兵庫県博物館ガイド− 『公益財団法人 竹中大工道具館』 −

兵庫県博物館協会トップページ > 公益財団法人 竹中大工道具館

公益財団法人 竹中大工道具館


住所

神戸市中央区熊内町7-5-1


TEL

078-242-0216


開館時間

9:30〜16:30
(入館16:00まで)


休館日

月曜日(祝日の場合は翌日)
年末年始(12/29〜1/3)


アクセス

山陽新幹線「新神戸駅」中央改札口より徒歩約3分
市営地下鉄「新神戸駅」北出口2より徒歩約3分
シティ・ループ「12新神戸駅(2F)」下車徒歩約3分
神戸市バス2系統・18系統「熊内6丁目」下車徒歩約2分


駐車場

無料(普通車5台・障がい者用1台)


料金

一般500円、大高生300円、中学生無料(各種割引有)


沿革・概要

竹中大工道具館は、手道具としての大工道具を系統的に収集保存し、研究、展示を行い、工匠の技と心を後世へ伝えるべく昭和59年7月に株式会社竹中工務店によって設立されました。今日までに収集した資料は約32,000点、そのうち約1,000点を展示しています。


収蔵品・展示品

「人と自然をつなぐ、伝統と革新をつなぐ」をテーマとした日本で唯一の大工道具専門の博物館です。これまで収集した約32,000点余りの中から選りすぐった約1千点の大工道具のほか、吹き抜け空間に7メートルを超える高さでそびえ立つ原寸大の唐招提寺金堂の柱と組物、数寄屋の繊細な仕事が見えるスケルトン茶室など、現代の匠たちの手によって最高の職人技を詰め込んだ特別な模型を展示しています。また、「宮大工がいる博物館」というユニークな特色を活かし、新たに設けた木工室ではプロの技を間近に体感できるプログラムもご用意しています。


URL

http://dougukan.jp


お知らせ

2014年10月に上記住所へ移転・オープンしました。