5月のトピックス

   平成29年度阪神地区防災教育推進連絡会議 (5/29,5/31)
   
 5月29日に西宮市立総合教育センターにおいて、また5月31日に伊丹市総合教育センターにおいて、平成29年度阪神地区防災教育推進連絡会議を実施しました。
 この会は、阪神・淡路大震災やその後の自然災害の教訓を生かすため、各市町の防災担当部局・教育委員会・学校関係者の三者が相互に連携を図り、学校防災体制の整備・充実や、「兵庫の防災教育」の深化・充実に向けた具体的な取り組み状況と新たな課題について協議を行うものです。
 29日は21名、31日は32名が参加し、本年度の兵庫県の防災教育における重点的に取り組む事項について確認しました。また、震災・学校支援チーム(EARTH)の紹介・被災地支援などの報告を行い、その後各市町で取り組みについてグループ協議を行いました。

   平成29年度教科等指導員研修(5/12)
 
 5月12日、兵庫県西宮庁舎において、平成29年度教科等指導員研修を実施しました。この研修は教科等指導員として、専門的な指導力が発揮できるよう、教科等指導員の活動内容及び役割等について理解を促すとともに、資質の向上を図ることを趣旨としています。
 当日は、教科等指導員8名が出席し、委嘱されました。
 その後、阪神教育事務所副所長および、阪神教育事務所スーパーティーチャー2名による講話を行い、引き続いて教科等指導員の紹介および活用方法について意見交換が行われました。


 トップページへ