TOP/トピックス/台湾修学旅行

平成29年1月22日(日)~25日(水)


台湾修学旅行のアンケート  

2月22日(日)
 第40回生台湾修学旅行団は関西空港から台湾へと旅立ちました。桃園空港到着後、宝覚寺へ。1927年(昭和二年)まだ台湾が日本統治時代であった時に建立されたお寺です。宝覚寺のもともとの本堂は木造部分ですが、老朽化も進んだ為外側に本堂の保護も兼ねた大きな石造りの本堂部分(大雄寶殿)が増築されています。宝覚寺は日本ともゆかりが深いお寺で、こちらには日本統治時代に台湾で亡くなられた日本人の方々の共同墓地があります。
 台湾での初めての夕食は客家(ハッカ)料理。「燉品棧(とんぴんさん)」というお店で食べた客家料理は、薄味で日本人の私たちの口にも合いました。その後、逢甲夜市へ。台湾で最大級の台中の夜市で、大学前の商店街として始まったのが始まりだそうで、今では1500店舗以上があるそうです。とても広い範囲にお店が沢山あるので、全部を見て回ることはできませんでしたが、夜市独特の活気ある雰囲気を楽しむことができました。全ての行程が30分遅れとなった初日は、早朝の出発ということもあり、少し疲れたものの、皆元気です。

関西空港にて 搭乗する飛行機 機内にて
宝覚寺 夕食は客家料理 逢甲夜市


1月23日(月)
 体調を崩した人もおらず、朝から皆元気に朝食をとりました。今日はまず文武廟へ。廟は前殿、中殿、後殿の三殿様式になっており、前殿には文廟で文の神である孔子が、中殿には武廟で武の神である岳飛や関羽が祀られている、中国宮殿式の廟としては台湾で最大級のものです。日月潭という台湾最大の淡水湖を見下ろす高台にあり、この湖は風光明媚な場所として有名です。その後、遊覧船から日月潭の景色を満喫しました。ロープウェイに乗って向かった場所は九族文化村です。ここは台湾先住民の知的文化と自然の美しい景色、それにアトラクションが三位一体となって結びついた総合アミューズメントテーマパークとなっています。台湾の九つの先住民の伝統文化を表現した「先住民集落エリア」、各種大型アトラクションが集まった「アミューズメントワールド」、台湾で最も規模のあるヨーロッパ式庭園「水沙連ヨーロピアンガーデン」の3つのテーマエリアに分けられています。生徒達の人気となったのは、ここのアイスクリームでした。この後、夕食をとり、台北に向かいます。

朝食 文武廟① 文武廟②
遊覧船 ロープウェイで九族文化村へ 人気はアイスクリーム


1月24日(火)
 朝食。今日の朝食は点心料理が多く、生徒もよく食べていました。南国のフルーツも人気でした。

朝食① 朝食② 朝食③


 今から、生徒が楽しみにしていた、班別行動で行う市内散策のB&S地元のガイドの大学生と対面。中正紀念堂にて

対面式① 対面式② 対面式③
中正紀念堂① 中正紀念堂② 中正紀念堂③
お昼ご飯 各々移動中 最終目的地の免税店


 班別のB&Sが無事に終わり、バスに乗って九フン(にんべんに分)観光に向かいます。その後レストランで食事をし、台北101展望台から夜景を見ます。体調不良者はいません。(1月24日 16時 更新)

今から、生徒が楽しみにしていた、班別行動で行う市内散策のB&S地元のガイドの大学生と対面。中正紀念堂にて

対面式① 対面式② 対面式③
中正紀念堂① 中正紀念堂② 中正紀念堂③

九フン(にんべんに分)にて
強い雨が降り、希望者のみが九フンに昇るということになりましたが、ほとんどの生徒が希望し、登りました。

九フン① 九フン② 九フン③

夕食のモンゴリアンバーベキュー
モンゴリアンバーベキュー① モンゴリアンバーベキュー② モンゴリアンバーベキュー③

台北101にて、ギネスに載ったエレベーターに乗り展望台へ
台北の夜景① 台北の夜景② 台北の夜景③

1月25日(水)
 朝食と中烈士にて。衛兵の交代

朝食 中烈士にて① 中烈士にて②


CX564予定通り帝国に、発つ予定です。

時刻表

先ほど台北を離陸しました。関西空港着19:35の予定です。

飛行機搭乗後の九州付近上空にて
夕日と町の夜景
関西国際空港到着 入国審査し、無事帰国
40回生、台湾修学旅行団は、無事帰国しました。今回の修学旅行に際し、送り出してくださった保護者の方々、日本国内及び台湾でお世話になった全ての方々にお礼を申し上げます。ありがとうございました。