トップページ > 学部紹介

学部紹介

小学部

小学部

現在小学部は、1年生5名、2年生3名、3年生1名、4年生2名、5年生7名(うち在宅2名)、6年生5名の23名が在籍しています。いつも元気いっぱい、勉強に遊びに全力投球しています!

目標および重点

ア 身のまわりのことに関心を持たせ、日常生活に必要な基本的生活習慣を養う。
イ いろいろな運動を通して、身体の動きを高め、体力の向上を図る。
ウ 一人一人の障害と発達に応じた学習内容を設定し、意欲的に取り組む態度を養う。

小学部
平成26年度の行事報告
1学期 2学期 3学期
交通安全学習 造形の会 雪遊び
社会見学旅行 秋の遠足 買い物体験学習
中町南小学校との交流 中町北小学校との交流 卒業生を祝う会
なかよしキャンプ
デイキャンプ
修学旅行
                                    

中学部

中学部

平成26年度の本校中学部は、1年生10名、2年生15名、3年生5名の計30名の5クラスでスタートしました。授業の形態は、浅香山グループと思い出川グループの2つに分かれてする授業と、クラスでする授業があります。毎日6時間の授業を行っています。

目標および重点

ア 基本的な生活習慣の向上を図り、社会生活に必要な基礎的な能力を養う。
イ 一人一人の可能性を伸ばし、健やかな体と豊かな心を養う。
ウ 基礎学力の充実を図り、意欲的に取り組む態度を養う。

中学部

高等部

高等部

平成26年度は、1年生が18名入学しました。2年生が26名、3年生が24名で、合計68名の学部となり、日々の学習や行事を運営していきます。 過渡期で、何かとご迷惑をおかけするかも知れませんが、子どもたちがより充実した学校生活が送れるように 試行錯誤取り組んでまいります。

目標および重点

○将来への見通しを確かなものにし、社会の一員として主体的に生活する力を育む。
1 自らの身体や病気、障害について学び、健康や体力の保持、増進に努める態度を養う。
2 社会生活に必要とされる基本的な知識や技能の向上を図る。
3 コミュニケーションの力を育て、豊かな人間関係を築く態度を養う。
4 学習や経験を通して、興味・関心を広げ、豊かな心情を育む。

1年 ○高等部の生活に慣れ、積極的に学習に取り組む態度を育てる。

2年 ○充実した高校生活を送り、社会生活に必要な知識・技能・意欲を高める。

3年 ○卒業後の生活を思いえがきながら、自ら考え行動していく力を育てる。

高等部1年                                高等部2年 高等部3年
高等部全体行事
1学期 2学期 3学期
新入生歓迎会 校内・現場実習 体験学習
校内・現場実習
先輩に学ぶ会
学年行事
1年生 2年生 3年生
校外学習 プランター交流 プランター交流
播農高ぶどう狩り 野外活動 播農高ぶどう狩り
多可高校との交流 西脇工業高校との交流 修学旅行
プランター交流 西脇工業高校との交流
プランター交流
身だしなみ講座
お別れ会

のぎく訪問学級

のぎく訪問学級 のぎく訪問学級

のぎく訪問学級は、本校から3km離れた医療福祉センターのぎくの施設内にあります。
平成26年度は、小学部1名、中学部2名、高等部4名の計7名が在籍しています。

目標および重点

・ともに生きていく力を育てる。
・外界をとらえ、自分から働きかける力を育てる。
・人との共感関係を高め、人と交流する力を育てる。

平成26年度の行事予定と報告
1学期 2学期 3学期
始業式 始業式 始業式
春の遠足 買い物学習 参観日
余暇村ハイキング 修学旅行 卒業を祝う会
参観日 余暇村ハイキング 卒業式
スクーリング ふれあいまつり 卒業式
終業式 学習発表会
クリスマス会
終業式

きずな訪問学級

きずな訪問学級 きずな訪問学級

加西市にある「きずな訪問学級」は、 小学部23名 中学部4名 高等部5名の計32名で毎日楽しく個別学習・グループ学習に励んでいます。

目標および重点

ア ともに生きていく力を育てる。
イ 外界をとらえ、自分から働きかける力を育てる。
ウ 人との共感関係を高め、人と交流する力を育てる。

平成26年度の行事予定と報告
1学期 2学期 3学期
始業式 始業式 始業式
4,5月誕生会 誕生会 お正月行事
6月誕生会 グループ学習 授業参観日・懇談会
芋の苗植え 音楽療法 音楽療法
グループ学習 芋掘り大会 誕生会
授業参観日・懇談会 授業参観日・懇談会 卒業を祝う会
音楽療法 焼き芋大会 卒業証書授与式
スクーリング
スクーリング
学習発表会 修了式
音楽療法 修学旅行
七夕まつり クリスマス会
誕生会 作る触れる学習
終業式 終業式
夏休み登校日

在宅訪問学級

目標および重点

①生きていく力を育てる。
②外界をとらえ、自分から働きかける力を育てる。
③人との共感関係を高め、人と交流する力を育てる。

在籍児童・生徒
高等部1年 男子1名
小学部5年 女子2名
各学部の学習の様子
在宅訪問 小学部
在宅訪問 高等部