1年次図書オリエンテーション

■9月16日(水)1年次図書オリエンテーションがありました。


 図書オリエンテーションが行われるまでは入学後初めて利用する際、緊張しながら図書館へ入ってくる生徒もいた1年次です。延期されていた図書オリエンテーションを行うことができました。
 生徒達は実際に図書館に入り、説明を聞いた後、自由に図書館内を歩き、本を開きました。説明の中で、課題研究の論文が8年間分、自由に手にとって見ることができるという話の時に、課題研究の置いてある棚を真剣に見る1年次の姿が印象的でした。
 平成8年の古い新聞もきれいに綴じられているという説明を聞いたクラスは、説明の後、すぐにその新聞のある場所に行き、見たい年の新聞を探す生徒もいました。
 また、過去の卒業アルバムが置いてある棚を示した時に、興味を示す生徒も見られました。
 説明になかった赤本の棚へ行き、早速気になる赤本を手にとる生徒達には驚きました。
 しかけ絵本を探し出して何人かで楽しむ様子は見ているこちらも和みます。
 図書オリエンテーションで早速本を借りた生徒や、「もっとゆっくり見たい」と放課後に利用する生徒もいました。
 図書館入り口付近にある木箱の返却ポストや、貴重品を入れられるコイン返却式ロッカーなど、充実した環境にある図書館です。図書館を活用して充実した高校生活を過ごしましょう。





(文責:総務部)


 

 

 


 

2020年09月16日|総務部:学校行事