TOP/トピックス/講演会

平成29年3月22日(水)

2012年ロンドンオリンピック卓球女子団体銀メダリストの平野早矢香氏の講演会を、3月22日に行いました。栃木県生まれの平野氏は、小学校2年生の時に全日本卓球選手権ジュニアの部で2位になったことをきっかけに、両親の反対を押し切って仙台育英学園秀光中学校・仙台育英学園高等学校に進学。「全日本で1位になるという目標の下、努力を重ねた中学・高校時代にやってきたことが世界に出て行くための時間だった」、「自分は不器用なので、周りの人との比較ではなく昨日の自分と比較し、昨日の自分に勝つことを目標としてきた」、「ロンドンオリンピックでは最高の準備をし、自分の実力を出し切って獲得した銀メダルなので、悔いはない」ということを話され、生徒達に「これからの人生には失敗や挫折はあるだろうが、目標に向かう過程の中で悔いなく過ごすことができれば、それ以降の人生につながる。二度とない高校生活を大切に過ごして欲しい」というメッセージをいただきました。日本代表という重責を背負って世界と戦ってきた一流のアスリートの言葉に、目標に向かって頑張ろうという新たな力をいただけた1日となりました。