ようこそ兵庫県立川西明峰高校公式ウェブサイトへ!

明峰だより

本校の校長が編集長となり、学校の様子をコラム形式でご紹介します。

No.45

No.45_3学期終業式を迎えました 3月23日(木)

 平成28年度も終わりを迎えました。
 本日の終業式、生徒の皆さんの集合時の態度に1年間の成長の跡が見られました。私語無く、整然とした姿勢を保ちつつ、粛々と進む式典となりました。
 校長からは、各人が1年間の振り返りをすることと、午後から登校してくる新入生の良き先輩になることを訴えました。それと最近嬉しかった3つのことをお話ししました。
 まず、卒業式での卒業生はもちろんのこと、在校生も素晴らしい態度であったこと。次に、生徒会執行部の皆さんが校長室に、トイレの施設改善を訴えに来てくれたこと。確かに、本校トイレは古く何とか新しくしたいと校長も考えています。しかし、執行部の皆さんが立派なのは、ただ要求するだけではなく、それまで何とか美しいトイレにするために清掃に工夫して取り組んだ上での提案だったこと。これこそ、「やるときはやる明峰生」の素晴しさだと感動しました。最後に、校長室のカトレアの花が2年ぶりに小さな花を2輪咲かせたこと。この花は2年前私が校長室で見たときには、ほんの5cmほどしかなく、育つ確信はなかったものです。しかしあきらめずに、水を与え続けていたところ、12月ごろからぐんぐん成長して小さな蕾を3つつけてくれました。あきらめてはいけない、継続の大切さと、一気に伸びることがあることを再認識しました。
 明峰生も家庭で、学校で、水をもらっています。また自分の心に自分で水をやることもできるでしょう。大きく成長して自分の花を咲かせてもらうことを願っています

290323_01.jpg 290323_02.jpg

No.44

No.44_本校の教育活動に意見をいただきました 3月8日(水)

 第3回の学校評議員会を実施しました。
 最初に、「高校生ふるさと貢献」活動事業をもとに評議員の皆さんに1年間の取組みを説明しました。
 「地域オープン講座」や「パソコン講座」で地域の皆さんに本校の情報機器を利用して、高校生とともに学んでいただいたこと。「自然の恵み送り隊」として、本校生徒が育てた花や野菜を地域の老人ホームや幼稚園、福祉施設に贈り交流を図ったこと。生徒手作り絵本で「幼稚園における読み聞かせ」をおこなったこと。また、生徒会、ダンス部、演劇部、野球部が地域行事に積極的に参加したこと。これらは、毎年のことですが、新たな取組みでは「県立こやの里特別支援学校との交流」をおこなったこと等々。
 次に、本校の1年間の教育活動の自己評価及び関係者評価をもとに、学校関係者評価をいただきました。37項目に対して項目毎に4点程度、なかには6点7点と貴重な意見をいただきました。いただいた意見をもとに平成29年度はパワーアップした取組みをして参ります。
 まもなくこのHPに学校評価をアップします。

No.43

No.43_学校周辺を美しく 3月6日(月)

 本日恒例のクリーンアップの日です。
 1,2年生がクラス毎に学校周辺の16地区の清掃活動をおこないました。
 学校周辺の清掃活動に取り組んでいる学校は近隣にも何校かありますが、地域の皆さん、保護者の皆さんと一緒になって行っているのは本校だけではないでしょうか。
 最初に、地域の皆様の代表のかたから、「本日は清掃活動を一緒にすることも大切ですが、高校生とコミュニケーションをとることを楽しみにしています。」というありがたい挨拶をいただきました。実際日ごろから美しくされておられ、大量のゴミが放置されているわけではありません。しかし公園などはすぐに汚れるもの。予定時間を大幅に超えて、成果は大いに上がったようです。
 学校に戻ってこられた保護者の方から、「遠足みたいだったけど、やるときはやるのね」と嬉しいお言葉もいただきました。
 地域に役立つ明峰生でいきましょう。

290306_03.jpg 290306_04.jpg

No.42

No.42_第39回生のみなさん卒業おめでとう 2月28日(火)

  本日、第39回卒業証書授与式を挙行しました。
PTA会長 西村美智子様をはじめ、多数のご来賓の皆様にご臨席を賜りました。ありがとうございます。また、保護者の皆様には、これまでのご苦労を思い、深い敬意を表す次第です。
 式は厳粛に進みました。卒業生の態度も見事でしたが在校生も素晴らしかったです。最後の校歌斉唱では体育館中に大きな歌声が鳴り響きました。「やればできる。やるときはやる明峰生」の美しい姿に感動しました。

290228_03.JPG290228_04.JPG

 卒業証書を授与した268名のみなさんには、本校で学んだ校訓にある「自主・創造・礼節・友愛」の理念のもとに、心豊かな人間として未来を切り拓いてほしいと思います。
 どうか、川西明峰高校の卒業生であることに自信と誇りを持って暮らしていってください。

290228_06.JPG290228_05.JPG

No.41

No.41_ユニット講座閉校式 2月9日(木)

 ユニット講座の閉校式をおこないました。1年間、毎週木曜日の午後5,6時間目に出席されたお二人に修了証書と単位認定証を手渡しました。

CIMG6886.JPGCIMG6890.JPG

 来校されるお二人と廊下で挨拶を交わしたことが何回かありましたが、そのにこやかなお顔と何歳になっても新しいことに挑戦される姿勢に頭が下がりました。
 本校の3年生と一緒にコンピュータデザインの基礎を学ぶ授業です。
 ただ今、平成29年度の受講生を募集しています。興味のある方はこちらをご覧になってください。

No.40

No.40_こやの里特別支援学校のみなさんありがとうございます 2月4日(土)

 兵庫県立こやの里特別支援学校様が「第27回作品展」を開催されているところに、本校野球部21名が訪問、交流をさせていただきました。
 最初に体育館に飾られている素晴らしい作品群を展覧しました。「みんなの思いを届けよう!みんなが輝くこやの里作品展」のテーマどおり、創造力豊かな作品に大いに刺激を受けました。
 続いてグラウンドで交流開始です。
 まずは明峰生が得意のバッティングを披露。その後2カ所に分かれて明峰生が守備につき、こやの里のみなさんがティーバッティングから走塁をされて、大いに歓声が上がりました。途中からは生徒のみなさんの大応援で、こやの里の先生方も挑戦されていました。
 次は、お互いにダンスを披露。「ソーラン節」と「恋ダンス」。こやの里の生徒さん達をお手本に明峰生もソーラン節に参加していました。
 お互い身体を動かした活動で親近感が増したところで、明峰生2、3人ごとに教室へ入り、先生方の指導の下、交流を大いに深めました。
 今年度、交流活動をさせていただくのは、9月の猪名川高校様の文化祭以来2回目となりました。共生社会の実現に向けて、本校生が学ぶことが大いにありました。今後も是非継続をお願いしたいです。

当日の様子は「野球部BLOG」も参照ください。

No.39

No.39_魅力・特色をアピールしてくれました 1月28日(土)

 兵庫県公館で行われた「高等学校魅力・特色づくり活動発表会」のポスターセッションの部に本校が参加しました。
 この発表会は、県立高校の魅力・特色をステージ発表やポスターセッションで高校生が紹介するというもので、開催3年目となります。
 ステージ発表の部では、①農業高校②猪名川高校、こやの里特別支援学校③太子高校の三校が、それぞれテーマを決めて20分間発表されました。いずれも、日ごろの熱心な活動や素晴らしい取組みが伝わってくるものでした。特に、猪名川高校とこやの里特別支援学校の交流及び共同学習の発表では、文化祭の活動に毎年本校も参加させていただいていることに触れていただきありがたかったです。
 本校は10分間のポスターセッションタイムを4回いただき、「夢を現実にする明峰」をテーマに、大いに魅力・特色を訴えました。生徒会役員の8人の皆さんご苦労様でした。回を重ねるごとに説明が上手くなっていきました。観客の方からの質問も毎回あり、特に本校マスコットキャラクター「めいぽん」は人気を呼んでいましたね。

生徒の活躍の姿はこちらを見てください。

No.38

No.38_初釜 味わい深いお茶をいただきました 1月19日(木)

 3年生の選択授業「茶道」の皆さんから初釜のお誘いを受けて、特別棟4階の作法室へ行きました。
 扉を開けると良い香りがします。緋毛氈の上での正座は少し辛かったですが、静寂の中で進むお点前に背筋が伸びます。おめでたい「花びら餅」美しいお菓子に甘く煮たゴボウが包まれ、美味しかったです。その後、味わい深いお茶をいただきました。
 生徒の美しい立ち居振る舞いに1年間の授業の成果が充分に感じられるお茶会でした。ご指導していただいた野田まゆみ先生、どうもありがとうございます。

No.37

No.37_センター試験がんばって!! 1月12日(木)

 14(土)15(日)のセンター試験を控えて12日(木)受検者集会を実施しました。
 参加したのは100余名。
 ここまで頑張ってきたのだからあとは天命、何とかなるとは思いながら、そこはやはり1点でも2点でも上積みしたいところです。
 説明会の内容は、最後の点検と確認です。体調管理、交通経路、持ち物等々。
 私も「あきらめずに、最後までやり抜こう」と激励の言葉をかけました。
 一番心配なのが天候ですが、明峰生の健闘を祈っています。

No.36

No.36_3学期のスタートです 1月10日(火)

HID_4003.JPG 暦の関係で少し長い冬休みでした。今日から3学期のスタートです。
 2学期終業式で「大晦日に1年の振り返りをしませんか?」と呼びかけました。それもポジティブに。良くなかったところを反省するのではなく、うまくいったところを思い出してその原因を考えてみる。併せて、自分の1年後の振り返りをする姿を思い描いてみると来年の目標が浮かぶのではと、ですから、この始業式は「新年の目標は決まりましたか?」から話をしました。よく言われる「1月いぬ、2月にげる、3月さる」という言葉通り、3学期は時間がたつのが速く感じられます。具体的な目標を決めて取り組んでもらいたいと思います。
HID_4035.JPG 始業式後は地元川西市の非営利活動ボランティア団体「ほっとほほえみ」村瀬吉孝会長様に「自分も大事 相手も大事」という題で講演をしていただきました。誰もが素晴らしい一面を持っているのだから、お互いが認め合うことで自信を持ち、喜びを感じましょう、また、SNSの利用については、思い込みはやめよう、相手の考えていることは会話で聞いてみないとわからないとのお話でした。講演の間に耳の不自由な方の寸劇も挟まれ、生徒達はしっかり聞いていました。

No.35

No.35_ふれあい広場:木工教室のお手伝いをしてくれました  12月10日(土)


281210_01.jpg明峰地区青少年育成市民会議主宰のふれあい広場:木工教室が明峰小学校で開かれました。地域の小中学校の子どもたちや保護者が参加する地域の大きな行事です。作りたいパズルの絵を選び、糸鋸でカット、磨いて色を塗っていきます。本校からは毎年野球部の皆さんがカットや磨く作業のお手伝いをしていますが、今年からは、美術部も色塗りのお手伝いで参加しました。右の写真はできあがり作品です。写真のカメの図案を描いたのは美術部1年の清水佳菜さんです。
 親子で物づくりの楽しさを体験するこの教室はとても人気があり、今年は400人を超える参加があったそうです。一生懸命自分の作品を仕上げていく子どもたちと一緒に本校生徒も楽しそうでした。青少年育成市民会議の方からは、たくさんの生徒さんがお手伝いをしてくれて、頼りになります、大活躍ですと言っていただきました。

281210_02.jpg281210_03.jpg

No.34

No.34_近畿高等学校総合文化祭開会式に参加した生徒が報告に来てくれました  11月17日(木)

 第36回近畿高等学校総合文化祭兵庫大会が11日(金)~27日(日)で実施されています。兵庫県が主催するのは10年ぶりのことで、この3週間は近畿各地で選抜された20部門の文化部の生徒の皆さんが日ごろの活動の成果を発表してくれます。
 その総合開会行事が12日(土)西宮市の県立芸術文化センターで開催されました。第2部では、「華 ~五つの故郷へ」と題した劇団太陽族代表の岩崎正裕氏の作・演出によるデモンストレーションが80分にわたって繰り広げられました。このデモンストレーションに本校の3年生木下穂乃香さんと道添永遠さんが出演し大役を演じました。
 その様子は本校ブログのこちらを見てください。
 二人は本校演劇部ですが、キャストに応募し選ばれ、7月から尼崎や西宮での20回以上の練習を経てこの日を迎えました。
 今日はその報告に来てくれました。木下さんは「今やり終えて演劇ロスです。次の出演機会が早く来ないかと願っています。」と、これからも演劇は続ける決意表明をしてくれました。道添さんは「将来、社会人になってプレゼンテーションの場面などでこの経験はきっと生きると思います。」と素晴らしい経験になったことを語ってくれました。
 今後の2人の活躍に期待しています。

No.33

No.33_グローバルコミュニケーション講演会を開催しました  11月16日(水)

 本校の特色類型である「グローバルキャリア類型」の生徒たちが、日ごろの取り組みを全校生の前で発表してくれました。
 テーマは ”How can we be a global person?”(グローバル人材になるには)

 第1部は各学年代表生徒の発表です。1年生のフィリピンでのボランティア報告、そして2名の生徒がレシテーション発表で「オバマスピーチ」「リオサミットスピーチ」を披露しました。レシテーション発表というのは、有名なスピーチを暗記して最終的に自分のスピーチのように多くの人の前で話すことです。2年生からは、先月、県高校生英語スピーチコンテスト阪神大会に出場した衣川琴さんが、オーストラリアに行った時の経験から自分の考えをまとめたスピーチ「Increasing awareness of a world problem」(視野を広げて世界の問題をみてみよう)でストリートチルドレンについて発表しました、内容はもちろん、表現も素晴らしいできでした。3年生は国際情報Ⅱの授業選択者が「課題研究発表」を行いました。
 第2部は本校ALTのトーマス先生に司会をお願いして、「異文化理解」をテーマに、グアムへの修学旅行で体験したことを中心に、パネル・ディスカッションを行いました。
 兵庫県国際交流員のジェームズ・ボリンジャーさん(米国)、ビン・ヘヨンさん(韓国)、コウ・ロロさん(中国)の3名の皆さんと2年生の3名が参加したディスカッションは、国際交流員の皆さんが日本のことに精通されていることもあり、会話が大いに弾みました。

 講演会後も、国際交流員の皆さんには、生徒との交流の時間をとっていただきました。ありがとうございました。

No.32

No.32_創立記念日でした  11月1日(火)

 本日は第41回の創立記念日でした。生徒たちは授業がありません。
昨年、創立40周年の記念すべき年にいくつもの改革をおこないました。特色類型の改編、時間割の変更、部活動全入生実施、制服のリニューアル、普通教室への空調施設の設置等々。  
 一年が過ぎ、改革の大きな動きに明峰生の皆さんはよく応えてくれています。今後、先輩たちの作り上げた伝統や校風を受け継ぎ、さらによりよい学校を築いていってほしいと思います。

 練習に登校していた剣道部の代表二人が校長室を訪ねてくれました。写真を見てください。手に広げているのは面手ぬぐいと言って、剣道の面をつける前に頭にかぶるものです。 
 「没我一心」とありますが、この言葉を書いてもらいたいと依頼されて私が書きました。できあがったので早速、報告に来てくれたのです。
拙い書きぶりで申し訳ないですが、面をつける前に、手ぬぐいの文字を読んで気持ちの切り替えをはかってくれたらと思います。 応援しています。

281101.jpg

No.31

No.31_演劇部がTVに取り上げられました  10月22日(土)

 朝8:30からのサンテレビ「こんにちは県警です」の番組で「防犯の輪を広げよう~学生たちの防犯事情~」として、本校演劇部の活動が取り上げられました。
 演劇部は昨年から「振り込め詐欺撲滅劇場」として川西警察様の台本をもとに練習を積み、地域の高齢者の方に向けて寸劇をおこなってきました。
 息子とその友人を装った犯人たちが高齢女性をだまそうと、電話でやりとりするといった内容ですが、ことのほか好評で、先月の「敬老の日」も東谷小学校で披露しました。
 番組では、そのときの演技はもちろん、授業や練習風景、部長の田中恵さん(2年生)と顧問の田中大樹教諭へのインタビュー場面もありました。
 県教育委員会のHP「魅力あるひょうごの高校づくり-トピック-」にも川西警察と連携した取組として掲載されていますので、よろしければクリックしてみてください。


No.30

No.30_中間考査が終わりました  10月19日(水)

 5日間の中間考査が終わりました。結果はどうだったでしょうか?
今日は2時間の試験の後に「学校を綺麗にしよう」と生徒全員で大掃除をしました。普段の掃除場所はもちろん、体育館など日頃はあまりしていないところも範囲としました。
 この取り組みの特徴は、清掃美化委員が掃除の重点項目を事前に考えておくことと、担任と協力して監督をおこなうところです。美しい環境に自分たちでしていくことも大切ですが、委員会活動を活発にしていくことも重要なことですね。
 大掃除の後は、花と緑に恵まれた環境作りをめざすグリーンアップ植栽にも取り組みました。鉢植えを抱えて作業する生徒たちの姿が見られました。その一部はプランターに移し、「自然の恵みを贈り隊」が地域の幼稚園などに届ける予定です。
 部活動も再開です。グラウンドや体育館から明るい声が聞こえてきます。明日の早朝練習で「おはようございます」の元気な挨拶を聞くことを楽しみにしています。

281019_02.jpg281019_01.jpg

No.29

No.29_美術部がんばっています  10月14日(金)

 昨日から2学期の中間考査が始まっています。明峰生は普段よりも早い時刻の下校となっていますので、自転車の運転やバスの乗車のマナーを注意してもらいたいと思います。先生方も学校周辺に立って安全運転を呼びかけています。

 さて、写真を見ていただきたいのですが、ポケットティッシュです。
 こちらは、川西警察署・川西防犯協会様が川西市薬剤師会様の協力を得て、振り込め詐欺被害防止対策として、川西市・猪名川町に店舗を構える薬剤店に設置されるものです。
 「振り込め詐欺多発!!」「必ず誰かに相談しましょう!!」の標語の右側にイラストがありますが、本校美術部の1年生がデザインしたものです。かわいい羊と怖いオオカミが電話している姿が描かれています。
 このポケットティッシュは本日から配布されるそうです。振り込め詐欺に注意していただくとともに、明峰生のがんばりに気づいていただけると嬉しいです。

281014.jpg

No.28

No.28_第2回オープンハイスクール参加ありがとうございます  10月1日(土)

 本日午後から第2回オープンハイスクールを実施しました。朝からお天気が気になっていましたが、中学生の皆さんが来られる頃には晴れ渡りました。
 参加を希望していただいたのは370名の皆さん。西宮からも参加していただきました、ありがとうございます。

 本日の内容は、学校説明会と授業見学そして部活動見学を設定しました。
 7月の第1回と同じく、受付や誘導、案内の係はもちろん、学校説明会の司会や説明すべて、明峰生がボランティアスタッフとして務めます。
 体育館でのオープニングはダンス部の歓迎パフォーマンス(最近地域でも出演依頼が多いです)。学校紹介DVDを見ていただき、①本校の概要説明②グローバルキャリア類型の特色ある授業③オーストラリア研修旅行④明峰での学校生活について、明峰生が説明をしました。手前味噌ですが、生徒は上手に説明できていたと思います。その後は、授業と部活動を1時間程度見学していただき、午後4時半には終了しました。

281001.jpg

 9月1日時点の高等学校進学希望者数調査が今朝新聞発表されました。本校は昨年度よりも希望者数がアップしていました。本校に興味・関心のある方は、あと2回学校説明会がありますので参加をご検討願います。

☆ 今後のオープンハイスクール予定
     学校説明会が中心になります
第3回  11月 5日(土) 
第4回  11月19日(土) 

No.27

No.27_NEW TOWN HIGH SCHOOLと交流  9月30日(金)

280930_01.jpgオーストラリアのタスマニアにある姉妹校のNEW TOWN HIGH SCHOOLから22名の生徒の皆さんが5名の引率の先生と共に来校されました。2週間前、授業でインターネットを利用したテレビ会議システムSkypeによる交流を行っていたので、玄関でお迎えした時から、本校生と自然に会話がはずみました。
 歓迎式典の後、校内見学、茶道体験、そして一緒にお弁当を食べ交流を深めました。作法室では、ALTのトーマス先生のお茶の作法の説明を皆さん真剣に聞いていましたが、やはり正座はつらかったようです。
 午後からは、グループ別トークセッションです。グローバルキャリア類型の生徒が日本の文化を紹介しながら、ゲームを行いました。坊主めくり、福笑い、かるた、けん玉、あやとりをしました。
 How to play “Bouzu-Mekuri”
 ◇a man・・・ you can take it.
 ◇a princess(woman)・・・get one more chance to turn another card.
 ◇a Buddhist(bold man)・・・you have to release all the cards you had.
と、坊主めくりで、盛り上がり、けん玉やあやとりにチェレンジ。日本のゲームの説明はなかなかむずかしかったようですが、一緒にゲームを楽しみました。
 訪問団の皆さんとお別れする頃には、また逢えたらいいね、オーストラリアに行きたい、という声がたくさんあがっていました。充実した1日でした。

280930_02.jpg280930_03.jpg280930_04.jpg

No.26

No.26_馬のようにグラウンドを駆け抜けました(体育大会)  9月23日(金)

 21日(水)に予定していた第41回体育大会ですが、台風の影響で本日に順延となりました。前日午後から雨が降っていたので、グラウンド状態が心配でしたが、朝早くから運動部や生徒会の皆さんが懸命に整備作業に取り組んでくれました。おかげで、開始時刻を遅らせ、種目を減らすことで何とか実施することができました。
 今年は入場行進を取り入れた新しい形の体育大会を目指していましたので、雨天中止はなんとしても避けたいところでしたので、良かったです。
 競技開始後は、明峰生の熱気が伝わったのか、お天気はどんどんよくなり、観客の皆様からは「減らした種目も何とかやらせてあげたら」との声が上がりました。
 本日来校された皆さんは203名、保護者の皆さんは各学年60名前後でした。熱心な応援ありがとうございます。
◇ テ ー マ  バカになれ ~馬のように駆けぬけろ~
◇ 総合成績  優勝2年1組 第2位2年5組 第3位3年7組
 優勝したクラスに賞状と優勝旗を手渡しましたが、受け取った時の代表者の笑顔が最高でした。おめでとう。

体育大会の様子はこちらでご覧になってください。

No.25

No.25_校内ビブリオバトルを実施しました  9月16日(金)

 お気に入りの本を持ち寄って、発表者はその本の良いところを順番に紹介。それぞれの発表後は、参加者全員で発表に関するディスカッションをします。そして総ての発表後、参加者全員で「最も読みたくなった本」をその場の全員で決める、知的書評合戦といわれるビブリオバトル。最近いろいろな場所でひろがっている取り組みです。
 本校でも昨年から始まり、今日は第2回目。放課後、図書室で司会・運営も含めて総て生徒が自分たちで実施しました。
 発表者の皆さんは、感動した内容や文章の一節など、上手に説明していました。参加している人がその本の内容を知らないことも多いわけですから、自分の思いを伝えることが難しいですね。また、ディスカッションで良い質問がでると、発表が大いに深まります。
 投票の結果『チャンプ本』は、2年7組高橋依子さんのおすすめ、重松清さんの『十字架』になりました。
 4名の明峰生が10月2日(日)川西アステ市民プラザで実施される「ひょうご子ども読書活動推進フォーラム」での阪神・丹波地区のビブリオバトルに参加します。応援しています。

HID_2786.JPGHID_2846.JPGHID_2842.JPG

No.24

No.24_NEW TOWN HIGH SCHOOLとのSkype交流を行いました  9月13日(火)

CIMG6788.JPG 本日1,2時間目、本校の特色ある科目「グローバルコミュニケーションⅠ」の授業で、タスマニアにある姉妹校のNEW TOWN HIGH SCHOOLとのSkypeによる交流を行いました。Skypeは、インターネットを利用したテレビ会議システムで、リアルタイムで話をすることができます。2年生が選択するクラスの生徒が参加しました。

 「Hello… I’m… えっと…」
 「コンニチワ ワタシノナマエハ…」

 明峰生は英語で、NEW TOWN HS生は日本語で、この授業のために考えた質問をお互いに行います。

 「スキナ カモクハ ナンデスカ?」 → 「英語が大好きです」
 「What subject do you like?」 → 「Japanese!」

 お互い英語と日本語が大好きな生徒たち、自然とうちとけ、笑みがこぼれていました。昨年、本校からタスマニアに研修旅行をした生徒を中心にどんどん会話がはずみます。
 9月30日に、NEW TOWN HSの生徒たちが、本校を訪れると聞き、画面の向こうからも、明峰の教室からも大きな歓声があがりました。9月30日が楽しみです。充実した交流でした。

280913_03.jpg

No.23

No.23_タイ王国から学校訪問がありました  9月8日(木)

 兵庫県とタイ王国とは教育関係での交流が長く続いています。今年も5日(月)から12人の方が兵庫県にお見えです。

280908_01.jpg校訓碑の前
 本校の前田教頭が8月の1週間、兵庫県から派遣されてタイ王国を訪問していたご縁で、今日は、本校にSUPANEE THAMATIKOM校長先生(Saipanya School)が訪問されました。



280908_02.jpg授業見学 SUPANEE校長先生には、施設を見学していただいただけでなく、授業見学もしていただきました。校訓について質問をされたようです。またコンピュータを使った授業や書道の授業に興味を持たれました。




 放課後は茶道部にお誘いしました。タイのご自宅でも毎朝抹茶をのまれているほど、茶道に興味をおもちだそうです。講師の野田先生が指導されている姿を見られて、飛び入り参加し、大いに楽しんでいただけたようです。

280908_03.jpg280908_04.jpg

No.22

No.22_就職試験の模擬面接をしました  9月7日(水)

 文部科学省の調査によると平成28年3月の高校生の就職率(就職者の就職希望者に対する割合)は97.7%(前年同期比0.2ポイント増)となっています。ここ5年間は増加していて、企業業績が向上し求人数が増えていることが原因と言われています。

 今日の面接に参加したのは12名の皆さん。応接室で校長から「まず志望動機を聞かせてください」「高校生活で一番がんばったことは何ですか」等々質問されました。充分に練習してきているはずですが、緊張してしまい言葉が続かなかったり、声が小さくなったり、視線が宙に浮いたりと、いろいろな姿が見られました。最終の仕上げに向かって良い機会になったと思います。
 就職試験開始は16日(金)です。昨年に引き続き、明峰生は就職率100%を目指してもらいたいと思います。応援します。

No.21

No.21_2学期の始まりです  9月1日(木)

 大きな事故・事件もなく、元気な明峰生が揃いました。夏休みの目標は達成できたでしょうか。2学期からまた新たな目標を決め、計画をたてて生活してほしいと思います。      
 始業式では、リオオリンピックでの日本選手団の大活躍「逆転のニッポン」をもとに、①夢を持つこと②最後まで粘ること③美しい行動をすることの3点を皆さんに訴えました。
 3年生は進路実現、2年生は修学旅行と重要な学期になります。ぜひ良い結果を出していきましょう。
 式後、川西警察署上田警視様から自転車ツーロック推進・自転車マナーアップモデル校の指定書を授与していただきました。本校は指定校として3年目となります。警視様のお話にあったように、自転車事故には大いに気をつけてもらいたいものです。

-

 また「命の大切さ講演会」として、1学年の梅川先生が東日本大震災被災地への派遣報告をされました。先生は新任教員として7月26日から4日間、宮城県へ行かれて震災について学んでこられました。パワーポイントを使った説明はわかりやすく、あたりまえの日常に感謝すること、そして日頃の防災意識を高めようと語りかけられました。
 なお、この講演会の様子はケーブルTVのJ:COMさんのディリーニュースで取り上げられる予定です。

-

No.20

No.20_久しぶりにたくさんの生徒が登校してきました  8月26日(金)

 本日は始業式に先立って、全校登校日となっています。長い夏休み、体調は維持できているか、宿題の進み具合はどうだろうか、また2学期が円滑にスタートできるだろうかと考えて昨年から設定しています。各学年とも集会をおこない、ホームルーム教室に入り担任と久しぶりに顔をあわせます。また、「夏休み生活アンケート」も実施し、ふり返りをおこないます。
 特に3年生は9月に入るとすぐに指定校推薦やセンター試験の出願、そして就職試験と進路を決める重要なことが矢継ぎ早に実施されます。今日はその説明もあり、大切な1日になりました。
 明峰生が大きな怪我や事故に遭遇した情報は聞いていませんが、心配なのは、今日の下校時です。自転車の安全運転やバス乗車のマナーを遵守できたでしょうか。
 9月1日始業式を楽しみにしています。


No.19

No.19_運動部、合宿に取り組んでいます  8月15日(月)

 TVではリオオリンピックの感動の場面が流れています。先日、本校女子バスケットボール部も、残り53秒で5点差を逆転して県大会出場を決めるという、手に汗握る試合報告を聞いています。
 お盆になって運動部の活動も減っていますが、この夏休み合宿に取り組んだクラブの日程をお伝えします。

野球
5泊6日  校内    
1泊2日  島根県 
剣道
1泊2日  広島市
ラグビー
4泊5日  鉢伏高原
女子テニス
3泊4日  神鍋高原
女子バレー
2泊3日  たつの市
女子バドミントン
1泊2日  奈良県

 合宿をする意義はいろいろありますが、いわゆる「同じ釜の飯を食う」ことによって、連帯感が生まれますし、長時間一緒にいることで、チームメイトの新しい面を見ることができます。また、普段と違った環境で練習に集中することもできるでしょう。お互いのがんばりが、技術の向上への相乗効果を生みます。等々、成功したときには得るものが多いですね。今後の活動に是非生かして欲しいと思います。保護者の皆様、参加を許可していただきありがとうございます。

No.18

No.18_恒例の夏休みパソコン講座始まりました  8月1日(月)

 今年で10年目を迎える夏休みパソコン講座、生徒たちが講師となって地域の皆さんにパソコンを活用してもらおうという取り組みです。今年は延べ55名の皆さんに申し込んでいただきました。内容は次のとおり3日間です。
  1日(月) ペイントでいつでもお絵かき
  2日(火) Wordでうちわを作ろう
  3日(水) ムービーメーカーで思い出の写真を楽しくまとめよう
 3年生の「情報実践」の授業を選択した生徒たちが、自分たちで教材をつくり、指導させていただきます。事前に練習は積みました(情報の先生に厳しく?指導されています)が、まだ高校生ですので、至らないところはご容赦願います。
 参加された皆さんにはぜひ楽しんでいただきたいと思います。また、このような機会に明峰生が活躍することができて感謝申し上げます。

280801-03_01.jpg280801-03_02.jpg
280801-03_03.jpg280801-03_04.jpg

No.17

No.17_第1回オープンハイスクール参加ありがとうございます  7月29日(金)

 第1回オープンハイスクールを実施したところ、中学生の皆さん340名、保護者の方100名、あわせて440名の参加申し込みがありました。川西・伊丹・猪名川・宝塚はもちろんですが、尼崎や三田からも参加していただきました、ありがとうございます。
 運動部員が中心になって「おはようございます」と正門から体育館までの間で声かけをしていました。また、受付や誘導、案内の係は明峰生がボランティアスタッフとして務めさせてもらいました。
 本日の内容は、学校説明会と体験授業そして部活動見学を設定しました。
 学校説明会での①本校の概要説明②グローバルコミュニケーションの授業から③オーストラリア研修旅行について④明峰での学校生活と、すべて、明峰生たちがステージで発表してくれました。また、体験授業は17講座を展開しました。クーラーの入っている教室で、炎天下のグラウンドで楽しそうに過ごす中学生の皆さんの姿が見られました。
 最初の校長挨拶で「明峰生のがんばっている姿を見て、来年の自分たちを想像してください。」と伝えましたが、どうだったでしょうか。いただいたアンケートをもとに次回もよりよいオープンハイにしたいと思います。

☆ 今後のオープンハイスクール予定
     第2回  10月 1日(土) 授業見学があります
     第3回  11月 5日(土) 学校説明会が中心です
     第4回  11月19日(土) 学校説明会が中心です

280729_01.jpg280729_02.jpg
280729_03.jpg280729_04.jpg
280729_05.jpg280729_06.jpg
280729_07.jpg280729_08.jpg
280729_09.jpg280729_10.jpg
280729_11.jpg280729_12.jpg

No.16

No.16_おめでとう!石田大気くん4位でした  7月25日(月)

 本日、職員室で先生方と話していたところに1年生の石田大気くんが近づいてきて、鞄をゴソゴソしだしました。私は「もしかして」と思い、「慌てなくていいから」と声をかけると、中から賞状を取り出し、「校長先生、4位でした」と報告してくれました。続けて副賞の盾も見せてもらいました。「良かったね、2学期始業式にみんなの前で披露しなくてはね。」 「ありがとうございます」の会話が続きました。
 24日(日)に開催された第38回全国高等学校小倉百人一首かるた選手権大会でD級に出場、第4位の成績です。この大会は日曜日の夕方のTVニュースでもとりあげられ、緊迫した競技の映像と、かるた競技ブームについての紹介がされていました。
 石田くんは、終業式のあと、体育館で私のところに来て、「校長先生、連絡するのが遅くなりましたが、日曜日にかるた大会に出場します。優勝できたら嬉しいです。」と、にっこり笑って決意表明をしてくれていました。かるた競技を始めてまだ1年にもならないそうです。今後は上級でもがんばってほしいですね。おめでとう。

No.15

No.15_夏休みが始まりました  7月21日(木)

 夏休みが始まりました。午前中はどの学年も補習があり、熱心に取り組んでおり、静かです。午後からは、部活動がはじまります。グラウンドや体育館で元気な声がしています。
 補習に関しては、昨年の3年生は涼しさを求めて川西商工会館をお借りしていましたが、今年はクーラーを活用して、全学年、校内で実施しています。昨年設置した空調設備が大活躍しています。
 三者面談にお越しの保護者の皆様、お忙しい中ありがとうございます。
 終業式で、生徒のみなさんに、自分たちの夢を叶えるために夏休みを有意義に過ごしてほしいと話しました。先日講演していただいた腰塚勇人さんの言葉「ドリームメーカー」を使わせてもらいながら、
  計画を立てること
  ふり返りをおこなうこと、
  そして規則正しい生活をおこなうこと
 この三つを意識してもらいたいと伝えましたが、どうでしょうか。
 夏休みは、勉強はもちろんですが、部活動も集中して取り組める時期です。熱中症に気をつけて、大いに成長してもらいたいものです。がんばる明峰生を応援します。

No.14

No.14_野球部惜敗でした  7月17日(日)

 天候不良で順延となった兵庫大会。場所も「ほっともっとフィールド神戸球場」に変更です。当日は小雨で開始時間が1時間ほど遅れましたが、開始時には好天となりました。
 試合は大接戦になり0対1の惜敗でした。
 グラウンドは熱戦でしたが、スタンドの応援もまた熱いものでした。ベンチに入れなかった野球部員、どんなときでも応援していただいている保護者の皆さん(いつもありがとうございます)。そして今回特別に助っ人として応援してくれたダンス部員(振り付けが美しかったですよ)、多くの先生方。野球部OBの方がたくさん駆けつけていただいたのは伝統の力でしょうか。一球一打に声援が上がりました。
 翌日の朝日新聞には、3年生の山之内葵マネジャーのことが大きく取り上げられていました。一新したユニホームの胸の「明峰」の2文字は彼女が2ヶ月間、半紙500枚以上を費やした練習の上で書き上げたものです。
 新星・明峰の公式戦初勝利は次の機会になりました。がんばる明峰生を応援します。

280717_02.jpg280717_03.jpg
280717_04.jpg280717_01.jpg

No.13

No.13_『命の授業』腰塚勇人さんの講演に感動しました  7月12日(火)

 本校は県教育委員会から「心のサポートシステム研究開発校」の指定を受けています。その取り組みの一環として、本日講演会を実施しました。
 講師は腰塚勇人さん、演題は「命の授業~今の幸せに気づくことから夢はひろがる~」です。
 腰塚さんは元中学校の体育の先生。ある日スキーで頸椎骨折という大ケガをしてしまいます。手術で一命をとりとめたものの全身が動かない麻痺状態になり、絶望の淵に。悩み、考え、たどり着いたのは死ぬこと。だけど死ねなかった。生きたいという思いに気がついた。それを気づかせてくれたのは、自分を支えてくれる人がいたから。そして、学校へ復帰したいという夢を応援してくれる人がいたからこそ、辛いリハビリを乗り越え、奇跡の回復、職場復帰を果たすことができた。そのような体験の中で、腰塚さんの人生観が変わります。自分の夢を実現しようとする人、それを応援する人、ありのままの存在を思いやり、寄り添って生きる人を、腰塚さんは、「ドリームメーカー」と呼びます。そして、人は誰もがドリームメーカーであり、誰でもすぐにドリームメーカーになれると訴えられました。
 腰塚さんの1時間半の熱いお話に生徒、保護者の方、そして教職員、皆が心を動かされました。
 取材に地域ケーブルテレビのJ:COMさんが来られ、早速、番組「ディリーニュース」で取り上げられました。その中で明峰生の「自分の周りの人にありがとうを伝えたい」「私も誰かを支える存在になりたい」「自分の周りにいるドリームメーカーの存在に感謝して日々の生活をしっかりしたい」との発言がありました。
 また、講演会後の感想文はしっかり書けているものが多く、今後学年通信等で紹介されます。 

No.12

No.12_野球部顧問川原先生が新聞に取り上げられました  7月6日(水)

 本校は、ただ今1学期期末考査真最中です。考査期間中は部活動も基本的に停止ですが、公式戦を控えているクラブは短時間ですが活動をしています。グラウンドでは野球部の活動の声が聞こえてきます。まもなく甲子園を目指しての県大会が始まります。
 読売新聞朝刊の阪神版に「一球がつなぐ夏」と題したコラムが7月5日から始まりました。トップバッターに本校野球部顧問の川原晃教諭が2日間にわたって取りあげられました。5日は「大逆転負けの記憶」と題して、自身の21年前の高校時代の苦い思い出についてミーティングで打ち明けたことを中心に、そして、6日は「監督の第一歩」監督として初勝利を挙げ、1勝の重さを学び、涙したことが記されています。
 選抜大会に出場をした伝統を誇り、部を愛してほしいという、先生の明峰生への熱い思いが紙面から伝わってきます。
 新星・明峰、一新したユニホームで臨む夏が来ました。順調にいけば7月16日(土)12:30、尼崎市記念公園野球場、対龍野北高校で初戦を迎えます。

No.11

No.11_伊丹市立荒牧中学校で学校案内をしました  6月18日(土) 

 この日、荒牧中学校は「土曜参観」行事で、授業参観に加えて保護者の皆さんを対象に進路説明会が実施され、本校も参加しました。持ち時間は10分間でパワーポイントを利用しての学校案内となりましたが、十分な説明となったでしょうか。各高等学校のオープンハイスクールもそろそろ始まり、中学校3年生の皆さんには進路選択に向けて情報収集に重要な時期になります。

☆ 今後近隣中学校に出向いての学校案内の予定
  6月24日(金)川西市立多田中学校
  6月28日(火)川西市立緑台中学校
  7月19日(火)川西市立清和台中学校
☆ 各市町主催の説明会
  6月29日(水)川西・猪名川(イナホール)
  7月 1日(金)伊丹    (いたみホール)

 本校の第1回オープンハイスクール7月29日(金)9:30~12:30は、ただ今参加申し込み受付中です(6月24日(金)まで)。
 学校説明に加えて体験授業も実施しますので、奮ってご参加ください。内容についてはこちらをクリック願います。

No.10

No.10_先生方も勉強しています  6月16日(木)

 昨年度から文部科学省の指定を受けて、「外部専門機関と連携した英語指導力向上事業」に取り組んでいます。
 今日はその第1回の授業公開と研究協議会をおこなったところ、近隣の中学校の先生13名、高等学校の先生12名合計25名の先生方にも参加していただきました。
 まずは、1年生「コミュニケーション英語Ⅰ」と2年生の「コミュニケーション英語Ⅱ」の授業を見ていただきました。1年生はたくさんの先生方に見られて緊張していました。2年生は、班活動で自分たちのお弁当について話し合い、その後代表者が発表していました(もちろん活動はすべて英語です)。どちらの生徒もみな積極的に参加している様子が見られました。
 次に、研究協議会を2時間おこないました。講師には和歌山大学教育学部の江利川春雄教授をお招きしました。「待ったなしの授業改革」と題して、今話題のアクティブ・ラーニングについて、ワークショップを交えながら研修を深めました。
 ワークショップで先生方が楽しそうに班活動されているのを見て、一斉講義型だけでなく、協働学習の研究と実践をどんどん進めていかなくてはと感じました。詳細はこちらをご覧ください。

280616_04.jpg

No.9

No.9_授業で勝負です  6月13日(月)  

P1500032.JPG 先週の木曜、金曜の両日開催された「文化祭」は、大成功でした。特筆すべきは、生徒会の皆さんが中心になって、明峰生が自分たちの手でやり終えたところにあります。開会式はもちろん、1年生のコーラス発表での聞く姿勢や、閉会式の態度など、昨年よりも確かに良くなっていると感じました。惜しむらくは、予定よりも時間がかかってしまったことでしょうか。これは、次の大きな行事である体育大会での課題にしてもらいたいと思います。

LinkIcon文化祭の明峰生の活躍はこちらをクリックしてください。

 週が明けて、今日からは学習中心の雰囲気に切り替えです。今週は、公開授業週間になっています。どなたでも、いつでも(水・金の6限はのぞきます)明峰の授業を自由に参観してください。教育実習生も3週間の実習の最終週を迎え、研究授業を行っています。
 文化祭同様たくさんの方の来校をお願いします。

No.8

No.8_第41回文化祭がはじまります  6月8日(水)  

HID_1651.JPG 生徒会が総力を挙げて取り組む行事、「文化祭」の始まりです。昨年度、日程や内容を大きく変えて2年目を迎えました。昨年度よりもより良いものに、今年度のテーマ「バカになれ~場を華やかに~」の言葉通りに、華やかに「まつり」をおこなってもらいたいと思います。

 午後からの開会式、生徒の司会、運営も安心して任せることができます。

 開会宣言、挨拶に続いて、二人の明峰生の素晴らしい、スピーチがありました。
HID_1669.JPG まず、2年生衣川さんの英語によるスピーチです。内容は、カナダの環境活動家セヴァン・スズキ氏が1922年にブラジル、リオデジャネイロで行った伝説のスピーチです。衣川さんが、昨年度、神戸日米協会高校生英語暗唱大会で県大会本戦出場を果たしたときにおこなったものです。約5分間、流れるような素晴らしい発音で、聞く者を圧倒しました。
HID_1674.JPG 次に、3年生の前田くんが昨年度に県教育委員会主催の「ひょうごグローバル・リーダーキャンプ」に参加した経験と自身の未来の夢を語ってくれました。前田くんは、夏休みと春休み合計7日間、県下90名の高校生と日本語一切禁止、英語だけを話すという環境で、英語によるプレゼンテ―ションや討論を行いました。そのキャンプで得た貴重な仲間と英語の勉強において切磋琢磨し、この度、英語のレベルでは社会人レベルに相当する英検準1級を取得することができました。それによって、自信がつき、将来の夢を描くことができました。
 二人の素晴らしいスピーチに生徒のみなさんはもちろん、私たち教員も感動しました。
 開会式後は明日からのお客様を迎えるために大清掃を先ずしました。保護者の皆様、お一人でも多く、足をお運びください。生徒たちの活動をご覧いただき、感想等を学校にいただければ幸いです。

No.7

No.7_中間考査が終わりました  5月27日(金)  

 23日(月)から1週間続いた中間考査が終わりました。1年生にとっては、明峰生として初めての定期考査でしたが、難易度はどうでしたでしょうか。また、3年生にとっては、1学期の成績を元に進学・就職に必要な調査書が作成されますので、今までよりも緊張感を持って臨めたのではないでしょうか。
 考査後、体育館で生徒総会と立ち会い演説会が開かれました。生徒会の皆さんが運営して進めていきます。考査の後、900人以上が集う中での総会・演説会でしたので、心配していたのですが、粛々と進行し、スピーチに対して、暖かい拍手が送られ、よいものになりました。

HID_1575.JPG

 その後、グリーンアップの取り組みで美しい花を植える人、久しぶりのクラブで元気に活動する人と、校内に活気が満ちてきました。
 6月になればすぐに文化祭です。この勢いで取り組んでもらいたいものです。

P1490839.JPG

No.6

No.6_生活合宿・遠足です  4月21日(木)22日(金)  

 1年生の生活合宿が21日(木)から、篠山市にあるユニトピアささやまを宿舎に、一泊二日でおこなわれました。合宿を通じて、明峰生としての学び方、行動のあり方、集団での取り組み方の基礎・基本を身につけてもらうことが目標です。
 今年度は、新しい試み(チャレンジ)としてウォーキングと飯盒炊爨が予定されていました。残念ながら天候の加減で飯盒炊爨は中止になりましたが、集団行動訓練や校歌練習を通じてクラスの皆と打ち解けて良い関係になることができたと思います。41回生は良いスタートを切れました。
 22日(金)2年生は京都へ、3年生は神戸へ、遠足でした。現地集合なので、時間どおり無事に全員集合するか気が気でないのですが、大きな事故もなくて良かったです。班別行動で新クラスの親睦を大いに深めたようです。

行事の様子はこちら(PHOTO ALBUM)をクリックしてみてください。

No.5

No.5_壮行会をおこないました  4月27(水)

 本日6限体育館で、運動部の総合体育大会に向けての壮行会をおこないました。
各クラブの挨拶の中で、全国大会や近畿大会への出場、ベスト8進出、予選突破など、それぞれの目標が発表されました。
 私からは、今年はオリンピックイヤーなので、クーベルタン男爵の「勝つことではなく、参加することに意義がある。人生において重要なことは、成功することではなく、努力することである。……」の言葉を贈りました。この言葉の最初の部分はよく知られていますが、努力することの大切さを語った部分はあまり知られていません。最後まであきらめずに努力を続けてもらいたいと思います。明峰生の活躍を応援します。
なお、嬉しいことに男子バレーボール部が、リーグ戦全勝で優勝して昇格を決めました。顧問の宇都宮先生のお話しでは、大半がバレーボール経験のない部員が集まって、2年半かけての昇格だそうです。おめでとう!継続は力なりです。

No.4

No.4_お別れするのは残念ですが  4月11日(月)

 今日は離任された先生方からご挨拶をいただきました。長澤和弥教頭先生、徳田幸夫事務長先生は、校務の関係で欠席でしたが、中村征士先生をはじめ7名の先生が出席されて、良いお話しをしていただきました。小林伸行先生のように本校で13年と長きにわたってお世話になった先生から、1年間と短い先生もいらっしゃいましたが、皆さん明峰に対して熱い思いが込められたお話しでした。新入生にも聞かせてよかったと思いました。
 最後は生徒会から花束を贈呈し、生徒・職員全員による拍手の中お見送りしました。新しい職場で、また花を咲かせていただくこと祈っています。

280411_1.jpg280411_2.jpg

No.3

No.3_第41回入学式を挙行しました  4月8日(金)

280408_3.jpg 午後から、好天の下、たくさんの来賓の皆様に出席していただき入学式を挙行しました。保護者の皆様、おめでとうございます。
昨年に引き続き41回生も8クラスです。入場の時間も長くかかります。新入生が大いに緊張している姿が見てとれて、ほほえましく思いました。宣誓もうまくできました。
 校長式辞の中では、本校校訓である「自主」「創造」「礼節」「友愛」を心にとどめ、地域に愛される明峰生となり、本校の伝統を受け継ぎながら、新しい伝統を創るべくがんばっていくようにと呼びかけました。キーワードは「チャレンジ」です。
 頑張っている2・3年生の先輩を見倣い、安心して高校生活を送ってもらいたいと思います。

280408_5.jpg280408_4.jpg

No.2

No.2_新年度・新学期のスタートです  4月8日(金)

 まず午前中に着任式を行いました。今年度新たに本校に来られた前田容子教頭、元成政敬事務長をはじめ、教諭8名、臨時講師3名、臨時校務員1名、合計14名の皆さんを紹介しました。
 代表で前田教頭先生から、「4月1日着任以来、生徒の皆さんから元気な挨拶をしてもらって、本当に嬉しく思っています。明峰高校発展のために頑張りたいと思います。」との、
お話しがありました。
 引き続き始業式、平成28年度のスタートです。
 生徒の皆さんには、目標を決めることと目標に向かっての計画を立ててほしいと伝えました。計画を立てるには、現状を直視しなければなりません。毎日の振り返りも大切です。  
 また、本校が、美しい人と出会う素晴らしい環境になることを希望しました。そのために、「躾の3か条」、挨拶ができること、返事ができること、履物をそろえることができることを伝えましたが、どうでしょうか。明峰生の実践を期待しています。

280408_1.jpg280408_2.jpg

No.1

No.1_41回生 新入生登校日でした  4月6日(水)

 桜の花が満開の下、新入生登校日でした。41回生は8クラス。男子161名、女子159名、合計320名です。

 朝早くから、新入生の下足箱を今一度、きれいに雑巾がけしている担任の先生の姿を見ました。きっと良い学年になるでしょう。

 新入生達は、自分のクラス・出席番号・芸術科目の選択を確認し、あとは諸費用の納入や、X線撮影、制服受け取りとクラス単位で移動していきます。ホームルーム教室で各種書類を記入、学期定期が必要な者は事務室にまわります。

 制服の入った箱を持った生徒達、慌ただしい半日だったと思いますが、明峰生への第一歩です。応援します。

280406_1.jpg280406_2.jpg