HOME > 学校概要 > 学校経営の重点

学校経営の重点

校訓である 「自主 ・ 協調 ・ 創造」 を基盤とし,「確かな学力」 と豊かな人間性や社会性を身につけ, 知 ・ 徳 ・ 体の調和のとれた心豊かな人格の形成を目指し, 21 世紀を共に生きる社会の形成者としての有為な人材を育成する。

魅力ある学校づくりの推進
個性や創造性を伸ばす多様で柔軟な高校教育への転換を図るため, 生徒一人一人が成就感や達成感を持って学びたいことが学べる, 魅力ある学校づくりを推進する。 また, 情報を積極的に提供し, 学校としての説明責任を果たし, 地域に信頼される学校づくりを推進する。
豊かな人間性の育成
命と人権を大切にし, 社会のルールや公正さを重んじる心, 他者を思いやる心や自然を愛する心など, 「心の教育」 の充実を図り, 豊かな人間性を育成するとともに, 国民の一員としての自覚と国際社会に対応しうる教養を高める教育を推進する。
個性や創造性を伸ばす学校教育の充実
多様で効果的な教育課程の編成を実施し, 基礎 ・ 基本の定着を図り, 体験的 ・ 問題解決的な学習を積極的に取り入れ, 「確かな学力」 をはぐくむとともに, 主体的, 創造的に 「生きる力」 を育成し, 生徒一人一人が個性や創造性を伸ばし, 自ら学ぼうとする意欲や関心を喚起する教育を推進する。
「在り方 生き方」 を考える教育の推進
「総合的な学習の時間」 を中心に進路探求などの探求活動をとおして,学び方やものの考え方を身につけ,生徒一人一人が自分の 「在り方 生き方」 を見つめることができるよう支援し, 自己の存在感や有用性を実感し社会の一員であることを自覚させ, 自分の人生を積極的に切り拓いていく心をはぐくむ教育を推進する。
開かれた学校づくりの推進
基本的な生活習慣や行動の節度を学びとらせ, 地域に開かれた学校づくりを進めながら, 人格形成の上で重要な役割をもつ家庭ならびに地域社会との相互理解 ・ 相互信頼の上に立った連携を深め, 学校及び家庭における教育効果を高める教育を推進する。