今日の出来事

平成29年7月

◎7月31日(月)
第6回兵庫県高等学校介護コンテストに出場。
奨励賞をいただきました!
兵庫県立日高高等学校において、第6回兵庫県高等学校介護コンテストが開催され、県内5校の福祉に関する科目を設置する高校から9組18名の生徒が出場しました。
三木東高校からは、3年次開講科目「介護実習」選択者のうち代表4名が出場しました。
惜しくも、最優秀賞・優秀賞に選ばれることはかないませんでしたが、奨励賞をいただきました。
◎ 7月31日(月) 1年次 同志社大学見学
1年1組全員と2〜5組の希望者を対象に、大学見学会を実施しました。
8時40分、学校をバスで出発、桂川SAでトイレ休憩の後、10時50分に同志社大学に到着しました。
西門でバスを降り、早速生徒たちは自由に大学構内及び周辺の見学・散策に出発。
学食で昼食をとって大学生気分を味わい、多くの学生が行きかうキャンパスを満喫しました。
13時からは、同志社大学入試課の方から大学の創設の歴史、概要、入試制度等について講話をいただきました。
その後、2人の大学生ボランティアがガイドとして来て下さり、2班に分かれてキャンパスツアーに出発しました。
約1時間、歴史ある建物の数々や、最新の設備が導入された学習室などを案内していただきました。
生徒たちは、総合大学の雰囲気を体感し、学習意欲をいっそう高めたようでした。
 
◎7月31日(月)
2年次「インターンシップ」の事後指導を実施しました
。 7月24日(月)〜28日(金)の期間、50名(製造14名、サービス18名、保育幼教18名)の生徒が実習に臨み、48の事業所様のお世話になりました。
本日は、事業所様への礼状作成等を行いました。
◎7月27日(金)
地域の課題を研究する3年次4人、2年次1人の生徒5人が三木市役所を訪れ、福祉、保育、商業の各分野について市職員と話し合う「タウンミーティング」を行いました。
昨年度から始め、年2回実施しています。
各生徒は本年度、認知症サポーター養成講座などのイベントに参加してきました。
7月28日の神戸新聞に掲載されました。
◎7月25日(火)・26日(水)特進クラス夏期集中学習会
各年次1組、特進クラスを対象に、2日間にわたって夏期集中学習会を行いました。
各年次独自のプログラムに加え、外部講師による学習方法のアドバイスをいただきました。
生徒たちは文字通り集中して学習に取り組む時間を持つことができました。
◎7月21日(金)
県内の中高生が南あわじ市に集まった「中学生・高校生防災ジュニアリーダー合宿」に本校の2年次生3名が参加しました。
他校と交流しながら、7月19日の被災地募金の反省点と改善点を考えたり、ハザードマップの作成の大切さを学びました。
◎7月19日(水)
2年次生3名が志染駅前で、東日本大震災などの被災地を支援する募金活動をしました。
本校は兵庫県教育委員会の防災教育推進校に指定されています。
その活動の一環としての取り組みです。
◎7月19日(水)7月20日(木)7月24日(月)大学・学校別入試説明会 
3日間にわたって、2・3年次生とその保護者の希望者を対象に、大学・学校別入試説明会を行いました。
大学・専門学校の入試担当者をお招きし、入試や学生生活に関する説明をしていただきました。
図書館と武塚会館2階には、いくつものブースが設けられ、それぞれ真剣な表情でお話を聞いていました。
@ 7月19日(水)
甲南大学 神戸学院大学 神戸親和女子大学 姫路獨協大学 成安造形大学 神戸常磐大学 姫路大学 花園大学 トヨタ神戸自動車大学校 
神戸動植物環境専門学校 神戸医療福祉専門学校
A 7月20日(木)
大阪産業大学 京都造形芸術大学 神戸医療福祉大学 武庫川女子大学
流通科学大学 大手前大学 関西国際大学 甲子園大学 神戸女学院大学
神戸芸術工科大学 神戸総合医療専門学校 神戸ベルェベル美容専門学校
ESPエンタテインメント 放送芸術学院専門学校 神戸ファッション専門学校
大原簿記専門学校
7月24日(月)
近畿大学 神戸松蔭女子学院大学 神戸女子大学 神戸山手大学
兵庫大学 京都産業大学 関西福祉大学 神戸国際大学 
日本栄養専門学校 日本調理製菓専門学校 神戸電子専門学校
平成リハビリテーション専門学校

◎7月21日(金) 第1回オープンハイスクール 第2回学校説明会
今回は大変暑い日でしたが、307名の中学生、57名の保護者・中学校の先生に参加していただき、ありがとうございました。7月21日に第1回オープンハイスクールと第2回学校説明会を開催しました。
キャリアスタッフや、体験授業の補助生徒等、有志の在校生がオープンハイスクールの運営に尽力しました。
今年度は部活動見学を取り入れましたが、打ち合わせやリハーサルを重ね、それぞれの仕事をやり遂げました。
次回のオープンハイスクールは9月30日(土)実施予定です。多くの方々のご参加をお待ちしております。

◎7月20日(木)
インターンシップ壮行会を実施しました。
高本校長先生はじめ、2年次主任や進路指導部就職担当、総合学科推進部長から激励の言葉がありました。
また厳粛な雰囲気の中、代表生徒の植田玲蘭(2-1)さんと吉田素晴(2-5)くんが決意表明をし、インターンシップ先での頑張りを誓いました。

◎7月20日(木) 終業式
1学期終業式が開催されました。
校長先生からボランティアについてと、それぞれの年次ごとに有意義な夏休みになるようにという式辞がありました。
そのあと校歌を大きな声で3番まで斉唱し、1学期のしめくくりにふさわしい式となりました。

◎7月19日(水)
家庭科部が料理講習会を実施しました。
三木の郷土料理である鍛冶屋鍋、震災時にも便利な袋一つでできる鯖の味噌煮、すまし汁とごはんというメニューでした。
今回は教職員も参加し、地産地消について考えることができ、楽しい講習会になりました。

◎7月19日(水) 
放課後、アコースティックギター部のすみっこライブがありました。
部室が校舎のすみっこにあることから、アコースティックギター部のライブは「すみっこライブ」と言われています。
今回のライブで3年次が引退するため、大勢の観客で教室はいっぱいになり、大変盛り上がりました。

◎7月19日(水)
火災想定の防災訓練を行いました。
緊急の際に対応できるように今日の訓練があることを生徒たちには知らせずに非常ベルを鳴らし、放送によって授業担当者の誘導でグラウンドに避難しました。
その後三木市消防本部の職員の方に講評をいただき、消火器の使い方についてご指導いただきました。
代表者10名の水消火器の訓練では、声を掛け合って人を集め、消火活動にあたるのが大切であるということで、実際に「火事だ!」と声を出しての訓練となりました。
いざという時に対応できるように日頃から意識しておくことの大切さを再認識しました。

◎7月18日(火) 1〜2時間目 1年次進路ガイダンス
外部講師として「NPO法人学進育成ラボ」の今中一雄氏をお迎えし、講演をしていただきました。
「行ける大学」ではなく「行きたい大学」を目指し、今から目標を高く持ち、家族ともよく話し合い、勉学に励むようにとのことで、思いを新たにする時間となりました。

◎7月18日(火)全校集会・壮行会
今年度はウエイトリフティング部6名・なぎなた部3名が全国大会に出場します。顧問による出場選手紹介のあと、出場選手の決意表明がありました。校長による激励の言葉のあと、全校生徒の大きな拍手で、壮行会は締めくくられました。

◎7月14日(金)キャリアスタッフ会議を実施しました。
21日(金)の第1回オープンハイスクールに向けての各係打ち合わせがありました。
次回の打ち合わせは7月20日(木)です。中学生の皆さん、お待ちしています。

◎7月14日(金)D.O.D株式会社 代表取締役 岩花 玄氏を講師にお招きし、「キャリア教育講演会」を実施しました。
『やってみることの大切さ』というテーマで、現在のダンススクール経営に至った経緯を、これまでの人生を振り返って語っていただきました。
代表生徒3名が講師とディスカッションを行い、有意義な時間を過ごすことができました。

◎7月13日(木)
1年次生を対象にした交通講話会が多目的ホールにて開かれました。
生徒指導部の教員より、道路標識や自転車に乗る上でのルールについての話を聞きました。
自転車事故の被害者にも加害者にもならないために気をつけるべきことを具体例を示しながら話していただきました。

 ◎7月13日(木)2年次球技大会
 種目: 男子 サッカー、女子 バレーボール
チーム全員、力を合わせて、ひたすらゴールに向かってボールを追いました。 ゴール前では自分でシュートするか、後ろにいる味方にあえてパスをするか一瞬迷う場面もありました。
クラスで2つのチームに分かれ、全クラス総合得点トップを目指して、一致団結して試合に臨みました。 体を反転させながらレシーブするというようなファインプレーも飛び出しました。

◎7月12日(水)
1年次の球技大会が7月12日に開催されました。種目は男子はサッカー、女子はバレーボールです。生徒会執行部・各クラスの体育委員を中心に準備を進めました。当日は各クラスがゲームを重ねるごとに団結し、懸命に取り組んでいました。
結果は下記の通りです。
・男子 サッカー
優勝…1組A    準優勝…4組     3位…5組
・女子 バレーボール
優勝…1組B    準優勝…5組A    3位…3組A

◎7月12日(水)昨年度の三木市タウンミーティングを受け、三木市中央包括支援センターの職員の方2名とキャラバンメイトの方2名を講師としてお迎えし、認知症サポーター養成講座を開きました。
福祉の授業を履修している1〜3年次の14名が参加し、真剣なまなざしで講座に参加し、サポーターの証であるオレンジリングをいただきました。
認知症について正しく理解し、認知症の方やその家族の気持ちを理解しようと努めることの大切さを学びました。
7月13日神戸新聞三木版に掲載されました。

◎7月11日(火)
3年次にとって最後の球技大会が行われました。
天候に恵まれ、男子はサッカー、女子はバレーボールを行いました。
最後の球技大会ということで、どの生徒もこれまで以上に積極的に参加し、思い出深い一日となりました。
結果は以下のとおりです。おめでとう!!
■サッカー(男子)
  1位:1組   2位:3組   3位:2組
■バレーボール(女子)
  1位:1組A   2位:2組A   3位:2組B

◎7月11日(火)1年次を対象に、「はじめての手話講座」を実施しました。
各クラスに三木市障がい福祉科から派遣されたろう講師1名、健聴講師(主に指導される講師)3名の先生に入っていただき、指導を受けました。
耳の聞こえない方と接したことがない生徒も多く、初めはとまどいも見られましたが、クイズやジェスチャーゲームなどを通し、言葉にせずに表現することの難しさや、耳が聞こえるありがたさを痛感し、聴覚障がい者や手話についての理解が深まりました。

◎7月10日(月)1〜2限 1・2年次進路指導講話
ベネッセ・コーポレーションから講師をお迎えし、1・2年次を対象にそれぞれ1時間ずつ進路選択について講話をしていただきました。
「何かを選択するときは、自分の知っている物の中から選択する」という言葉が印象的でした。
幅広い分野に眼を向け、知識を深めることの大切さを知ることができました。

◎7月7日(金)
三木市消防署の方と、防災士で応急手当普及員の方をお招きし、救急法講習会を実施しました。各運動部の代表者2名の生徒が参加し、心肺蘇生法(胸骨圧迫・AED)に取り組みました。また、心肺蘇生法に関するDVDも鑑賞しました。講習会を通し、命の尊さを実感すると共に、自他の命を守るという意識を深めました。  

◎7月6日(木)放課後 3年次 推薦入試・就職説明会(保護者会)
  3年次生保護者を対象に、推薦入試と就職に関する保護者会を実施しました。
進路指導部長より推薦入試について説明を行った後、外部講師をお迎えし、大学、専門学校、医療・看護系、就職とそれぞれの志望に沿った分科会を行いました。
並行して本校進路指導部就職担当者より、就職への取り組みについて講話を行いました。
推薦入試説明会 大学・短大
(講師:神戸インターナショナル予備校三木校)
医療看護
(講師:栄進看護医療ゼミナール)
就職
(進路指導部)
専門学校
(講師:神戸電子専門学校)
ページトップへ戻る