2008年1月号

特集:教科指導について考える

−授業改善のための研修の在り方−

  基礎・基本の定着を図り、個性を生かす教育を充実するためは、子ども一人一人の特性等を十分理解し、それに応じた指導方法や指導体制の工夫改善を図ることが求められています。そのためには、教員が教育の専門家として、教科等に関する専門的知識・技能の習得等をめざした研修に努めるとともに、指導案作成や授業研究等を学年会や教科部会、学校全体で行うなど、学校が一体となって工夫改善を進めていくことが重要です。
  本号では、効果的な教科指導について考えるとともに、授業改善のための研修の在り方を探ります。
巻頭言  新しい年を迎えて

兵庫県教育長

吉 本 知 之
特集論文  基礎・基本と個性を育てる授業改善の考え方 神戸女子短期大学教授・副学長 長 瀬 荘 一 
 効果的な教科指導の在り方 大阪教育大学教授 田 中 博 之
 授業改善を図る校内研修の在り方 兵庫教育大学大学院教授 佐 藤   真
随想  授業改善のための研修の在り方 兵庫教育大学
教育実践コラボレーションセンター
コーディネーター
一 井 教 男
実践報告  「聴く」「話す」をメインにした英語活動の充実のために 南あわじ市立北阿万小学校教諭 山 川 直 樹
 授業改善と校内研修の充実 神戸市立池田小学校長 井 田   薫
 『聴く』『伝える』『響く』授業づくり 小野市立河合中学校教諭 阿 尾   剛
 学力向上ステップアップハイスクール事業に取り組んで 県立生野高等学校教諭 清 水 幹 雄
施策解説  理数教育推進事業〜ダ・ヴィンチ・プラン〜

  県教育委員会事務局高校教育課

えすぷり  ボーズ・ビー・アンビシャス! 姫路市・浄土宗大覚寺住職 中 西 玄 禮
連載講座   「命の大切さ」を実感させる教育プログラム(実践編)
 命を見つめ、自己の生き方を探る
県立姫路別所高等学校教諭 谷 本 章 三
 「命の大切さ」を実感させる教育プログラム(解説)
 様々な体験と出会いから学ぶ命の大切さ
兵庫教育大学大学院教授 古 川 雅 文
魅力あふれる授業づくり  授業が「ビジネス」になった! 神戸市立兵庫商業高等学校教諭 横 山 千 尋
土と芽  丹波の大地に命を探る 県立柏原高等学校非常勤講師 足 立   洌
現代社会と子どもたち  お正月は人間関係の再確認 サントリー株式会社次世代研究所 狭 間 惠三子
連載講座  はじめよう!コーチング(5)
 −スクール・コーチングの実践応用:自己診断シートを活用する−
ICF認定プロフェッショナル・コーチ
TALK開発責任者
加 藤 雅 則
知っておきたい「法律のはなし」  学校の教育活動と著作権について(7) 文化庁長官官房著作権課課長補佐 大 和   淳
連載講座  実践「心の教育」(81)
 パーソンセンタード・アプローチW
兵庫教育大学大学院准教授 松 本   剛