HOME > 学校概要 > ふるさと貢献・就業体験

高校生ふるさと貢献事業 ・ 高校生就業体験事業
- インターンシップ推進プラン -

「勉強の北高」 は, 「確かな学力」 を身につけさせる本校の最大のセールスポイントであり, 特色 ・ 個性でもあるが, ふるさと貢献事業 ・ 就業体験事業においては,キャリア教育を柱としたライフ ・ ロール課題の指導を通して勤労観 ・ 職業観の育成を図り, 「生きる力」 を育む教育を推進する。 さらに地域に開かれた学校づくりを目指して, 下記の事業に取り組む。

高校生ふるさと貢献事業

地域クリーンアップ大作戦 (校外クリーン活動)
学校周辺の通学路清掃を生徒会が中心となって, PTA ・ 地域の自治会等の人たちと協力し実施する。
花づくり (花壇整備)
まちづくり推進の支援として, 学校で栽培した花を老人ホーム ・ 幼稚園 ・ 保育所 ・ 公民館など地域に届け, 環境美化に努める。
 花づくりを生徒, PTA, 教職員と進める中で, 命の大切さを感得させ, 環境の美化と温かい思いやりの心を養う。
異世代囲碁交流
囲碁文化の継承と技量の向上を通して, 異世代の地域住民との交流を行う。また,5 月のあかし囲碁まつりは,音楽部を中心としての演奏や生徒会,ボランティア部が手伝いをすることにより,地域との交流を深める。
車椅子 ・ アイマスク体験学習
地域のボランティアサークルの方々を講師とし,社会福祉の体験活動を実施する。1 年生全員を対象とし,人権意識を高める機会とする。

高校生就業体験事業

事業所でのインターンシップの実施
就職希望者による県庁インターンシップの実施,看護医療系大学進学希望者の一日体験及び保育士希望者の保育所インターンシップを実施する。
啓発的体験活動の実施
スーパーサイエンスハイスクールの研究を展開することにより, 職業調べ, 講演会, 大学や企業訪問等を効果的に行い, 勤労観 ・ 職業観の醸成を促進し, 将来の在り方 ・ 生き方について考え, 主体的に進路選択が出来るようにすると共に, 進路達成を実現する力を身につけさせる。
ハローワークのキャリアデザインに参加
就職希望者を対象に, 人生において仕事に費やす部分を構想させ, 日本の特色であった終身雇用制度の衰退やリストラなどによる失業が高まっていることを知り, キャリアデザインの必要性を認識させる。