2017年 1月 イベント情報

イベント名 日時 開催場所 申し込み・
問い合わせ先
その他
平成28年度
地域に根ざした日本語支援を考える研修会


1月21日(土)
13:00〜16:00
国際健康開発センター3階 会議室1
@申込み方法:
申込み用紙に必要事項をご記入の上、郵送、FAX、またはEメール(HPで申込書をダウンロードして添付してください)、HIA HPの申込みフォームからお申込みください。

申込み先:(公財)兵庫県国際交流協会 多文化共生課
郵送先:〒651-0073 神戸市中央区脇浜海岸通1−5−1 国際健康開発センター2階
TEL:078-230-3261
FAX:078-230-3280
E-mail:nihongo@net.hyogo-ip.or.jp

A申込み締切:1月13日(金)

B定員:65名(定員になり次第、締め切ります。)

C参加費:無料

D対象:
成人外国人に対する日本語指導・支援(生活支援も含む)を行っていたり、関心のある日本語学習支援ボランティア・日本語教師・学校教職員など、どなたでもご参加いただけます。
【内容】

演題:「対話中心の日本語学習支援とは?
    〜対話をとおして日本語力を身につける活動
    を考えよう〜」

講師:御舘 久里恵氏
    (鳥取大学 国際交流センター日本語・日本
     事情教育分野 准教授)

※詳しくは、こちらをご覧ください。
災害時外国人サポーター講座
〜災害時に外国人を取りまく状況について〜 
1月28日(土)
10:00〜13:00
 
芦屋市役所 東館3階
大会議室
 
@申し込み方法
申し込み用紙にご記入の上、メール・FAX、窓口にてお申し込みください。

申し込み・問い合わせ先:
芦屋市役所 広報国際交流課
TEL:0797-38-2008
FAX:0797-38-2152
E-mail:kokusai@city.ashiya.lg.jp

A申し込み締切:1月20日(金)

B定員:50人(先着順)

C参加費:無料

D対象:どなたでも参加できます。外国人の場合は簡単な日本語が理解できるかた。
 
【内容】
講師:松岡 洋子氏 
    岩手大学教育推進機構(グローバル教育センター)教授

 災害時に外国人がどのようなことに困るか、また、どのように対応すればよいのかなどについて一緒に学び、避難所設置のワークショップを行う講座を開催します。外国語を話せる必要はありません。ぜひ、ご参加ください。

※詳しくは、こちらをご覧ください。
 
2016年度 
兵庫日本語ボランティアネットワーク
第2回研修会
 
1月15日(日)
13:30〜16:30
 
 神戸市勤労会館
講習室308
@申し込み方法:
申込書にご記入の上、E-mailまたはFAXにてお申し込みください。
E-mail:hnvn.kobe@gmail.com
FAX:078-741-3465(後藤)
問い合わせ:090-4296-4648(後藤)

A申込み期限:1月14日(土)

B定員:40名

C協力費:個人会員・学生500円、一般1,000円(グループ会員の割引はなくなりました。)
 
【内容】
演題:「日本語習得に繋がる話し方・聞き方」

講師:小林 浩明先生(北九州市立大学国際教育交流センター 准教授)

※詳しくは、こちらをご覧ください。
 
兵庫県国際交流会館における国際交流拠点推進事業(G-NaVi)
キックオフシンポジウム
「留学交流を通じた多文化共生」
 1月27日(金)
13:30〜17:30
兵庫国際交流会館
3階 多目的ホール
@申し込み方法:
大学コンソーシアムひょうご神戸HP上の申込フォームよりお申し込みください。
http://www.consortium-hyogo.com/g-navi_kickoff1

A問い合わせ先:
大学コンソーシアムひょうご神戸(中水、上野山)
メール:info@consortium-hyogo.jp
電 話:078-271-0233

神戸大学国際教育総合センター(森田)
メール:kmorita1986@people.kobe-u.ac.jp
電 話:078-803-5280

B申し込み締切:1月24日(火)
 
【内容】 
<13:50〜14:50 基調講演>
「多様性を意識した地域日本語教育の展開と留学生の存在の重要性 〜日本の人口減少と多言語・多文化化の現状を踏まえつつ〜」
野山広氏(国立国語研究所准教授)

<15:00〜16:30 個別講演>
「外国人児童支援と留学生」
齋藤美穂氏(神戸大学国際教育総合センター准教授)
呂欣氏(神戸大学国際文化学研究科修了生)

「多文化理解と留学生」
青木麻衣子氏(北海道大学国際教育研究センター准教授)

「地域外国人支援と留学生」
田中武夫氏(国際社会貢献センター(ABIC))

※詳しくはこちらをご覧ください。
外国にルーツをもつ子どものための
にほんご教室 
時間はご相談ください。
放課後か、土曜日の午前中を想定しています。
 
神戸YWCA学院
 
@申込方法:
面接があります。
申込書をファックスか郵便で提出してください。

Aクラス(2〜3人) 
45分x10回

B資料代:2,000円
 
※受講料は無料です。

C対象:
1〜5をすべて充たした子どもが対象です。

(1)日本に来たばかりで、
(2)日本語のコミュニケーションが不十分な、
(3)神戸市中央区在住の
(4)小学生〜高校生(6歳〜18歳)で、
(5)日本語の初期指導サポートが必要な子ども
 
【内容】 
外国にルーツをもつ子どもが、日本に来た最初の段階で、プロの日本語教師から、”にほんご”を外国語として学び、学校の授業を理解する「学習言語」を身に付けるためのサポートを行います。

※詳しくは、こちらをご覧ください。
  
子ども多文化共生センターTOPへ