1. ホーム
  2. 保健部

保健部(平成24年度)

救急法講習会

 平成24年度救急法講習会開催

 日 時:平成24年7月6日(金)午後1時半〜3時
 場 所:本校武塚会館 大会議室
 講 師:三木市消防署 救急救命士他
 目 的:心肺蘇生法を習得させ、命の尊さを実感し、自他のいのちを守る
      という意識を深めさせる。緊急事態にも冷静に判断し実施できるよ
      うに、一人ひとり確実に心肺蘇生法を習得する。
 対象者:運動部生徒代表、本校教職員、PTA

参加者41名が、まずは講師からAEDを用いた心肺蘇生法の説明を受け、その後5班に分かれて実習した。和やかな雰囲気ながらも、緊急時を想定して各自が真剣に取り組み、対応力を備えた。

   AEDを準備しているときにも、胸骨圧迫は続けます。
 可能な場合は、胸骨圧迫に人工呼吸を加えます。  

保健講演会

日 時:平成24年7月18日(金)2・3限
場 所:本校体育館
講 師:総合医療研究所 所長
     医学博士  金 華洙 先生
演 題:「生活習慣と健康」
目 的:生活習慣が心身に及ぼす影響について理解を深め、自らの生活を     ふり返り、より良い生活習慣の自己管理能力の向上を図る。
対象者:全校生徒・全職員・保護者

 物事は論理的に考えればよくわかる。論理的思考とはどのように考えることかを、身近な例で示され講演が始まった。

  「食事は規則正しくバランス良く食べましょう!」 「早寝早起きしましょう!」
 よく耳にするこれらのことだが、脳の栄養源であるブドウ糖は1日分を蓄えることができないために3回に分けて摂る必要があり、夜寝ている間にも消費されてしまうため、朝食で補わなければならない。オタクが集まる秋葉原には単品食屋が多いが、これは食事内容の偏りが脳の働きの偏りを招いているということであり、食事内容を考えることも能力を発揮するには重要。だから食事は規則正しくバランス良く食べましょう!となる。 睡眠中は身体を休めるだけでなく、記憶の整理が行われているため、睡眠が不足すると昼間に勉強したことや運動で身体が覚えたことが身に付かない。また、身体の成長に欠かせないホルモンの分泌も睡眠中に行われるが、これには適した時間帯がある。
だから早寝早起きしましょう!となる。
   その他、棒食いの弊害や歴史的にみたアジア人種の 倹約遺伝子と効果的なダイエットの関連からの食事の 話であったり、効率的な受験勉強と、朝型・夜型生活 との関連からの睡眠の話であったり、多岐にわたる視 点からの論理的で説得力ある話を、軽快なテンポで、 楽しくお話していただいた。