ようこそ兵庫県立川西明峰高校公式ウェブサイトへ!

明峰だより

本校の校長が編集長となり、学校の様子をコラム形式でご紹介します。

No.18

No.18_広いグラウンドが戻ってきました

 耐震化工事が完了し、仮設校舎の解体も終わりました。この間、生徒の諸活動やPTA活動等に迷惑をおかけしました。3月に入り、ようやく広いグラウンドが戻ってきました。ハンドボールコートやテニスコートなども元どおりになりました。生徒たちはのびやかに部活動に勤しんでいます。平成26年度の終業式も終わり、グラウンドや校舎から元気な声が響いています。いよいよ来年度に向けての準備も始まりました。

27032301.jpg27032302.jpg

No.17

No.17_2015年のはじめにあたって

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

 昨年末、引っ越しも終わって、改めて本校舎で新しい年をスタートできること、皆さんの元気な顔をみることができてうれしく思います。
 本校は今年創立40周年を迎えます。通学区域が拡大されて初めての高校入試となり、2月の特色選抜では、これまでの国際情報類型から、新しく「グローバルキャリア類型」としての入試が始まります。本校の来年度の新入生は、今より1クラス増え、8クラスとなり、320名の定員となります。また、制服もリニューアルされます。
 そういった意味においても本校としては、大きな節目の年を迎えています。諸先輩方が築いてこられた40年の歴史の上に、新しい明峰を皆さんといっしょに築いていかなければならないと思っています。
 今年は、これまで以上に学校の中でも、地域社会においても、あらゆる場面において、生徒の皆さんが前面に出て活躍する年であってほしいと願っています。なんといっても主役は生徒の皆さんです。主体的に様々な活動に取り組み、校訓にもある「自主」を体現してもらいたいと思っています。
 さて、3学期が始まります。
 3年生は、あと何日か来れば、学年末考査、その後自由登校となります。卒業に向けて一日一日を大切に過ごしてください。センター試験も間近に迫ってきました。一般入試も控えています。これから本格的な受験シーズンを迎えますが、体調管理に気を付けて最後まであきらめずに粘り強くがんばってください。
 2年生は、この3学期は3学年の0学期といわれる時期です。早くも3学年のスタートとして、いよいよ進路実現に向けて気持ちを切り替えて取り組む時期が来たわけです。部活動も最終学年で有終の美を飾ることができるよう、今からいい準備を積み重ねていってください。
 1年生は、義務教育だった中学生とは違って、初めての進級というハードルに向かいます。各教科の単位を取るということが求められます。よりいっそう「授業を大切」にして勉強にはげんでください。
 仮設校舎の解体工事が本格化します。グラウンドでの活動は元通りになるにはもう少し時間がかかりますが、先生方の指示をよく聞いて、くれぐれも危険のないようにお願いします。
 それでは3学期もどうぞよろしくお願いします。

270108.jpg

No.16

No.16_ふれあい育児体験「凧揚げ大会」

 12月15日(月)、ふるさと貢献事業と高校生就業体験事業の一環として、藤ヶ丘幼稚園の年長組137名を本校に招いて、3年生の選択科目「発達と保育」を受講している生徒15名とともに、「凧揚げ大会」を行いました。
 本校生は、この日のために、凧の制作やダンスの練習、当日のシナリオづくりといろいろ準備をしてきました。冬空のもと、凧に思い思いの絵や文字を書いた後、園児たちは元気いっぱい凧を持って広いグラウンドを走り回っていました。凧糸がどんどん伸びて、空高く上がった凧もありました。その後、みんなの大好きな「妖怪ダンス」をいっしょに踊って楽しいひとときを過ごしました。本校の選択保育の生徒たちによい機会を与えていただいた藤ヶ丘幼稚園の園長先生はじめ、園の先生方に感謝申し上げます。

261215_01.jpg261215_02.jpg
261215_03.jpg261215_04.jpg

No.15

No.15_グローバルコミュニケーション講演会

 11月19日(水)インドネシアから本県を訪れている高校生が本校に来てくれました。ちょうどグローバルコミュニケーション講演会の開催日ということで、全校生にインドネシアの民族舞踊を披露してくれました。体育館で底冷えのする中、民族衣装を身につけての華麗な踊りに本校生は興味津々と見入っていました。
 その後の講演会では、お招きした兵庫県の国際交流員サイモン・タイラーさんによる講演をいただきました。「日本で体験したカルチャーギャップ」についてお話しくださいました。そして、フランス、韓国からの国際交流員の方々と本校代表生徒によるパネルディスカッションでは、「滞在国と母国とのカルチャーギャップについて」をテーマに、活発な意見交換を行い、交流を深めることができました。

md261127_05.jpgmd261127_06.jpg
md261127_07.jpgmd261127_08.jpg

No.14

No.14_明峰の学び

 勤労・福祉・人権・国際理解など様々な社会問題に関心を持ち、社会のあり方について考え、社会に貢献する態度を育成するため、「明峰の学び」と題して、1,2年生の総合的な学習の時間において、14の講座を開講しています。金曜日の6限は、540名を超える生徒の大移動です。生徒たちは、自分の関心の高いテーマの講座を選択し、熱心に受講しています。たくさんの外部講師の先生方にお世話になりました。
 1 「ふくしってなんなん?」
 2 「英検準2級対策講座・ビジネスマナー講座」
 3 「災害と防災・減災について」
 4 「保育のコミュニケーション」
 5 「ボランティアって?」
 6 「清和源氏について(川西の歴史を知ろう)」
 7 「介護体験してみよう!!~触れてみよう福祉~」
 8 「新聞」
 9 「エネルギーと環境を考える」
 10 「韓国」を聴く・観る・話す!!!
 11 「超簡単!脳力アップ!3ヶ月で偏差値40→70の知恵・コツ」
 12 「プロトレーナーが教える運動能力アップのポイント」
 13 「車イス体験学習を通じて障がい者の理解を深めよう」
 14 「地域での福祉事業の取り組みについて」

md261127_01.jpgmd261127_02.jpg
md261127_03.jpgmd261127_04.jpg

No.13

No.13_38回生修学旅行を終えて

 38回生の修学旅行はグアムに行ってきました。本校では3回目のグアム修学旅行。詳しくは、本校HPのブログの報告もご覧ください。海外での生活は初めて、という人もいたかと思います。国境を越える手続きとしてパスポートやその他の書類が必要でしたし、少しどきどきしながら入国審査や出国審査を受けました。慣れないドルを使ってのショッピングでは、店員さんとのやりとりにも、英語でコミュニケーションをとりながら、積極的にチャレンジしている姿が印象的でした。
 また、昨年度と同じ現地のオコド高校を訪問し、交流行事も行いました。ダンスやゲームを教わったり、折り紙や大縄飛びなどを紹介したり、楽しいひとときを過ごしました。ジェットスキーやパラセイリングなどのマリンスポーツもグアムならではの体験となりました。
 グアムの豊かな自然や歴史・文化にふれ、一生の思い出となる、最高の修学旅行を経験できたことと思います。

IMG_0001.JPGIMG_0039.JPG
IMG_0079.JPGIMGP0780.JPG

No.12

No.12_第39回体育大会を終えて

 9月26日(金)に、第39回体育大会を行いました。台風等の影響が心配されましたが、秋晴れのもと、大変盛り上がったすばらしい体育大会になりました。
 競技全体を通して、3年6組が見事総合優勝に輝きました。学年クラス対抗の25人26脚では3年7組、2年7組、1年3組がそれぞれ1位、大縄飛びでは3年6組が、綱引きでは3年7組が優勝しました。特に、綱引きの決勝では3年生同士の戦いとなり、3年6組VS3年7組の対決は、3学年全員で盛り上った戦いとなりました。
 リレー種目においても、みんな自分の力を精一杯出し切って、緊張感あふれる競技を繰り広げてくれました。クラブ対抗のリレーでは、それぞれの演出をこらしたパフォーマンスもあり、楽しませてくれました。クラスやクラブ、学年の絆が深まり、思い出に残る体育大会になったことと思います。この日も、卒業生、保護者、ご来賓の地域の皆様、小・中学校の校長先生など、たくさんの方々がお越しくださいました。本当にありがとうございました。

260926_01.jpg260926_02.jpg
260926_03.jpg260926_04.jpg

No.11

No.11_2学期が始まりました

 9月1日(月)2学期の始業式を行いました。
 生徒の皆さんには、今学期のテーマは「授業を大切に」と伝えました。一方通行で受け身の態度ではなく、積極的に取り組み、先生方といっしょに授業を作り上げてほしいとお願いしました。
 その後、このたび新しく来ていただいたALTのトーマス先生の着任式を行いました。
 そして、本校が「自転車ツーロック推進及び自転車マナーアップ」モデル校として、川西警察署から指定書の交付を受けました。川西警察署長から、指定の趣旨についてお話をいただきました。指定を受けて、さっそく本日、川西能勢口周辺において、本校生の有志がチラシ配布などのキャンペーン活動に参加する予定です。
 式終了後の「心のサポート講演会」では、NPO「市民事務局かわにし」の副理事長の三井ハル子さんにご講演いただきました。JR福知山線事故でのご自身や事故に遭われた方々の生き方などにふれられ、命や心の問題についてお話くださいました。

md260902_01.jpgmd260902_02.jpg
md260902_03.jpgmd260902_04.jpg

No.10

No.10_幼稚園や保育所での実習が始まりました

 3年生の選択科目「発達と保育」を受講している生徒15名による、幼稚園・保育所での実習が始まりました。幼稚園では、絵本の読み聞かせや歌、園庭での遊びなど、ふれあい育児体験ができました。0歳児~3歳児までの保育園では、発達年齢に応じた対応が求められることもあって、最初は戸惑っていた生徒も次第に慣れ、食事のお世話も上手にこなせるようになりました。これらの実習が将来役に立つ貴重な経験となることを願っています。関係の園・所の先生方には本校生徒をご指導いただき感謝申し上げます。

140723_01.jpg140723_02.jpg
140723_03.jpg140723_04.jpg

No.9

No.9_1学期を終えて

 7月18日(金)1学期の終業式を行いました。その後本校で2年間お世話になったALTのシェリー先生の離任式を行いました。
 1学期の各行事は、それぞれ大変盛り上がりました。いつも「やるときはやる、やればできる明峰生」を体現してくれました。
 東日本震災ボランティア・オープンハイスクールのスタッフ・能勢口駅周辺での「みんなの声かけ運動」「清掃活動」など積極的な協力をうれしく思っています。

○夏休みとなる期間、自分で時間の管理をしなくてはなりません。自己管理、これをしっかりできるかどうかで皆さんの未来を変えることができるかどうか決まります。

○夏休み中の生活に気をつけてください。事件や事故にまきこまれたり、起こしてしまったりすることのないようお願いします。
充実した夏休みになることを期待しています。それでは、また9月に元気であいましょう。

No.8

No.8_進学説明会&兵庫県立大学訪問

 期末考査の最終日、3年生向けの進学説明会を行いました。本校生の進学希望の多い大学から先生方をお招きして、本校3年生約190名が説明会に参加しました。希望する大学の説明がそれぞれブース形式で行われ、講師の先生方の話に生徒たちは熱心に耳を傾けていました。この夏を乗り切って、希望する進路を実現してほしいものです。

140716_01.jpg140716_02.jpg

 その2日後、今度は2年生の自然科学類型の36名が、大型放射光施設「S Pring-8」と兵庫県立大学理学部を訪問しました。自然科学の知識見聞を広め、理系進学に向けての意識を高め、今後の学習に役立てるねらいで実施しました。県立大学では、大学の先生方の研究室に入れていただき、それぞれの専門の研究についてミニ講義を受けました。高校での学びが大学での学びに結びつくことを実感できる内容で魅力的だったようです。

140716_03.jpg140716_04.jpg
140716_05.jpg140716_06.jpg

No.7

No.7_文化祭を終えて

 「明峰の絆を見せつけよう! We can do it!」のテーマのもと、第39回文化祭が開催されました。生徒の皆さんは限られた時間の中で本当に一生懸命取り組んでくれました。テーマのとおり、明峰の絆を見せつけることができました。また、「We can do it!」の想いをこの文化祭で思い切り体現してくれました。きっと心に残る文化祭になったことと想います。
 今年も文化祭のテーマソングができたことをうれしく思っています。生徒の皆さんから寄せられた言葉の中には、普段の学校生活の様子が多くあり、身近な題材が歌になりました。
 最後になりましたが、生徒会役員の皆さん、指導してくださった先生方、いつも支えてくださるPTAの皆様や地域の皆様に心から感謝を申し上げます。

図1.png

No.6

No.6_生徒総会及び生徒会役員立ち会い演説会

 5月23日(金)中間考査最終日、生徒総会と生徒会役員立ち会い演説会が行われました。昨年度の決算報告、今年度予算などが審議されました。議長団も堂々とその役を務めていました。今年度の立ち会い演説会は、生徒会長、副会長、書記長に複数の立候補者が出馬し熱弁が繰り広げられました。次期役員としての抱負をしっかりと伝えていました。新執行部の今後の活躍に期待しています。

140523_01.jpg140523_02.jpg

No.5

No.5_オーストラリアの高校との交流

 前回にもお伝えしましたが、「国際情報類型」の生徒が履修する「国際情報Ⅱ」の授業においては、インターネットを利用するテレビ電話を用いて、海外の高校との交流を行っています。今回の授業では、英語科、情報科、ALTの先生方の指導を受け、オーストラリアのタスマニア州のロズニーカレッジの生徒とテレビ会議を通して自己紹介をしました。今後、お互いの生活や文化について紹介し合う予定です。この授業を通して、さまざまな国際問題に目も向けるとともに、自国の文化を再認識し、諸外国に発信していきます。

140507_01.jpg140507_02.jpg

No.4

No.4_インドネシアの高校との交流

 本校の特色選抜入試を経て入学した「国際情報類型」の生徒が履修する「国際情報Ⅱ」の授業では、インターネットを利用するテレビ電話を用いて、海外の高校との交流を行っています。今回の授業では、特別非常勤講師の先生の指導を受け、インドネシア(バリ島)にあるタンパックシリン第Ⅰ高校の生徒の皆さんとの交流を行いました。本校の3学年12名の生徒が、習いたてのインドネシア語を使って自己紹介を行い、向こうの生徒から質問を受けました。最初はカメラの前で少し緊張気味でしたが、やりとりをするうちに、笑いや拍手も起こって、楽しい時間が過ごせたようです。

140502_01.jpg140502_02.jpg140502_03.jpg

No.3

No.3_地域オープン講座と高大連携講座が開講しました

 本校では、平成17年度から特色ある授業の取組として、地域連オープン座(ユニット講座)と高大連携講座を開講してきました。
 地域オープン講座は、地域の方に本校の授業に参加していただき、単位認定を行うものです。講座の内容は、コンピュータを活用した情報処理(コンピュータデザインなど)です。生徒も地域の皆さんといっしょに授業を受けることで、よい刺激を受けて課題制作に取り組んでいます。そして、生徒たちにとっては、技術の習得はもちろん、教わる立場から教える立場まで経験でき、学習意欲の向上にもつながっています。

0424.jpg0424_2.jpg
開講式と初回授業の様子(グループで他己紹介)

 高大連携講座は、園田学園女子大学のインターネットキャンパスを活用させていただいている自学自習形式の講座です。教材の準備から課題の評価まですべて大学の先生方にお世話になり、必要なUnitを修了すると、大学の単位認定をしていただけます。しっかり課題に取り組み、知識や技術を身に付けることによって、将来に役立つキャリア形成を図ることができる特色ある講座です。

0425.jpg0425_2.jpg
テレビ会議による開講式の様子

ページトップへ

No.2

No2_壮行会

 新入生の入部もあって、どの部も活気にあふれ、朝・放課後の練習でも元気な声が学校中響き渡っています。顧問の先生方の指導のもと、部員が一丸となり、目標に向かって練習に励んでいるところです。
 4月23日(水)、本校体育館において運動部の壮行会を実施しました。各部の代表から、それぞれの大会での活躍を誓う、力強い言葉がありました。運動部の皆さん、ふだんの力が十分に発揮できるよう、いい準備をして、最後まであきらめない強い思いを持ってナンバーワンを目指してください。

0423_1.jpg0423_2.jpg

ページトップへ

No.1

No.1_平成26年度スタートにあたって

今年の流行色はビビットカラー(濃いピンク、赤、オレン、目の覚めるようなはっきりとした色、活力にあふれあざやかで生き生きとした色合い)だそうです。そんなイメージでこの26年度をみんなで描けたらいいなと思います。

○2,3年生には今年度の目標として、2つお願いしました。
1 学校生活の充実。授業や部活動、学校行事などに明峰生として、しっかり取り組んでほしい。
2 皆さんにとってのテーマは「自立」。社会的自立に向けて、しっかり自己管理し、自分の目標を達成できるよう取り組んでほしい。

○1年生には、入学式で3つのお願いをしました。
1 「出会いを大切にしてほしい」
2 「感性を磨き豊かなこころをはぐくんでほしい」
3 「夢を抱いて可能性に挑戦してほしい」

それぞれ平成26年度を始めるにあたって、いいスタートを切ってほしいとお願いしました。

それから、今年度、第2期の耐震化の工事をします。ホームルーム教室や職員室の工事になります。皆さんには、6月中旬に仮設校舎への移動をお願いすることになる予定です。授業や部活動などいろいろ迷惑をかけることと思いますが、先生方の注意をよく聞いて、危険のないようお願いします。
今年度もいっしょにがんばりましょう。

ページトップへ