神戸工業高等学校ホームページ


       第2学期始業式(R1.9.2)校長挨拶

 皆さん、こんばんは。

一学期から続くコロナ禍の状況に加えて気温も高いために熱中症の危険もありますので、二学期の始業式もこのような放送での実施としました。

さて、例年より短い夏休みとなりましたが、体温に近い気温の猛暑のなか、体調を崩さず健康に過ごせたでしょうか。熱中症に気をつけつつ、感染症対策のマスクをしなければならないという、不自由さを感じながら二学期が今日から始まりました。

一学期の終業式でも話しました、「正確な情報を見極めてください」ということは実行できたでしょうか。ワクチン開発などの感染拡大防止の対策や新規感染者数が減っているのに、重傷者数が増加している等の情報が日々更新されています。情報源を確認しながら、よく考えて自分の身を守る行動をしてください。

ニュースでは、偏った正義感や不信から来る不安感をもとに、他人を攻撃する人のことが報道されていました。感染症は不安かも知れませんが、だからと言って他人を攻撃する権利はありません。感染症は気をつけていても感染することもあります。感染した人が悪い訳ではありません。感染した人を誹謗中傷するなど、心ないことはすることは、人としてやめましょう。

また、これから季節が進み涼しくなると、新型コロナウイルス感染症はさらに広がりやすくなると言われています。インフルエンザの流行も懸念されます。二学期はこれまで以上に感染防止に努めていかねばなりません。それに備えて、二学期以降学校行事等に、変更又は中止という判断がされることが多くなると予想されます。できるだけ、授業や実習、学校行事を実施していこうと考えていますので、皆さんも感染防止対策を徹底するなど協力をお願いします。

明日から短縮授業となりますので、コロナウイルスに感染しないよう気をつけながら、生活のリズムを通常モードに戻して有意義な学校生活にしていきましょう。