[ 本文へ ]

兵庫県教育委員会

魅力あるひょうごの高校づくり -トピック(H30)-

 写真は、左から H29高等学校魅力・特色づくり活動発表会 姫路工業高等学校 村岡高等学校 和田山高等学校

 
 兵庫県では、学びたいことが学べる魅力ある学校づくりを進めています。ここでは高等学校の魅力・特色づくりに関して、学校独自の特色ある活動やその成果を紹介しています。


県立姫路飾西高等学校
「太市たけのこ祭り」

 
 姫路飾西高等学校の隣接地域である太市は、たけのこの産地として有名です。本校では、『高校生が考える県政150周年記念事業』の一環として、太市の地と特産物であるたけのこを幅広い年代層に知ってもらうため、PR活動を行っています。 4月21日(土)、姫路市太市の桜山公園で行われた「太市たけのこ祭り」に、本校の家庭科学部が参加しました。この日のために研究を重ねた「たけのこクッキー」は、たけのこの風味、食感を生かすため、たけのこをしっかりと炒めてクッキー生地に混ぜ込みました。当日は、多くの来場者が試食し、大変喜んでいただきました。生徒たちは、地元の方々のあたたかい言葉でさらに励まされ、「よりよいスイーツに育てたい」との思いを新たにしました。 今年の「太市たけのこ祭り」のポスターは、本校のパソコン研究部が作成しました。放送部は会場内の様子を取材し、番組制作に生かそうとしています。学校を挙げてのイベントを通して、生徒は、地域への愛着をさらに深めています。

県立有馬高等学校
「春の農業祭」

 
 
 
 4月21日(土)有馬高校人と自然科が、総合実習の授業の一環として、春の農業祭を開催し、約1,200名の地域住民の方が来場されました。春の農業祭、別名『苗祭』は、生徒が播種、鉢上げなど、2月から丹精を込めて栽培・管理してきた花苗・野菜苗約40種、20,000株を一斉に販売する一大イベントです。 当日は、人と自然科2・3年生77名が、接客・販売・運搬担当として参加しました。生徒達は、販売開始に向け緊張が走る中、各自持ち場に移動し、担当の先生方を囲み、最後の打ち合わせをします。早い方は朝7時前から並んでおられ、販売開始直前にはすでに200人近い地域の方々が行列を作りました。9時の時報とともに販売。生徒は品種特性や栽培方法など、お客様からの質問に丁寧に答え、数や値段を間違えないように、協力し合い、笑顔を忘れず、慎重に会計を行いました。そしてお買い上げいただいたたくさんの苗は、生徒が一輪車を使って駐車場まで運びます。運搬中のお客様と生徒との会話も、この農業祭の人気の一つです。この日の天気は快晴で、気温も30度近くまで上昇しましたが、生徒は最後まで実習をやり遂げました。 「一生懸命品種や栽培方法について勉強してきたことが役立ち、スムーズに接客ができてとても良かった。」(3年生)、「3年生の先輩が笑顔でお客様の対応している姿がかっこよかった。自分も来年先輩のように接客できるよう頑張って勉強したい。」(2年生)など、生徒も大きな達成感を得ることができました。

県立相生高等学校
「ペーロン競漕」

 
 4月13日(金)、相生湾で2年生が「ペーロン競漕」を行いました。相生と言えば「ペーロン」です。本校では相生市と連携した教育活動を展開しており、ペーロン競漕を校外での体験活動の一つに位置づけています。市の担当者による「ペーロン歴史文化」の講義の後、実際に乗船して漕ぎ方の講習を受け、クラス対抗の競漕を行いました。「ドン!デン!ジャン!」と、中国特有のドラと太鼓の音に合わせて力漕する生徒の姿は、まさに龍が水面を駆けるようで壮観そのものでした。この行事を通して、新クラスの団結と親睦を深め、相生市の伝統文化に触れることにより、郷土愛や日本人としてのアイデンティティの醸成を図ることができました。来る5月26日(土)・27日(日)に開催される「2018相生ペーロン祭」には本校生がボランティアとして参加し、祭りを盛り上げます。

県立神戸商業高等学校
「貿易人 KOBE」プロジェクト

 
  神戸商業高校では、SPH「貿易人KOBE」プロジェクトの一環として、新コース「グローバルビジネス系」を設置し、平成29年度には、学校設定科目「貿易実務」と「グローバルビジネス」を中心に、2年生の生徒13名が学習しました。「貿易実務」では貿易に関する知識・技能の学習を行い、「グローバルビジネス」では貿易英語を中心に、調べ学習や協働学習を行いました。また、外部講師による出前授業や輸出入現場での校外学習は、生徒が能動的に貿易と触れ合う機会となりました。4月当初、生徒達は初めて学習する貿易に関する内容に不安を持っていましたが、普段の学校生活ではできない様々な体験により自信を深め、貿易を学習していることに、誇りと満足感を得るとともに、さらに学習意欲を高めています。また、昨年12月には13名の生徒が「貿易実務検定C級」に挑戦し、全国初の高校生合格者を1名輩出することができました。3月には同検定2度目の受験で、さらに4名が合格しました。

【平成29年度グローバルビジネス系の主な取り組み】
4月:学校設定科目「貿易実務」「グローバルビジネス」開始
7月:貿易関連企業でのインターンシップ
8月:インターンシップ、ジョブシャドウ、シンガポールスタディーツアー
9月:文化祭での輸入商品販売
10月:修学旅行クラス研修での台北港見学
12月:貿易実務検定C級受験、生鮮食品輸入会社での校外学習
1月:ベトナム領事の方々との交流
2月:第2年次SPH調査・研究発表会
3月:貿易実務検定C級受験


[ このページのトップへ戻る ]

兵庫県教育委員会事務局  〔 ホーム
兵庫県神戸市中央区下山手通5-10-1 (3号館)  電話 078-341-7711(代表)
Copyright © 1997 Hyogo Prefectural Board of Education