2006年 5月号

特集:共に生きる社会を目指す 

-福祉教育の充実に向けて-


一人一人が生き生きと暮らせる福祉社会を実現するためには、福祉社会を支えていくスペシャリストを育成することだけでなく、子どもたちが、福祉を自分たちの課題として受け止め、福祉社会の一員として主体的に参画しようとする意欲や態度をはぐくむ必要があります。
 そこで、本号では、専門家等の論文、各学校の実践を通して,共に生きる社会づくりを目指す福祉教育の在り方を探ります。

特集論文  「共に生きる社会を目指して」 同志社大学社会学部教授

黒 木 保 博

 福祉教育実践の質を高めていくために 日本福祉大学社会福祉学部助教授 原 田 正 樹
教科「福祉」への想い

国立教育政策研究所教育課程研究センター   教育課程調査官

矢 幅 清 司
随想 ユニバーサル社会と福祉教育 桃山学院大学社会学部社会福祉学科教授 石 田 易 司
実践報告 福祉学習「みんながくらしやすい町に」 西宮市立高須西小学校教諭  梅 本 賀津子
協力・協働で進める福祉教育 淡路市立多賀小学校教諭 柴 峠 佳 宏
人生の先輩から学ぶ 伊丹市立南中学校教諭 吉 田 悦 子
「目指せスペシャリスト」研究事業の取組 県立新宮高等学校教諭 長 森 順 子
連載講座 「命の大切さ」を実感させる教育プログラム(2)
教育にかかわる側に問われるもの

関西学院大学社会学部社会福祉学科助教授

藤 井 美 和
施策解説 県立考古博物館(仮称)の整備について

県教育委員会事務局
考古博物館開設準備室

かるちゃあ アゲハチョウの産卵を科学すると化学が見える 京都教育大学教育学部助教授 村 上 忠 幸
えすぷり 公開講座をつくる 徳島大学・大学開放実践センター教授 吉 田 敦 也
この娘がいるから NPO法人いぬいふくし村事務局長        丹波地域小規模作業所等連絡協議会会長 山 中 信 彦
魅力あふれる授業づくり 生ゴミリサイクルプロジェクト T&U 宝塚市立安倉北小学校教諭 後 藤 勝 徳
知っておきたい「法律のはなし」 「児童虐待の防止等に関する法律」について(1) 神戸親和女子大学発達教育学部助教授 大 島   剛
連載講座 教職員のメンタルヘルス
セカンドオピニオンについて
神戸大学大学院助手  神戸大学医学部附属病院精神科神経科外来医長 山 本 泰 司
実践「心の教育」(71)              「心の教育」の原点に立ち返る(1) 武庫川女子大学大学院教授 上 地 安 昭