教員免許更新制


 教育職員免許法の改正に伴い、平成21年4月から教員免許更新制度が実施され、教員免許状

を更新することが必要になりました。

ついては各自が所持する教員免許状を確認して、修了確認期限又は有効期間満了日の2か月

前までに、大学等で実施する更新講習を30時間以上受講し、都道府県教育委員会へ修了確認申

請又は有効期間更新申請の手続が必要になります。現職教員の場合は教員免許状更新講習の

受講免除や延期等ができる場合があります。詳細は後記のホームページをご確認ください。
  ・教員免許状更新制の概要について、文部科学省ホームページを参照願います。
  
・免許更新申請等の手続きについて、
県教職員課ホームページを参照願います。

 

以下、教員免許状更新講習にかかる情報を提供します。

 

大学等が発行した「講習履修(修了)証明書」を所持しているだけでは、教員免

許の更新はできていません!更新するには都道府県教育委員会に有効期間を

更新する申請が必要です!

 

  教員免許状の更新は、所定の期間内に、大学等で免許状更新講習を受講し、その大学等が

発行する「講習履修(修了)証明書」を添付して、免許管理者である都道府県教育委員会(教員に

あっては勤務校のある都道府県教育委員会、教員以外の者にあっては住所地の都道府県教育

委員会)に「更新講習修了確認」の申請をする必要があります。

  申請を受け付けると、都道府県教育委員会は確認を行い、「更新講習修了確認証明書」を発行

します。これにより、次の修了確認期限(証明書に記載の年月日)まで、お持ちのすべての教員

免許状が有効となります。

 「更新講習修了確認証明書」は再発行できません。必ずお持ちの教員免許状と一緒に大切に保

管してください。


教員免許状更新講習開設情報(文部科学省の認定状況に基づき毎月更新)

 
県内の更新講習(全国の通信教育・放送・インターネット等を含む)一覧

 

  平成29年度分(平成291016日現在)

@   必修領域6時間以上受講が必要な講習)

A 選択必修領域6時間以上受講が必要な講習)
B 選択領域18時間以上受講が必要な講習)
 

 

(注)平成2841日より前に、改正前の必修領域(12時間)を履修し、その認定を受けた場合、

新たに選択必修領域を履修する必要はありません。

〈※栄養教諭免許状所持者は、「対象職種」が栄養教諭である更新講習の開設が少ないため、

早めの受講をお勧めします。〉

 

 ※ 申込方法や申込状況等、詳細は、大学等の開設者に確認してください。

 ●全国の更新講習一覧(文部科学省ホームページ参照)
 

  注意事項

1 更新講習の早期受講について

   修了確認期限を延期又は有効期間満了日を延長した者にあっては、延期後の修了確認

期限又は延長後の有効期間満了日の22か月前から2か月前までに()平成303

31日を修了確認期限とする現職教員等(教諭、養護教諭、講師等で、生年月日が昭和57

42日〜昭和5841日、昭和4742日〜昭和4841日及び昭和37

42日〜昭和3841日の者又は平成30331日を有効期間満了日とする

者にあっては、平成30131日までに、30時間以上の更新講習を受講し、かつ

修了確認又は有効期間更新の申請をしなかった場合、教員免許状が失効し、教員の職を

失うことになりますので、早期に更新講習を受講し、余裕を持って早めに修了確認又は有効

期間更新の申請をしてください。

なお、免許更新処理は、約2ヶ月かかります。

 

() 延期又は延長前に更新講習を履修していた場合、延期又は延長の期間によっては、

履修済の講習時間が無効となる場合がありますので、注意してください。

   

2 更新講習の受講申込みについて

   大学等に必要以上の講習を申し込むと、受講を必要としている他の教員が受講できなくなる

おそれがあるため、必要とする講習の受講決定後は、申し込まないでください。

  なお、都合により受講をキャンセルする場合は、申し込みをした大学等へ速やかに連絡し

てください。キャンセル料がかかる場合があります。

 

3 栄養教諭免許状を持っている方(栄養教諭のでない方も含む)の修了確認期限・

有効期間満了日について

栄養教諭免許状を持っている方(栄養教諭のでない方も含む)の免許の更新期限は、

許状の授与を受けた時期により異なりますので、注意してください。

文部科学省ホームページ参照)

 

お問い合わせ先

兵庫県教育委員会事務局教職員課 制度・免許担当
 電話番号:078-341-7711(代表)(内線5667


 教職員課のトップへ戻る

 

 地方機関

 教育機関

 県立学校

 

 県教育委員会のトップへ戻る


All Rights Reserved, Copyright (C) 1997, Hyogo Prefectural Board of Education