寄宿舎

←戻る  トップ  >  学校生活 > 寄宿舎


入舎について
1.入舎資格・期間
(1)本校に在籍する生徒で「寄宿舎の設置目的」を充たし、校長がその必要性を認めた者。
(2)基本的生活習慣が確立しており、規律を守り、集団生活に円滑に適応できる者。
(3)その他の理由で特に校長が入舎の必要性を認めた者。
(4)入舎期間は1年間とする。ただし、年度毎に更新できるものとする。
2.入舎手続き
(1)本校生徒及び入学対象者で入舎を希望する場合、保護者は校長に「寄宿舎入舎申込書(願)」を提出する。
(2)入舎決定は選考を経て、校長が決定する。
(3)入舎選考の結果、入舎許可を受けた生徒は「宣誓書・誓約書」を決められた期日までに提出するものとする。
3.入舎にあたって準備するもの
(1)健康保険証(遠隔地保険証)※個人カードの保険証はそのままでよい。
(2)療育手帳

(3)郵便局キャッシュカード・テレフォンカード
(4)衣類一式(制服・普段着・下着類・体操服・作業着・靴下等)
(5)洗面用具(歯ブラシ・歯磨き粉・うがい用コップ・飲料用コップ・タオル・バスタオル・ブラシ・髭剃り等)
(6)上履き・下履き(上履きは寄宿舎指定)
(7)学習用品(筆記用具等)
(8)生活用品(めざまし時計・腕時計・ふた付きバケツ・洗濯ネット・洗濯物干しハンガー等)
(9)緊急用品(常備薬・懐中電灯・乾電池等)

※持ち物には名前を記入し、自分で管理する。
※保険証・療育手帳・キャッシュカード・財布などの貴重品は舎監室に預ける。
4.次にあげられるものは持ち込みを禁止する
(1)電源を熱源とするもの・・・電気ポット・電気毛布・アイロン等
(2)大きなもの・・・大型本箱・大型整理ダンス・大型整理棚・自転車等
(3)危険物・・・刃物・火気やガスを使用する器具等
(4)高額なもの・・・ノートパソコン・ポータブルDVDプレーヤー等
(5)寄宿舎備えつけの共同物品・・・ドライヤー・物干し竿・洗い桶・テレビ・遊具等
(6)寄宿舎で購入するもの・・・石鹸・シャンプー・洗剤・トイレットペーパー等
(7)その他・・・大型ステレオ・ペット等の共同生活に支障をきたすもの


※携帯電話は学校に届け出て許可を受けた者のみとし、貴重品と同様に舎監室に預ける。
5.自己管理スペース(ベット上段棚開き戸棚)について
舎生の使用するベット上段棚には2か所の片開き戸棚がある。希望すれば、そのうち1か所に鍵を使わないダイヤル錠(数字などのダイヤルを合わせて開閉する錠)を持参して使用することができる。ダイヤル錠の使用にあたっては、その錠とともに所定の使用届をそえて申し出ること。(使用届は舎監室に用意)なお、やむを得ず特に大切な物品を舎に持ち込む場合は、現金等と同様に貴重品とて舎監室に預けることができる。
6.退舎について
(1)原則的には年度途中の退舎は認めない。退舎する場合には、保護者は「寄宿舎退舎申込書(願)」を学校長に提出する。
(2)次の各事項に該当する事情が生じた場合は、退舎等適切な措置を行う。
@疾病等により集団生活が著しく困難であると認められる場合。
A非行問題を起こしたり、集団生活が著しく困難であると認められる場合。
Bその他、家庭事情等に変更があった場合。
7.帰省・帰舎について
(1)寄宿舎の開舎日は、原則として授業のある月曜日から金曜日までとする。
(2)帰舎(登校)日は、原則として月曜日(もしくは祝日等の休業日の翌日)とする。ただし、遠隔地で交通事情等の都合により月曜日(もしくは祝日等の休業日の翌日)の朝に家を出発しても1校時の授業に間に合わない場合、事前に許可を受けた者については、日曜日および休業日の16時以降18時までに帰舎する。
(3)帰省(下校)日は、金曜日の授業終了後とする。祝日等の場合は、前日の授業終了後とする。ただし、遠隔地で交通事情等の都合により、帰省が困難な生徒については事前に協議して下校時刻を決定する。
(4)土曜日、日曜日、祝日等の学校休業日は、原則として家庭で過ごし、閉舎する。
(5)夏季休業日・冬季休業日・春季休業日についても閉舎する。
(6)帰舎・帰省は、保護者の責任下において行い、自力通学を原則とする。
(7)平日に通院・忌引き、その他特別な事由により帰省する場合は、「特別帰省願」に必要事項を記入の上、舎監長または寄宿舎職員に提出すること。
8.病気・事故等発生について
(1)病気・怪我・事故等発生時は、保護者に連絡し、協議し対応する。
(2)病気・怪我・事故等発生に伴う治療費・交通費等は個人負担とする。なお、付き添う者の交通費も当人の負担とする。怪我等をさせた場合は、加害者責任として、治療費・交通費等を負担する。
(3)通院の付き添いは、緊急の場合、寄宿舎教員があたるが、原則として保護者の責任において行う。
(4)いずれの病院であっても、初診時は保護者同伴で通院することを原則とし、医師の説明を保護者により適切に報告説明してもらうこと。
(5)医師の診断による自宅療養・治療等の必要がある場合は、帰省する。
(6)医師の診断により、重体や入院の必要が生じた場合は、保護者の来舎を待って、緊急病院か自宅付近の病院への転院かを協議し、対応にあたる。
(7)伝染病に感染し、出席停止になった場合は、自宅付近の医療機関で治療を行う。
(8)集団生活を混乱させたり、暴力・非行等の事故で特別指導委員会等で討議の結果、学校長から自宅謹慎を命ぜられた場合は、保護者の監督のもと、帰省・自宅謹慎を行う。
(9)寄宿舎の施設・設備品等を故意に傷をつけたり壊したりした時は、実費弁償をする。
9.外出について
外出する場合は、その都度本人が外出届に必要事項を記入し、舎監長または寄宿舎教員に提出し、許可を得ること。帰舎時には報告をすること。


Page先頭へ


兵庫県立高等特別支援学校 〒669-1515 兵庫県三田市大原梅の木1546-6
Tel:079-563-0689 Fax:079-563-5632