TOP > 交流事業 > ひょうごスーパーハイスクール

ひょうごスーパーハイスクール講演会(令和元年7月10日)

190710 HP依頼 HSH講演会ユニクロ.jpg株式会社ファーストリテイリングからユニクロ・ジーユーの社員の方をお招きして、「“届けよう、服のチカラ”プロジェクト」という内容で講演会を開催いたしました。国際問題や環境問題について学び、自分たちにもできる社会貢献について考える時間になりました。今後は、ファーストリテイリング社を通して、子供服の回収を行い難民キャンプに寄贈する予定です。

ひょうごスーパーハイスクール(令和元年7月2日)

HSH3.jpgサモア「セントジョセフカレッジ(高校生)」の生徒とSkypeを通じた交流を行いました。音楽、生物の授業や休み時間など短時間でしたが有意義な交流ができました。今後さらに取組を深められるよう、準備を進めていきます。

ひょうごスーパーハイスクールフィールドワーク(平成31年3月15日)

HSH31.3.15.jpgAIをテーマに、富士通株式会社 関西システムラボラトリ―とデジタルトランスフォーメーションセンター大阪を訪問しました。先端技術を開発する企業の考え方を知り、今後の社会を見据えるよい機会となりました。

自動運転が拓く未来の社会(平成31年3月5日)

HSH.jpg名古屋大学大学院 未来社会創造機構 森川 高行先生をお招きして、講演会を実施しました。今後の社会で求められる力、モビリティ(移動手段)の歴史、人間の運転行動や自動運転技術の仕組みや研究内容をお話しいただき、科学技術がもたらす新たな未来について考えるきっかけとなりました。

シンポジウム「世界の今を考える」(平成30年12月17日)

HSHシンポジウム写真.jpgファシリテーターにNPO法人・CS神戸事務局長の飛田敦子氏、パネリストにイギリス・ロシア・香港・アルゼンチンからの留学生を交えて、シンポジウムを開催しました。過剰包装やフードロスについて、一人一人の行動がSDGs達成のための一歩につながるということを学びました。

ipadを活用した学び

ipad.jpg「コミュニケーション英語Ⅰ」では発表に向けた準備をするために活用し、「保健」の授業ではディベートの準備、「GS課題研究」「社会と文化」のフィールドワークなどで活用しています。また、サモアの高校生ともipadを用いて相互コミュニケーションを行いました。

サモアとの交流授業

サモア.jpgHSH(ひょうごスーパーハイスクール)事業の一環として、3回にわたり、独立国サモアのAana No1中高等学校、Leifiifi College校の生徒とスカイプを使った交流事業を行いました。2年生のGS課題研究講座の有志生徒が、自分たちの取り組むテーマを伝え、研究の協力や情報提供を依頼しました。

「グローバルフィールドワーク(関空で学ぶ そらゼミ)」

そらゼミ 写真.jpg8月6日(月)に、関西国際空港に赴き、グローバルフィールドワークを実施しました。午前中は、展望ホールや保安区域内の施設見学を行いました。午後には、株式会社関西エアポートに勤務する卒業生から、インバウンドやLCCの隆盛や国際的なイベントにより需要が高まり続けている空港運営の現状などの講演を実施しました。
グローバルな視点で「空港」を捉え直し、自らの将来について考える内容となりました。

講演会(平成30年7月19日)

瀬谷さん写真.jpg瀬谷ルミ子氏(認定NPO法人日本紛争予防センター理事長)をお招きして、「世界の紛争と平和構築の最前線~国際社会の一員としてできること~」という内容で講演会を開催いたしました。国際紛争の現状や、武装解除の専門家として各地で活躍された経験、現在取り組んでいる活動などの紹介とともに、高校生が自らの人生を切り開くために必要なことについても語って頂きました。