2007年2月号

特集:道徳教育の充実 

-内面にせまる指導の在り方-

 

児童生徒は、本物や未知のものと出会い、心を揺り動かされた時、より深く自分を見つめ、自分自身の在り方や生き方について考えます。そのためには、学校の教育活動全体を通して、児童生徒の道徳的価値及び人間としての生き方についての自覚を深める指導内容や指導方法の工夫を行うなど、道徳教育の充実を図ることが必要です。
   本号では、体験を生かした指導過程の工夫や読み物資料の効果的な活用・開発など、児童生徒の内面にせまる指導の在り方について考えます。

特集論文  道徳教育の現状と課題 香川大学教育学部教授 七 條 正 典
 体験の教育的意味と活かし方の要点 淑徳大学名誉教授
新 宮 弘 識
 道徳教育における評価の充実 文部科学省初等中等教育局教育課程課教科調査官 永 田 繁 雄
随想  内面に迫る指導の難しさ 関西学院大学教授 横 山 利 弘
 道徳は面白い 神戸市立高倉中学校長
 行 本 美千子
実践報告  「地域教材の開発」指導資料 豊岡市立港西小学校教諭

 吉 岡 美智子

 体験活動を通して生徒の内面にせまる
 道徳授業の取組
篠山市立篠山中学校教諭

吉 見 達 也

 生徒の内面にせまる道徳教育の充実 県立村岡高等学校教諭

仲 島 義 彦

連載講座  「命の大切さ」を実感させる教育プログラム(10)
 いのちの大切さ
聖路加国際病院理事長  日野原 重 明
視点  教訓は生かされたか 奈良教育大学助教授 池 島 徳 大
かるちゅあ  環境の視点から歴史を考える 神戸山手大学人文学部教授  福 原 栄太郎
魅力あふれる授業づくり  「書くこと」を意識した授業へのアプローチ 尼崎市立武庫南小学校教諭 濱 田 玲 子
尼崎市立園和小学校教諭
古 江 佳 苗
施策解説  ひょうご冒険教育
 (Hyogo Adventure Project)

  県立嬉野台生涯教育センター

子どもにかたる  続アサーション・人権の話(6) 埼玉大学教育学部教授 沢 崎 俊 之
連載講座  教職員のメンタルヘルス
 「青少年のメンタルヘルス」に関して(3)
神戸大学大学院助手
神戸大学医学部附属病院精神科神経科外来医長
山 本 泰 司
知っておきたい「法律のはなし」  消費者と法律−消費者基本法について(1) 神戸女子大学教授 藤 井 昭 子