TOP/トピックス/台湾修学旅行

平成28年2月1日(月)~4日(木)


2月1日(月)
早朝、39回生は台湾へ向けて出発しました。6時50分に職員に見送られ、学校を出発。11時に関西国際空港を出発して、機内食をとり、台北には予定通り13時15分に到着しました。残念ながら、天気は曇り時々小雨、気温14度と少し肌寒い気候です。バスに乗車し、故宮博物院と忠烈祠へ。1組~4組、5組~8組に分けて、故宮博物院と忠烈祠を交互に見学しました。台湾での初めての夕食は北京料理の飲茶料理。豚の角煮にも舌鼓を打ちました。その後は、暁河街夜市を散策。臭豆腐のにおいに悩まされましたが、夜市の独特の風情を楽しみました。途中からまた冷たい雨が降り、少し体調を崩した人もいましたが、明日の予定はこなせそうです。明日はより寒い1日になるとのこと。暖かな気候を予想していたので、服装に困りそうです。
2月2日(火)
雨の降る肌寒い朝となりました。バイキング形式の朝食をとり、午前中はB&S。学生ガイドと班別に台湾の街に出かけました。昼過ぎに学生ガイドの方々と別れ、免税店でショッピング。午後から十份へ移動し、天燈上げを実施。それぞれの願い事が書かれたランタンが空高く舞い上がるさまに、思わず歓声が上がりました。その後、九份へ。昼前に一度上がった雨は、その後また激しく降り始め、気温も低下。悪条件での散策でしたが、ノスタルジックな九份の町並みを楽しみました。夕食は三カ所に分かれて、郷土料理や名物の芋団子を食べ、少し身体も温まりましたが、降り続くも雨のため、体調を崩す生徒も何名か出てきました。明日こそ、天気が回復してほしいと思います。

2月3日(水)
朝の天気は曇りでしたが、ホテルを出る前には風雨もやみ、気温も昨日より上がりました。午前中は各自希望した体験プログラムへ。小籠包制作、中国茶体験、足つぼマッサージ、合格祈願、太極拳、温泉入浴、えび釣り等、各自が選択したプログラムを楽しみました。その後土産物屋に寄り、昼食会場へ。昼食は点心。修学旅行期間中に誕生日を迎える人たちに、ケーキが贈られるというサプライズも用意され、その人達にはより思い出深い修学旅行になったことと思います。午後は台湾のベニスと呼ばれる港町の淡水へ。時折雨交じりの中、漁人碼頭で情人橋を渡ったり、LOVEオブジェの前で記念撮影をしたりしました。その後の老街散策は天候不良のため、名高い夕景を見ることはできませんでしたが、摩天楼ソフトクリームを賞味したりして、楽しみました。市内に戻り、台北101へ。世界最速のエレベーターに乗り、あっという間に地上約382m89階の室内展望台に上り、夜景を堪能しました。台湾最後の夕食はモンゴリアンバーベキュー。明日は台湾最終日。台湾を満喫し、台湾桃園空港からcx564便(15:55発)で帰国の途につきます。

2月4日(木)
旅行中初めて晴れ、本来の台北らしい気候となりました。午前はまず中正記念堂へ。衛兵交代式を見学し、景色を楽しみ、記念撮影。待望の晴れ間、気温も上がり、心なしか生徒の足取りも軽く、表情も明るいような気がします。その後、龍山寺に。おみくじを引き、現地ガイドに解説してもらいました。昼食は北京料理。まず北京ダックが場内を一周して、お披露目された後、切り分けられて食事が始まりました。最後は冬瓜のスープとグアバで締めくくり、台北最後の食事が終わりました。空港に向かい、免税店で最後の買い物をして、定刻に搭乗。天候に恵まれない修学旅行でしたが、雲の上の青空を見ながら台北に別れを告げます。終わりゆく修学旅行にだんだん感傷的になりながら、無事関空に到着。バスに乗り、一路明石へ。大久保駅と学校で下車し、家路につきました。旅行期間中、体調不良の生徒も出ましたが、最後はみんな元気に帰ってくることができました。

39回生、台湾修学旅行団は2月4日(木)、無事帰国しました。今回の修学旅行に際し、送り出してくださった保護者の方々、日本国内及び台湾でお世話になった全ての方々にお礼を申し上げます。ありがとうございました。


関空にて 桃園空港到着 バスに乗車
故宮博物院にて 1日目の夕食は飲茶 夜市にて
B&Sにて学生ガイドと 十份にて天燈上げ 夕食は郷土料理
体験プログラム(えび釣り)① 体験プログラム(えび釣り)② 昼食でサプライズ!
老街散策 夕食はモンゴリアンバーベキュー 台北101展望室
中正記念堂 龍山寺① 龍山寺②