校長メッセージ


 県立武庫荘総合高等学校のホームページにアクセスいただき、ありがとうございます。

 本校は、平成15年度に県立武庫荘高等学校と県立武庫工業高等学校が発展的に統合してできた総合学科の高等学校です。多くの方々に支えられ、本年度で創立15年を迎えます。

 本校は、「なりたい自分が探せる学校」「なりたい自分が見つかる学校」「なりたい自分になれる学校」です。1年次で学ぶ科目「産業社会と人間」では、「自分を知る」、「社会を知る」、「自分と社会をつなぐ」という3つの柱立てのもとに、2分間スピーチ、職業人講演会、自主就業体験、ディベート等の体験活動や学習活動をとおして、将来の「なりたい自分」を模索していきます。2年次以降は、150を超える多様な科目から、自己の進路、興味・関心等にしたがって科目選択をしていきます。また、総合的な学習の時間、課題研究等でも、様々な体験活動や学習活動ができるプログラムが用意されています。このような多様な学びに取り組むことによって知識や気づきを得ることができ、さらにはそれを社会で生き抜く知恵にまで高めていくことができます。そして、「なりたい自分」の実現に向けて歩むことができるようになります。

 平成27年4月に、本校敷地内に県立阪神特別支援学校分教室が開設されました。現在、分教室の生徒との交流と共同学習をとおして、本校の新しい学びを創出しています。本校では、共生社会の形成に向けたインクルーシブ教育システム構築のための特別支援教育も推進しています。
 平成30年4月には、介護福祉士養成課程を有する福祉探求科の開設が予定されています。現在、社会のニーズが非常に高まっている介護福祉士の養成とともに、ユニバーサル社会を構築する能力をもつ生徒の育成をも目指していきます。

 今後も、生徒の学びが深められるより良いプログラムを開発し、常に新しい取組にチャレンジしていきます。そして、成長の証を発信していきたいと考えています。

 本校の教育活動、生徒の生き生きとした活動をこのホームページで発信いたしますので、どうぞご覧ください。

   平成29年4月

兵庫県立武庫荘総合高等学校長  向 江 幸 洋