TOP/気象警報発令時の登校について


1.午前7時現在で、明石市に暴風、大雨、洪水または大雪警報が発令されているときは、自宅待機をして解除されるのを待つ。その後の授業については、次のとおりとする。

(1)午前7時を過ぎてから午前10時までに解除された場合は、5校時から授業を行う。

(2)午前10時の時点で解除されていない場合は、臨時休校とする。

2.定期考査中については、午前7時現在で警報が発令されているときは臨時休業とし、その日の考査は考査最終日の翌日(休日のときには休日の翌日)に延期する。

3.警報の確認は、NTTによらず、必ずテレビまたはラジオ、気象庁のホームページの速報によるものとする。

4.明石以外からの登校生徒については、居住地域及び通常の通学路の範囲に警報が発令されているときは、自宅待機とする。その際の授業の欠席については、公認欠席扱いとする



1.定期考査中において、午前7時現在、明石市、加古川市、播磨町、稲美町のいずれかに暴風、大雨、洪水または大雪警報が発令されているときは、臨時休業とし、その日の考査は考査最終日の翌日(休日の時は休日の翌日)に延期します。


2.明石市、加古川市、播磨町、稲美町以外に居住する生徒については、居住地域及び通常の通学路の範囲に上記の警報が発令されているときは、自宅待機とします。その際の定期考査の欠席については、公認欠席扱いとします。(この場合の考査の扱いは、本校の教務規定により、「見込み点」により処理することとなります。)