「兵庫教育」2012年6月号内容
2012年6月号

特集理数教育の充実

学校訪問

ふるさと「御津」に誇りをもち,

 夢や希望に向けて挑戦する「御津っ子」

たつの市立御津小学校

二年目の芽

 自然体の自分で

丹波市立芦田小学校

教諭

沼 田 梨 絵

論文

科学的な知識・技能の活用を図る学習活動

 〜教科を超えて学校全体での取組を〜

東京理科大学大学院

科学教育研究科教授

小 川 正 賢

教育実践

三角形を仲間分けし,その根拠を説明し合う授業

豊岡市立新田小学校

教諭

川 島 秀 博

一人一人が見通しを持った学習を行うために

 〜一人実験の実践と論理的思考の育成〜

宍粟市立繁盛小学校

教諭

高 畑 友 徳

地学的な事物・現象に関する学習指導の取組

 〜小学校出前授業を通して〜

西宮市立鳴尾南中学校

主幹教諭

久 保 和 弘

新しい理数教育のモデル

 〜「探究活動」と「SSH」を通して〜

県立三田祥雲館高等学校

教諭

浅 川 規 幸

授業づくり

判断する機会と場をつくる

兵庫教育大学大学院

教授

吉 川 芳 則

レポート

第1回「科学の甲子園全国大会」の開催

 〜広げよう科学の輪 活かそう科学の英知〜

県教育委員会事務局 高校教育課

博物館と

学校の連携

 学校と共に・・・

 〜「ひとはく」の取組について〜

県立人と自然の博物館

アクティブ

生徒会

 地域に根ざした生徒会活動

県立浜坂高等学校  

教諭  

尼ヶ塚 裕 也

清盛・源平

ゆかりの地

 大 物 遺 跡

県立考古博物館

図書館へ

行こう

『ことばが劈かれるとき』 『詩のこころを読む』

宍粟市立図書館司書

小 西 美 穂

コラム

教育の接点

 成績への疑義

神戸新聞松方ホール

館長

山 崎   整