/ooshouya/


お知らせ

団体見学の際は開館日以外でも対応を検討しますので、事前に社会教育課までご連絡ください。