2006年 1月号

特集:「連携」をとおして教育を考える 

-学校外の教育力の活用-


「生きる力」をはぐくむに当たっては、学校・家庭・地域社会での教育が十分に連携し、相互補完しつつ、一体となって営まれることが大切であり、学校教育の活性化や児童生徒の学習意欲の向上を図るため、地域の人材をはじめ、社会の幅広い教育機能を活用することが求められています。
 そこで、本号では、専門家等の論文や解説、さまざまな「連携」の実践等をとおして、学校外の教育力を活用した教育の在り方を考えます。

巻頭言  新しい年の初めに思う

兵庫県教育長

吉 本 知 之
特集論文  社会の変化と学校と
 地域の連携の在り方について

放送大学教授・埼玉学習センター所長

新 井 郁 男
 学校外の教育力を生かした活動と
 家庭・地域連携

北海道教育大学教授・学長特別補佐

玉 井 康 之
 特色ある学校づくりに生かす
 地域の教育力

篠山市立城北小学校長

松 本 清 一
施策解説  地域教育推進委員 県教育委員会事務局企画調整担当課長
 「いきいき学校」応援事業について 県教育委員会事務局義務教育課
実践報告  NPO等と学校教育の連携を探る
 実践研究

西宮市立山口小学校教諭

千 原 昌 樹
 地の利を生かした特色ある
 教育を目指して

播磨高原広域事務組合立
播磨高原東小学校教諭

廣 本 正 善
 学校・地域・企業・行政が
 連携して取り組む防災学習

神戸市立須佐野中学校教頭

宿 院    斉
 「ネットミュージアム兵庫文学館」を
 活用した授業

県立洲本高等学校教諭

粟 井 光 代
かるちゅあ  菓子の神と不老不死 帝塚山学院大学教授 及 川 智 早
随  想  やっと自分にたどりつけた私   井 上 堯 之
魅力あふれる授業づくり  継続学習によって、
 身近な環境を科学する単元づくり
明石市立花園小学校教諭 秋 田 大 輔
 よりよいものを追求する音楽の授業 丹波市立氷上中学校教諭 内 田 順 子
土と芽  まなざしで語る子ら 太子町立石海北幼稚園長 辻    里 子
 你好嗎、林先生 小野市立小野中学校教諭 井 上 達 也
連載講座  教職員のメンタルヘルス
  青年期の精神科治療と自殺について
神戸大学大学院助手
神戸大学医学部附属病院精神科神経科外来医長
山 本 泰 司
 実践「心の教育」(68)
 学校機能の行動的側面と
 スクールカウンセラーの役割 その2
洲本市スクールカウンセラー

杉 山 祥 子