2006年 3月号

特集:食と健康を考える 

-食育の推進に向けて-


子どもたちを取り巻く食の環境が大きく変化するとともに、食生活の乱れが顕著になっています。生涯にわたって健康な心と身体を培っていくためには、子どものころから望ましい食習慣を身に付けていく必要があり、学校において積極的に食育を推進することが求められています。
 本号では、理論と実践の双方から、食への関心を高め、食に関する適切な知識を身に付けさせ、実践できる力を養う指導の在り方を考えます。

随  想  コウノトリの放鳥と食育の新たな視点 コウノトリ野生復帰推進連絡協議会会長
食育のあり方検討委員会会長
神戸大学名誉教授
保 田    茂
特集論文  学校における食育のすすめ方

兵庫教育大学大学院教授

増 澤 康 男
随  想  地域で取り組む「食育」について 丹波市春日町学校給食
食材生産者会代表
婦 木 克 則
 体感食育のすすめ キッズ・キッチン協会副会長
食育・料理研究家
坂 本 廣 子
施策解説  「食で育む子どもの未来」
 食育推進事業について
県教育委員会事務局体育保健課
実践報告  命と心、食を通して考えよう

篠山市立西紀小学校教諭

塚 本 一 男
 生き生きと学び合い
 命をふくらませる 食教育

宍粟市立菅野小学校教諭

山 本 驕@之
 基本的生活習慣の確立を通して
 生きる力を育てる

豊岡市立森本中学校教諭

川 端    勝
かるちゅあ  西国への旅 大阪歴史博物館長 脇 田    修
随  想  小学生のころ… NHK広島放送局アナウンサー 出 山 知 樹
えすぷり  ロボット開発者という仕事 株式会社バンダイロボット研究所長 芳 賀 義 典
魅力あふれる授業づくり  英語の授業はリズムとテンポ! 神戸市立広陵中学校教諭 松 岡 信 子
 人権感覚を育むために 県立北須磨高等学校教諭 津 田    博
土と芽  あの『栄光のU-4』14歳の
 熱き青春の灯は いまだ消えやらず!
多可町立八千代西小学校教諭 小 林 真 也
 思い出に残る授業は? 県立龍野高等学校教諭 大 林    勉
連載講座  教職員のメンタルヘルス
 成年後見制度について(1)
神戸大学大学院助手
神戸大学医学部附属病院精神科神経科外来医長
山 本 泰 司
 実践「心の教育」(70)
 スクールカウンセラーの
 仕事と役割(2)
スクールカウンセラー
関西国際大学人間学部教授
神戸精神分析研究所所員

野々村 説 子