2006年 2月号

特集:子どもを守るシステムづくり 

-学校の危機管理を考える-


学校は、子どもたちの育ちを支える重要な環境であり、何より安全で、子どもたちにとって安心感のある環境でなければなりません。
 安全・安心な学校づくりのためには、危機は必ず起こるものであるとの前提で、未然防止のための具体的な取組や発生時の対応を考え、学校だけでなく様々な人々が一体となって取り組む必要があります。
 本号では、リスクマネジメントの観点から、研究者の論文や実践等をとおして、地域ぐるみで子どもを守るシステムづくりについて考えます。

特集論文  学校における危機とは

東京大学大学院工学系研究科教授

小 出    治
 学校と地域社会との連携の必要性

帝京大学文学部助教授

佐 藤 晴 雄
 子どもの主体的な危機回避能力を
 育てるために

筑波大学大学院人間総合科学
研究科教授

田 中 統 治
随  想  子どもにとって安心・安全な環境とは 東京都文京区教育センター教職員研修専門指導員 岩 切 玲 子
解  説  学校における子どもを守る
 安全対策の推進
文部科学省スポーツ・青少年局体育官 戸 田 芳 雄
実践報告  今学校に求められるリスクマネジメント

加古川市立別府西小学校教諭

釜 江 憲 史
 平成16・17年度 姫路市における
 スクールヘルパー制度の取組

姫路市教育委員会事務局学校教育部
学校指導課体育安全係長

原    俊 一
 男性シルバーの力

浜町メンズクラブ

岡 田 龍 一
かるちゅあ  兵庫県の近代上下水道史と歴史遺産 神戸大学工学部建設学科助手 神 吉 和 夫
 pH判定シートの作製と教材への応用 兵庫教育大学大学院助教授 小和田 善 之
えすぷり  どこまでも挑戦 原始人会 池 田 孝 一
魅力あふれる授業づくり  食と心 洲本市立由良中学校教諭 竹 口 ひとみ
 こだわりの授業をつくる 県立兵庫工業高等学校教諭 加 藤 忠 好
土と芽  「夢」や「憧れ」の気持ちを大切に! 伊丹市立桜台小学校教諭 片 山    尚
連載講座  教職員のメンタルヘルス
  外傷後ストレス障害(PTSD)について
神戸大学大学院助手
神戸大学医学部附属病院精神科神経科外来医長
山 本 泰 司
 実践「心の教育」(69)
 スクールカウンセラーの仕事と役割(1)
スクールカウンセラー
関西国際大学人間学部教授
神戸精神分析研究所所員

野々村 説 子