今日の出来事

平成28年12月

◎12月22日(木)
毎年恒例の卒業茶会を催しました。
お菓子一つ、お点前一つに先生方への感謝の気持ちと一時の寛ぎを込めました。


◎12月22日(木)
本日の終業式は、以下のような内容で行われました。
1.あいさつ
2.校長による式辞
3.校歌斉唱
4.終わりのあいさつ
校長による式辞では、まず、1年の中でも充実期にあたる2学期が
生徒たちにとってどうであったでしょうか、という問いかけをされました。
次に、耐震工事の中、無事に過ごせたことや、
12月16日に行なわれた課題研究発表会が素晴らしかったという話をされました。
特に、課題研究発表会は、
3年生の集大成として、非常に良かったと話されました。
次に、10月の行ったアンケート結果の中で、
学校生活が充実している、行事が楽しいと答えた生徒が多数を占めるという、
個々において学校生活が良いものになっているという結果がでた
という話をされました。
しかし、家庭学習時間や読書活動にまだまだ課題があるという結果を受けて、
人生の先輩として、時間の使い方を考え直し、
高校生活を有意義なものにしようという話をされました。
いつも以上に校歌が大きな声で歌われた終業式でした。


◎12月21日(水)
3限及び4限の時間を使って、地震を想定した避難訓練が行われました。
体育館に避難をしましたが、生徒全員の避難完了までに
9分11秒の時間がかかりました。
校長先生が避難訓練について講評を話されましたが、
さらに緊張感を持って取り組むこととともに、
訓練の重要さを話されました。
その後、松陽高等学校の諏訪先生に防災について、
講演を行っていただきました。
講演では、まず、災害時など、いざというときに、
助けてくれる仲の良い人たちを増やすために、
あいさつはとても重要であるとの話をされました。
次には、阪神淡路大震災や熊本地震など、今まで発生した震災を例に、
家にいたときに震災が発生した時はブレーカーを落として避難する、など
具体的に話をしていただきました。
また、諏訪先生は、壊れない強い建物で生活をするべきだと
何回も繰り返しお話されました。
講演の最後には、震災に対して、
「落ちてくるもの・倒れてくるもの・割れるもの」
これら3つの危険について対策をたてておくことの大切さを話されました。


◎12月20日(火)
薬物問題京阪奈研究会 西山 孟夫氏を講師としてお招きして、
『今日に於ける薬物問題』というテーマで保健講演会を行いました。
『ニュースZERO』『ひるおび』『キャスト』等のテレビ番組に出演されており、
薬物についてのタイムリーな内容や、専門家としての正しい知識に関して、
貴重な動画等を通して学びました。
生徒の感想に『1回でも手を出したらダメだとよく分かった』とありました。
成人してからも、今日の講演を通して学んだことを忘れず、
誘惑に負けない正しい行動がとれることを望んでいます。


◎12月19日(月)
本日の全校集会では、まず表彰伝達が行われました。
ウェイトリフティング部をはじめ、なぎなた部、剣道部、水泳部、美術部、
文芸部、書道部、放送部で、たくさんの生徒が表彰されました。
校長先生は、日ごろからの努力のたまものであるという話をされました。
また、表彰伝達の次に、ウェイトリフティング部となぎなた部が
近畿大会に参加するため、壮行会をおこないました。
出場選手が大会への意気込みを話しました。
次に、生徒指導部長から、もうすぐ冬休みに入るということで、
1,2学期のまとめと、冬休みの過ごし方についての話がありました。
生徒が部活で大きな成果を残したという健闘をたたえられました。
しかし、生徒指導の数も月日を重ねるにつれて増加してきているので、
もういちど気を引き締め直して、有意義な冬休みを送り、
良い新年をむかえられるようにしようという話をされました。


◎12月16日(金)
3年次の「課題研究発表会」を三木市文化会館大ホールにて実施しました。
今年度で8回目になります。
本校の代表生徒6名に加え、
県内の総合学科2校(香寺高・神戸甲北高)から代表生徒をお招きし、
発表をしていただきました。
そして、「三木市・三木東高等学校タウンミーティング報告」も行いました。
また、三木市参与(公共施設等総合管理計画担当) 兼 企画管理部
企画調整課長 藤原幸彦様から、審査講評をしていただきました。
課題研究発表会の審査結果は以下の通りです。
1位 田邊莉沙(3-3)
 「私の周りの地場産業〜現状と課題〜」【浅野ゼミ】
2位 神戸蘭菜(3-1)
 「先天性障害との付き合い方」【前澤ゼミ】
3位 長島杏菜(3-3)
 「好感度アップ術〜お客様に喜んでもらう為には〜」【瀧ゼミ】
●優秀論文賞 河南舞(3-4)
 「コミュニケーションについて〜人と平等に接する方法を探る〜」【浅野ゼミ】
※優秀論文賞は昨年度から設けた賞です。


◎12月15日(木)
明日の課題研究発表会のリハーサルを実施しました。
3年次生の代表6名や司会者の最終調整を行いました。
課題研究発表会は、16日(金)13時より、三木市文化会館にて実施します。
詳細はこちらへ。


◎12月14日(水)
『薬物乱用防止講話』を3年生対象に行いました。
学校薬剤師の田中多宏先生にパワーポイントとビデオで、
薬物・喫煙・飲酒の正しい知識を教えてもらいました。
『薬物が脳内関門を通り抜ける仕組み』
『依存性が強く、誘惑のサイクルに入らない』
『脳や肝臓は20歳まで成長過程である』
『たった1回でも薬物使用は、ダメ、ゼッタイ!!』
『持たない・もらわない・買わない・使わない』など学びました。
とっても分かりやすかったです。
これから社会に出ていく3年生が、強い意志を持って、
自分で自分の人生を守れるようになって欲しいものです。


◎12月13日(火)
3年次「課題研究」で代表選考会を実施しました。
各ゼミの代表18名から6名が選抜され、
12月16日(金)の課題研究発表会に臨みます。
最終の代表選考会ということもあり、
3年間の集大成となる素晴らしい発表会になりました。
課題研究発表会への出場者は以下の通りです。
●神戸蘭菜(3-1)
 「先天性障害との付き合い方」【前澤ゼミ】
●田邊莉沙(3-3)
 「私の周りの地場産業〜現状と課題〜」【浅野ゼミ】
●長島杏菜(3-3)
 「好感度アップ術〜お客様に喜んでもらう為には〜」【瀧ゼミ】
●河本有未(3-4)
 「絵本の大切さ〜子どもが絵本から受ける影響〜」【福田ゼミ】
●小西沙季(3-5)
 「英語リトミックってなあに〜リトミックがもたらす影響〜」【池上ゼミ】
●幸山未桜(3-6)
 「ストレスについて〜ストレスとうまく付き合っていく方法〜」【正木ゼミ】


◎12月12日(月)
3年次「課題研究」で代表選考会のリハーサルを実施しました。
11月下旬のゼミ別発表会の代表18名と司会者が、
明日の代表選考会に向けて、最終調整を行いました。


◎12月12日(月)
1年次「産業社会と人間」で進路ガイダンスを実施しました。
13分野に分かれ、大学や専門学校、兵庫県警察より講義・説明を受けました。


◎12月1日(木)
3年次「服飾文化」 「浴衣の着付け」
11月29日(火)、12月1日(木)の2回にわたり、着付け講師の志水頼子先生に、
「浴衣の基本的な着方・帯の結び方・たたみ方」を教えていただきました。
体型や髪型、身長などに合わせて着方を変えることや、
帯も色々な結び方があることを知ることができました。
自分で製作した浴衣を一人で着る事ができるようになりたいという気持ちが
芽生え、着物に関心を持つ良い機会となりました。


ページトップへ戻る。