TOP > 総合人文コース > 活動実績30年度

平成30年度

海外の若者との交流

ベッキー.jpg6月7日(木)、本校の卒業生(65回生)の友人のバターソン・レベッカリーさんが来校しました。彼女は、ケンブリッジ大学卒業後、京都大学大学院で日本の英語教育の研究をしています。総合人文コースの英語の授業を中心に見学し、「思っていた以上にレベルが高いことに驚きました。また、ALTと話をする機会がさらに増えるといいと思います。」等の感想でした。
今後も、ひょうごスーパーハイスクール(HSH)の一環として、交流事業を続けていく予定です。

地域学(1年生全体発表)

地域学(1年生全体発表).jpg総合人文コース1年生のGSコミュニケーション「地域学」を、1年生全体の前で発表しました。「地域の活動は、行政だけが行うのではなく、高校生も進んで参加することで、相互扶助となる」という報告を行いました。

地域学(NPO法人CS神戸)

地域学CS神戸.jpg総合人文コース1年生のGSコミュニケーションの授業に、NPO法人CS神戸の方をお招きしました。東灘区で取り組んでおられる活動についてお話を伺い、班別に討議しました。高校生として、個人参加できる地域活動に目を向けることができました。

神戸大学生との協同授業がスタート

神戸大学生との協同授業.jpg総合人文コース2年生のGS課題研究の授業において、神戸大学文学部の大学生15名と協働して地域の課題について探究活動が始まりました。今年も大学生が各班に入り、生徒と協力しながら、さまざまな地域での課題に関する研究に取り組みます。


地域学(東灘区役所)

東灘区役所の方をお招きして.jpg総合人文コース1年生のGSコミュニケーションの授業において、東灘区役所 まちづくり課の方をお招きしました。今回は、地域の課題に対して東灘区としての取り組みについて、話をうかがいました。各班とも活発な討議が行われ、今後の地域での学びに活かせる授業となりました。