TOP > 校歌と校章・沿革
校歌と校章・沿革(こうか と こうしょう・えんかく)
■校 歌
作詞:福島守、村越太津美   作曲:和田正
1.朝日あさひかがやく   こやのいけ
白鳥しらとりめざめ   がり
希望きぼうみちへ  まねいてる
きょうの一日ひとひを   たいせつに
あかるく   くじけず   元気げんきよく
われらの学舎まなびや   こやのさと
2.大空おおぞらはるか   六甲むこみね
緑豊みどりゆたかに   かがやいて
ひかりなかに   みちひらく
きょうの一日ひとひを   たいせつに
たのしく   なかよく   たす
われらの学舎まなびや   こやのさと
校歌イメージイラスト
■校章の由来
校章イメージ
本校の校章は、昆陽池を優雅に泳ぐ白鳥をイメージしている。
児童・生徒が白鳥のように優雅に、そして校訓で表現されている
「やさしい心 元気なからだ つよい絆」の精神で
心豊かにのびやかに成長していく願いを表している。
(色調は青を基本とする)
平成20年4月1日制定
■沿革
昭和53年4月1日兵庫県教育委員会学事課参事梶原和夫校長に補せられる児童・生徒定員90名。
昭和53年4月8日開校式、入学・転入学式を行う。入学・転入学児童・生徒数80名
昭和55年4月1日兵庫県教育委員会規則第5号により高等部が設置される。定員25名
昭和55年10月29日プール新設工事完成
昭和56年3月26日体育館新築工事完成
昭和56年9月27日校歌の作詞及び作曲
昭和58年3月15日高等部第1回卒業式を行う。(卒業生17名)
昭和58年3月15日C棟増築工事完成
昭和62年3月31日H棟(実習棟)完成
平成7年1月17日阪神・淡路大震災
平成10年11月1日創立20周年記念式典
平成11年4月1日高等部1年定員42名 複数教頭となる。
平成14年3月19日I棟(特別教室)完成
平成19年4月1日「こやの里特別支援学校」となる。
平成20年4月1日校章改定