阪神教育事務所

トップページトピックス一覧>11月のトピックス

11月のトピックス

 平成29年度第2学区中学校・高等学校連絡協議会(11/30)
   
11月30日に川西市アステ市民プラザにおいて、平成29年度第2学区中学校・高等学校連絡協議会を実施しました。
 この協議会は中学校・高等学校の連携を強化し、相互の理解と信頼を深めるとともに中等教育の一層の発展を図ることを趣旨として開催しています。
 当日は、開会行事の後、オープンハイスクール実施後の状況の報告、平成30年度兵庫県特別支援学校高等部入学者選考についての報告を行った後、平成30年度 第2学区複数志願選抜生徒募集要項についての説明、第2学区の各高等学校より特色選抜、推薦入学、単独選抜(複数志願選抜を除く学力検査)等の募集要項の説明を行いました。

 平成29年度第2回防災教育研修会(11/28,11/29)
   
11月28日に猪名川町文化体育館イナホールにて阪神北地区の防災教育担当教員対象、11月29日に西宮市立若竹生活文化会館にて阪神南地区の防災教育担当教員対象とした、平成29年度第2回阪神地区防災教育研修会を実施しました。
 この研修は、震災の教訓を踏まえ、災害から自らの生命を守るために必要な能力や態度を身につけさせるとともに、児童生徒に命の尊さや共生の心の大切さなど人間としての在り方生き方を考えさせるために、研修を行うことで教員の指導力の向上を図り、兵庫の防災教育の充実に資することを趣旨としています。
 両日とも開会行事の後、学校に避難所が開設された際の運営方法について講義を行い、震災・学校支援チーム(EARTH)による「避難所運営ゲーム(HUG)」を用いた演習を行いました。

 平成29年度英語教育推進リーダー中央研修に係る阪神地区研修会(11/27,29)
   
11月27日に東リ いたみホールにおいて小学校の担当教員、11月29日に尼崎市立教育総合センターにおいて中学校の担当教員を対象とした平成29年度英語教育リーダー中央研修に係る阪神地区研修を実施しました。
 この研修は、英語教育推進リーダー中央研修受講者を講師として、各小・中学校の外国語(英語)担当教員に、授業・評価の改善に向けた研修を通して、教員の指導力向上を図ることを趣旨としています。
 開会行事の後、小学校会場では授業における歌の活用や指導案の作成などについて、中学校会場ではコミュニケーションを支えるための文法や「聞くこと」に係る活動などについての研修を行いました。

 平成29年度兵庫県いじめ対応阪神地域ネットワーク会議(11/27)
   
11月27日に東リ いたみホールにて公立・私立学校、県・市町教育委員会、児童相談所、法務局、県警察その他の関係者で構成される兵庫県いじめ対応阪神地域ネットワーク会議を実施しました。
 この会議はいじめの防止等に関係する機関及び団体の連携強化を図るとともに、的確・迅速な情報共有による協力支援体制を構築し、いじめ問題への取組の一層の充実を図ることを目的として設置されています。
 当日は、開会行事、兵庫県いじめ対応ネットワークについて説明の後、各機関よりいじめ問題に係る対応状況等に関する協議・情報交換及び質疑応答・意見交換を行いました。

 平成29年度中・特別支援学校教員人権教育研修会(11/16)
   
11月16日に尼崎市立総合教育センターにおいて、児童生徒支援教員・新たな課題に対応した人権教育研究推進校推進教員・人権教育担当教員等を対象とした平成29年度中・特別支援学校教員人権教育研修会を実施しました。
 この研修会は「兵庫県人権教育及び啓発に関する総合推進指針」のもと、人権教育の改善・充実を図るとともに人権教育の今日的な課題についての理解を深めるため、生徒の人権を尊重した教育の推進のための研修を行い、人権教育担当教員等としての指導力の向上と人権意識の高揚を図ることを趣旨として開催しています。
 当日は、開会行事の後、授業及び研修における人権教育資料の効果的な活用について講義を行い、その後分散会に分かれてそれぞれのテーマに沿って研究協議を行いました。

 平成29年度阪神地区震災・学校支援チーム(EARTH)訓練・研修会(11/1)
   
11月1日に兵庫県南海トラフ地震津波一斉避難訓練(西宮総合防災訓練)に参加し、阪神南県民センター及び西宮市と連携し、避難所開設訓練、災害用トイレ設置訓練、物資運搬受け入れ訓練等を実施しました。

 トップページへ