「兵庫教育」2008年12月号内容

 

                          2008年12月号

特集:これからの教育を考える

−社会の変化に対応するために−

   21世紀は、新しい知識・情報・技術が重要性を増す、「知識基盤社会」の時代と言われています。このような変化の激しい社会を担う子どもたちに必要な力として、 新しい学習指導要領でも指摘されているとおり「生きる力」の理念はますます重要になっています。
  また、国の教育振興基本計画においても、国や社会の活力の源泉となる「知」の力をはぐくむ教育を進めるためには、 学校・家庭・地域の連携・協力を強化し、社会全体の教育力を向上させることが求められると述べられています。
  今月号では、社会の変化に対応したこれからの教育の在り方について、専門家の方々に論じていただき、私たちの認識を深めたいと思います。
特集論文 社会の変化に対応する教育 岐阜大学教授 有 村 久 春
社会の変化に対応する教育について 神戸市こども家庭センター主幹医師 長谷川 弘 子
「生きる力」の教育活動への具体化を目指して 国立教育政策研究所初等中等教育研究部長 工 藤 文 三
「生きる力」は「見えない力」 NPO法人生涯学習サポート兵庫理事長 山 崎 清 治
「学校は地域と連携を」と言うけれど NHK解説委員 早 川 信 夫
家庭、学校、地域の再考 (財)OAA(野外活動協会)専務理事 清 水 勲 夫
「習得」「活用」「探究」を支える教師の授業行動と自己調整学習力 兵庫教育大学大学院准教授 天 根 哲 治
施策解説 教科等におけるICT教材開発事業について

  県教育委員会事務局教育企画課

魅力あふれる授業づくり 発展的な問題を考えることができる子どもの育成を目指して 神戸市立中央小学校教諭 古 賀 常 員
土と芽 高校生が町をつくる、文化をつくる 県立龍野実業高等学校教諭 清 水   浄
ネット社会と子どもたち プライバシーをめぐる問題とネット社会の人権 関西大学総合情報学部教授 岡 田 朋 之
連載講座 子どもを伸ばす教育(11)
自己の授業を見つめ直す
兵庫教育大学大学院教授 吉 川 芳 則
知っておきたい「法律のはなし」 分限免職処分を受けた者の免許状の取り扱い 玉川大学通信教育部准教授 福 本 みちよ
家庭から地域から 子どもの安全と学力向上 伊丹市PTA連合会会長 滝 内 秀 昭
知って得する情報 「よりよい情報社会を築くために」
これからの情報モラル教育を考える

  情報教育研修課

職場で役立つ教育法規 教職員の服務規律の確保について

  県教育委員会事務局教職員課 考査係