009年5月号

 

                        2009年5月号

特集:環境の世紀を考える

−環境教育の一層の推進−

  21世紀に生きる子どもたちに環境や自然と人間とのかかわり、環境問題と生活様式とのかかわりなどについて理解を深めさせ、環境の保全やよりよい環境の創造のために主体的に行動する実践的な態度や資質、能力を育成することが求められています。

 本県においても、幼稚園・保育所用実践事例集や小・中・高等学校用の環境教育副読本を活用するなど、効果的な指導方法の工夫・改善を行い、実践的指導力の向上を図るとともに、「ひょうごっこグリーンガーデン事業」「環境体験事業」「自然学校」など、学習と実践を一体化させた環境教育を推進しています。

 今月号では、体験的な活動を取り入れた環境教育の一層の推進について論文・実践報告を通して考えていきます。  

    
施策解説 命を大切にする心をはぐくむ 環境体験事業

県教育委員会事務局義務教育課

わたしの教育実践1 幼児の環境教育
−園庭を十分に生かすことを通して−
伊丹市立天神川幼稚園長 和 田 法 子
わたしの教育実践2 地域の特性と人材を生かした環境教育
−「海は生きている」海に親しみ,いのちの大切さを実感する−
赤穂市立御崎小学校主幹教諭 谷 本 まゆ美
わたしの教育実践3 生徒と学校をともに生かす環境教育 尼崎市立成良中学校教諭 中 岡 禎 雄
わたしの教育実践4

環境教育と高大連携
−インターネット講義と体験学習−

県立尼崎北高等学校教諭 鈴 木 寿 之
特集論文 環境教育の推進に向けて 兵庫県立大学教授 岡田 真美子
随想 自分の環境を知る 兵庫県立人と自然の博物館館長 岩 槻 邦 男
わたしの授業1 一人一人が自らの考えをつくりあげる読みへ
−比べ読み,発信する国語学習−
高砂市立伊保南小学校教諭 三 井 朋 樹
わたしの授業2

楽しく,分かりやすい数学の授業を目指して
−単元導入の工夫−

西宮市立学文中学校教諭 工 藤 正 弘
わたしの授業3 受験英語と魅力ある授業 県立豊岡高等学校教諭 沖   祐 介
 わたしの 学校経営 実践現場の視点から “経営への想い” 西脇市立西脇南中学校長 笹 倉 邦 好
なやみ相談の窓 野田先生の「なやみ相談の窓」 兵庫県スクールカウンセラー 野 田 暢 子
はばたけ兵庫の部活動 クラブ活動で学ぶこと
−CLEVER HANDBALLをモットーに−
県立高砂南高等学校教諭

新 井 友 彦

土と芽 音楽に魅せられて 前加古川市立野口小学校教頭 日 浦 明 彦
幼児教育は今 地域における幼児期教育のセンターとしての自覚を持ち開かれた園づくりを進める 丹波市立大路幼稚園主任教諭 永 井 美 幸
特別支援教育の視点 新しい環境への移行支援 兵庫教育大学大学院准教授 井 澤 信 三
学校におけるコーチング123 指導時に効果的なコミュニケーション 有限会社Office Creation 代表取締役 國 弘 隆 子
学級づくりABC(7) 〜ちょっとしたワザワザが人の心を動かす〜
始業式のワザワザでいいスタートを
若手教師パワーアップセミナー「元気が一番」塾主宰 仲 島 正 教
家庭から地域から 子どもたちに笑顔あふれる環境を
−PTAのチームワークで安心安全の環境づくり−
加西市立九会小学校PTA会長 橋 爪 浩 和
知って得する情報 本年度の研修講座について

県立教育研修所

職場で役立つ法規と施策 政治的行為の制限について

県教育委員会事務局
 教職員課人事第1係