6月のトピックス

   平成29年度英語教育推進リーダー中央研修に係る阪神地区研修 
(6/30)
   
 6月30日に尼崎市立教育総合センターにおいて、平成29年度英語教育リーダー中央研修に係る阪神地区研修を実施しました。
 この研修は、英語教育推進リーダー中央研修受講者を研修講師として、各小・中学校の外国語(英語)担当教員に対し、授業・評価の改善のための研修を実施し教員の指導力向上を図ることを趣旨としています。
 当日は阪神地区7市1町から82名が参加しました。
 開会行事の後、小学校、中学校の受講者が各会場に分かれ、小学校会場ではアルファベットの指導や絵本を用いての授業、他教科と連携した授業などについて、中学校では聞くこと、話すこと、読むこと、書くことの各領域の活動などについて講義を行いました。

   平成29年度 第1回阪神地区情報教育研修会 
(6/22)
   
 6月22日に川西市文化会館において、平成29年度第1回阪神地区情報教育研修会を実施しました。
 この研修は、ICTを活用した教員の指導力の向上と、情報モラルの向上を図り、児童生徒の情報活用能力を向上させるために、阪神地区の各校に教育の情報化を推進するリーダーを育成することを趣旨としています。
 当日は阪神地区7市1町から260名が参加しました。開会行事の後、情報モラルの育成と指導方法について兵庫県立教育研修所の講師の講義を行った後、ICT機器活用の取り組みについて、先進的な取組を行っている学校より実践発表を行い、その後少人数のグループに分かれて、各校の取組と今後の活動について話し合いました。

   平成29年度 第1回阪神地区防災教育研修会 
(6/27)
   
 6月27日に県立人と自然の博物館ホロンピアホールにおいて、平成29年度第1回阪神地区防災教育研修会を実施しました。
 この研修は、震災の教訓を踏まえ、災害から自らの生命を守るために必要な能力や態度を身につけさせるとともに、児童生徒に命の尊さや強制の心の大切さなど人間としての在り方生き方を考えさせるために、研修を行うことで教員の指導力の向上を図ることによって、兵庫の防災教育の充実に資することを趣旨としています。
 当日は阪神地区7市1町から304名が参加しました。
 開会行事の後、防災教育専門推進員より兵庫県の防災教育の推進について講義を行い、学校防災体制及び防災教育について先進的な取り組みをしている学校より2つの実践発表を行いました。その後、阪神淡路大震災の経験と教訓から被災した学校を教職員が支援する震災・学校支援チーム(EARTH)と、EARTHについて書かれているハンドブックの活用についての講演及び熊本自身の避難所運営についての経験と心のケアについての講演を行いました。


   平成29年度第1回阪神・丹波地区幼稚園等新規採用教員研修会
(6/21)
   
 
 6月21日、伊丹市立おぎの幼稚園において、平成29年度第1回阪神・丹波地区幼稚園等新規採用教員研修会を実施しました。この研修は幼稚園等の新規採用教員に対して、教員の使命、服務などの基本的な心構えについて学び、教育課程の編成や実施、幼児の学びなどに係わる研修を通して、教員としての専門性や使命感を高めることを趣旨としています。
 阪神、丹波地区の市町立及び県立の新規採用教員14名が参加しました。
 当日は初めに保育参観を行った後、全体会場に移り開会行事、新規採用教員の自己紹介及び意見交換のあと、指導助言者による指導助言を行い、最後に各所属園の状況などを情報交換しました。


 トップページへ