兵庫県立武庫荘高等学校 沿革

昭和50年11月 1日 尼崎市立尼崎工業高等学校長合田啓紀県立高等学校開設準備事務担当を命ぜられる
昭和51年 1月 9日 兵庫県立武庫荘高等学校と校名を定める
昭和51年 4月 1日 合田啓紀が初代校長に補せられる
昭和51年 4月 8日 開校式ならびに第1回入学式を尼崎市立武庫東中学校講堂において行う
昭和52年 2月15日 尼崎市立武庫東中学校内仮設校舎より尼崎市西昆陽の新校舎に移転
昭和52年 3月 1日 校歌制定
昭和53年 2月10日 開校記念式典を挙行
昭和53年 5月15日 兵庫県教育委員会学事課参事別宮渡が第2代校長に補せられる
昭和56年 1月10日 兵庫県教育研修所副所長梅本昭三が第3代校長に補せられる
昭和57年 3月 1日 創立5周年記念誌「武庫荘」を発刊
昭和60年 4月 1日 兵庫県立尼崎南高等学校長三宅義二が第4代校長に補せられる
昭和60年10月31日 創立10周年記念式典(於尼崎アルカイックホール)。創立10周年記念誌発行
昭和63年 4月 1日 兵庫県立神戸高塚高等学校長中西俊明が第5代校長に補せられる
平成 3 年 4月 1日 兵庫県立洲本高等学校教頭森岡明弘が第6代校長に補せられる
平成 5 年 4月 1日 兵庫県立三木東高等学校教頭朝山忠志が第7代校長に補せられる
平成 7 年 4月 1日 尼崎市立尼崎工業高等学校長林正彰が第8代校長に補せられる
平成 7 年11月 4日 創立20周年記念式典(於尼崎アルカイックホール)。創立20周年記念誌発行
平成10年 4月 1日 兵庫県立淡路養護学校長山禄秀司が第9代校長に補せられる
平成13年 4月 1日 芦屋市立芦屋高等学校長中嶋守が第10代校長に補せられる
平成15年 4月 1日 兵庫県立川西高等学校教頭中谷豊が第11代校長に補せられる
平成15年 4月 1日 生徒募集停止
兵庫県立武庫工業高等学校と発展的に統合し、兵庫県立武庫荘総合高等学校が開校される
平成17年 2月26日 第27回卒業式ならびに引継式が挙行される
平成17年 4月 1日 平成17年兵庫県条例第44号により、兵庫県立武庫荘高等学校廃止