HOME > 学校概要 > ふるさと貢献・就業体験

高校生ふるさと貢献事業 ・ 高校生就業体験事業 等

高校生ふるさと貢献事業

地域クリーンアップ大作戦 (校外クリーン活動)
学校周辺の通学路清掃を生徒会が中心となって, PTA ・ 地域の自治会等の人たちと協力し実施する。
花づくり (花壇整備)
まちづくり推進の支援として, 学校で栽培した花を幼稚園 ・ 保育所など地域に届け, 環境美化に努める。 花づくりを生徒, PTA, 教職員と進める中で, 命の大切さを感得させ, 環境の美化と温かい思いやりの心を養う。
地域行事への参加
生徒会,ボランティア部があかし囲碁まつりの運営協力を行うことにより,囲碁文化の継承を支援するとともに, 地域との交流を深める。また,ボランティア部による養護学校との交流や夏祭りの運営協力,小学生学習教室等で地域 NPO 法人との連携を行う。
車椅子 ・ アイマスク体験学習
地域のボランティアサークルの方々を講師とし,社会福祉の体験活動を実施する。1 年生全員を対象とし,人権意識を高める機会とする。

高校生就業体験事業

事業所でのインターンシップの実施
就職希望者による県庁インターンシップの実施,看護医療系大学進学希望者の一日体験及び保育士希望者等の保育所インターンシップを実施する。
啓発的体験活動の実施
スーパーサイエンスハイスクールの研究を展開することにより, 職業調べ, 講演会, 大学や企業訪問等を効果的に行い, 勤労観 ・ 職業観の醸成を促進し, 将来の在り方 ・ 生き方について考え, 主体的に進路選択が出来るようにすると共に, 進路達成を実現する力を身につけさせる。
企業訪問
先端技術に特化した企業の実態や研究施設の講義,見学,実体験を行うことで,個々の進路を見つめる手立てとする。

高校生キャリアノートの活用

LHR 等における高校生キャリアノートの活用を通じて,生徒一人ひとりが生涯を見据え,学ぶことや働くこと,生きることの尊さを実感し, 将来の生き方・働き方を考えるとともに,社会とのつながりや社会における自らの役割を考え, 志を持って自らの未来を切り拓く力を身につけさせる。

生徒のキャリア形成を支援
生徒が自己の将来の在り方・生き方について考え,目標を持って主体的に進路選択ができるようにするとともに,生徒に夢を実現する力を身につけさせる。
インターンシップ実施での活用
インターンシップ実施にあたり,職業や働くことの意味を考え理解するとともに,社会人としてのマナーを身につけるための手立てとする。

県立高校特色づくり推進事業 〜 インスパイア・ハイスクール 〜

本校の特色である理数教育等の学力向上を目指した取り組みを生かし,普通科文類型生徒も対象として人文科学・社会科学につながる内容を学ぶ機会を創出する。 大学教授等による出前授業(講義や実習等)を通して生徒が分野を横断したより広い学びにふれ,興味・関心を喚起することでより主体的な学びにつなげる。