「兵庫教育」2010年3月号内
                        2010年3月号

特集:特別支援教育の推進

−子どもたちの自立と社会参加に向けて−

  特別支援教育においては、障害のある幼児児童生徒のライフサイクルを見通し、持てる力を高め、社会の一員として可能な限り主体的に生活を営むことができる力を育成することが求められています。
  そのためには、子どもたちの生活や学習上の困難の改善または克服に向けて、一人一人の教育的ニーズを把握し、きめ細かく適切な教育的支援を行うことが必要です。
 今月号では、研究者の論文や各学校の実践を通して、子どもたちの自立と社会参加を目指した特別支援教育について考えます。
施策解説 本県の特別支援教育の取組について 県教育委員会事務局特別支援教育課
わたしの
教育実践1
一人ひとりの『学びやすさ』『生きやすさ』を支援する −特別でない特別支援教育をめざして− 神戸市立西脇小学校教諭・学校生活支援教員 森   章 子
わたしの
教育実践2
特別支援教育を核とした学校力の向上 猪名川町立中谷中学校教諭 辻   真佐美
わたしの
教育実践3

 「困った」生徒から「困っている」生徒へ
−「高等学校における発達障害支援モデル事業」に取り組んで−

県立姫路別所高等学校主幹教諭 赤 藤 千 鶴
わたしの
教育実践4
卒業後の安定した生活を目指して 県立氷上特別支援学校主幹教諭

萩 野 敏 伸

論文

自立と社会参加を目指した特別支援教育の充実のために

文部科学省初等中等教育局特別支援教育課特別支援教育調査官 石 塚 謙 二
県立特別支援教育センターより

  通常学級における特別支援教育

県立特別支援教育センター

県立特別支援教育センターをご利用ください
土と芽1 「ふうせんバレーボール」に学ぶ
−その楽しさ,仲間との交流を通じて−
県立豊岡総合高等学校教諭 小 林 一 英
土と芽2

山と出会い,人と出会う

県立加古川西高等学校教諭 上 根 大 輔
わたしの
授業1
学びをわかりやすく伝えよう!
−栄養教諭とTTで取り組んだ「大豆の力をさぐろう」の実践−
三田市立志手原小学校主幹教諭 今 西 敏 美
三田市立志手原小学校栄養教諭 圓 谷 昌 子
わたしの
授業2
コミュニケーション能力の育成を目指した理科授業 明石市立魚住東中学校教諭 森 本 理 裕
わたしの
授業3
プログラミングは楽しい 県立姫路商業高等学校教諭 鬼 頭 妙 子
 わたしの 学校経営 肢体不自由教育の核となる伊丹特別支援学校を目指して 伊丹市立伊丹特別支援学校長 橋 詰 和 也
なやみ相談の窓 野田先生の「なやみ相談の窓」 兵庫県スクールカウンセラー 野 田 暢 子
特別支援教育の視点

発達障害のある青年・成人とのかかわりから考えたこと

兵庫教育大学大学院准教授 井 澤 信 三
学校におけるコーチング123 コーチングを意識した会議運営 有限会社Office Creation代表取締役 國 弘 隆 子
学級づくりABC 〜ちょっとしたワザワザが人の心を動かす〜
研究授業をワザワザすることの意義
若手教師パワーアップセミナー「元気が一番」塾主宰 仲 島 正 教
家庭から地域から ボランティアに支えられて
−子どもたちを理解してもらうために−
県立神戸特別支援学校PTA会長 武 内 裕 子
職場で役立つ法規と施策 教育職員免許法認定講習について 県教育委員会事務局
教職員課 制度・免許係