TOP/トピックス/中学生暗唱コンテスト

平成29年9月30日(土)

中学生英語暗唱コンテストは、中学生の皆さんが英語を学ぶ動機づけ県立高校特色づくり推進事業(インスパイア・ハイスクール)の一環として、本校が主催して13年前から行っているものです。明石・加印・神戸・姫路から、今年は一般(Standard)部門に21名、特別(Experienced)部門に2名の中学生が参加しました。
 暗唱課題は、国連の環境サミットで大人の環境への取り組みの改善を訴えたセヴァン・スズキさん(当時12)のスピーチの抜粋。当時のセヴァンさんと同じくらいの年齢の中学生には、共感する部分も多くとても感情をこめやすい内容です。参加者のみなさんそれぞれに自分なりの解釈で、gesturefacial expression豊かなperformanceを披露しました。

 
審査項目は、memorization(暗記の精度), delivery(伝え方), pronunciation(発音)memorizationではほとんど差がなく、今年もレベルが高い大会となりました。
 結果は以下の通りです。

 一般部門
1位 住田聖真君(広畑中)
2位 梅高未侑さん(中部中)
3位 豊田真由子さん(姫路市立東中)
特別賞 大西来実さん(四郷中)

特別部門
1位 手束恵蘭さん(加古川中)
2位 福井美優さん(二見中)

 ポイントとなったのは、声の抑揚や視線の送り方等が自然な印象であったか、などです。人前で話すだけでも大変なことですが、英語で暗唱するということで、かなり緊張したことでしょう。素晴らしい発表をした参加者の皆さん全員に、拍手を送りたいと思います。