平成19年度高校生地域貢献事業 〜トライやる・ワーク〜 発表会の開催


 
1 開催日時・会場
  平成20年2月2日(土)12:00〜17:00 姫路市文化センター小ホール

2 実施要項はこちら

3 発表内容等の紹介
  ○発表校
     県立伊丹高等学校   「ボランティア伊丹〜吹奏楽部における取り組み〜」
     県立村岡高等学校   「地域を愛し、地域に愛される学校づくり」
     県立播磨農業高等学校 「田園空間ネットワーク! 田んぼの学校」
     県立姫路工業高等学校 「ものづくり・ボランティア活動を通した地域との交流」
     県立篠山鳳鳴高等学校 「地域とともに15年 インターアクト部」
     県立洲本実業高等学校 「地域の力になりたい 〜洲本実業の取り組み〜」
     県立長田商業高等学校 「夏越ゆかた祭と新湊川再生〜ボランティア部の取り組み〜」
     県立須磨東高等学校  「地域の親子とサイエンスを楽しむ 須磨東ワンダーランド」

  ○アトラクション
     県立播磨農業高等学校 「播州歌舞伎」
     県立姫路西高等学校  「バトントワリング」

  ○運 営
     県立姫路西高等学校、県立姫路工業高等学校の生徒が司会や受付など会場運営をしました。

  ○新聞発行
     県立明石城西高等学校新聞部の生徒が取材し、全県立高等学校に向けて新聞を発行しました。
     新聞はこちら

     表彰式




*****************************************



■ 県立伊丹高等学校「ボランティア伊丹〜吹奏楽部における取り組み〜」

 吹奏楽部、ボランティア部、生徒会などが中心となって、「ボランティア伊丹」を実施しています。
吹奏楽部は、地域のホールや老人介護施設を借りて地域の高齢者を招待してのコンサート開催などを
行っています。各パートがきれいに揃った躍動感のあるパフォーマンスを見せ、参加者を魅了してくれました。




内容一覧


■ 県立村岡高等学校 「地域を愛し、地域に愛される学校づくり」

 地域から愛され、信頼される学校づくりを目指して、「村高除雪隊」、「ボランタリー村高」、
「合同芸術祭」、「夏休み親子ボランティア」などさまざまな地域貢献活動を実施しています。
特に、村岡は兵庫県でも最も降雪量が多い地域だが、高齢化等で除雪が困難な家も増えており、
運動部員などで結成した「村高除雪隊」が活躍しています。




内容一覧


■ 県立播磨農業高等学校 「田園空間ネットワーク! 田んぼの学校」

 農業高校の特色を活かした「田園空間ネットワーク! 田んぼの学校」など多彩な活動を実施しています。
有機認証水田での稲作や、畑作等の栽培を通して、地域の人々に対しての農への理解と啓発を行うとともに、
校内に生息するカスミサンショウウオ、ベッコウトンボ、ミズトラノオ等のレッドデータ動植物の保全活動を実施し、
地域の環境保全を推進していることについての発表がありました。




内容一覧


■ 県立姫路工業高等学校 「ものづくり・ボランティア活動を通した地域との交流」

 ものづくりを通して地域に貢献する活動をしています。「ポン菓子」、「わた菓子」、「おもしろ科学教室」、
「おもちゃ病院」、「ふれあい学習」などを行い、児童センター・小中学校・幼稚園等と交流しています。
幼稚園の壁画制作、描画制作の補助なども行っています。舞台上ではポン菓子の実演があり、
会場に爆音が響き渡り、甘い香りが漂いました。




内容一覧


■ 県立篠山鳳鳴高等学校 「地域とともに15年 インターアクト部」

 インターアクト部は、自分たちで栽培した無農薬野菜をもって淡路島モンキーセンターを訪問し、
環境問題について考える活動を実践したり、特別養護老人ホームを訪問し支援活動を行ったり、
タイなど海外の子どもたちに日本語を教えたりしています。創部以来15年、このような地域での活動を通して、
地域との交流を深めていることについての発表がありました。




内容一覧


■ 県立洲本実業高等学校 「地域の力になりたい 〜洲本実業の取り組み〜」

 市内の小学校に出向いてロボットの工作教室を行ったり、高齢者が参加するパソコン教室を開催したり、
淡路島の民話を電子紙芝居にして、郷土淡路島のよさを伝えるなど、各学科の特色を活かした多彩な取組をしています。
高齢者へのパソコン教室では、専門用語をわかりやすく表現し説明する工夫をしたなど、
活動を通して学んだことなどの発表がありました。




内容一覧


■ 県立長田商業高等学校 「夏越ゆかた祭と新湊川再生〜ボランティア部の取り組み〜」

 地域の夏祭り「夏越ゆかた祭」へ参加したり、新湊川の再生に取り組んでいます。夏越ゆかた祭では
ちょうちん山笠を7基作り、祭の当日はスタッフとしてグッズの販売や盆踊りのリーダーを担当しました。
新湊川ではコンクリート張りの人工河川に魚を呼び戻すために堰や魚巣作りに、専門家や地域の人々の
協力を得ながら取り組んでいます。取組のようすが大変よく伝わる発表でした。




内容一覧


■ 県立須磨東高等学校  「地域の親子とサイエンスを楽しむ 須磨東ワンダーランド」

 子どもたちにサイエンスのおもしろさを伝える「須磨東ワンダーランド」を実施しています。
内容は、大気圧を体感する実験「ドラム缶つぶし」、液体窒素を使った様々な実験「-196℃の世界」などです。
また、近くの小学校へ出向き水泳や卓球などを教える活動も行っています。
今回の発表では、液体窒素を使い、花やバナナを凍らせる実験が行われました。




内容一覧




■ アトラクション  ************************************



■ 県立播磨農業高等学校 「播州歌舞伎」

 播磨農業高校郷土伝統文化継承クラブによる「寿式三番叟(ことぶきしきさんばそう)」の演技




内容一覧


■ 県立姫路西高等学校  「バトントワリング」

 姫路西高校バトントワリング部の演技




内容一覧




■ 表彰式  ************************************

 「高校生らしさのある企画力に優れた取組であるか」、「その取組をわかりやすく、表現力豊かに発表できたか」を中心に審査しました。
最優秀賞に県立長田商業高等学校、優秀賞に県立姫路工業高等学校と県立洲本実業高等学校が選ばれました。
発表した8校はそれぞれ各校の特色を活かした素晴らしい発表を行いました。




内容一覧




■ 発表会の運営・進行  ************************************

兵庫県教育委員会岡野教育次長の開会挨拶


会場のようす


姫路工業高等学校生徒による受付


姫路西高等学校生徒による司会・進行


姫路工業高等学校生徒による綿菓子実演


スタッフ生徒(姫路西、姫路工業)のあいさつ


兵庫県教育委員会平井高校教育課長の講評・閉会挨拶


スタッフ生徒による見送り





内容一覧




■ 発表会の新聞  ************************************

 県立明石城西高等学校新聞部が当日の発表を取材してくださいました。記事はこちら